【似たようなもん】無職とフリーター4つの違い!と正社員になる逆転策

 

  • 無職とフリーターの違いは?
  • 無職とフリーターの違いが知りたい!

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくありません。

 

やはり無職とフリーターというのは、結構似ている傾向にありますし。

フリーターは一応働いているんですが世間では無職扱いされることもありますし。

バイトは無職扱い!なんてことを言う人もいますね…。

 

この記事では無職とフリーターの違いやメリットデメリットについてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

無職とフリーターを混同してしまう方も多いが…

世間的には無職とフリーターはそれほど違いがないように語られることも多いです。

ニートやフリーターなんて一括りにされることも多いですし。

 

ですがフリーターはやはり働いていますからね。

やはり無職とは違います。

ただ世間的にはやはりフリーターとなると、ただのバイト君とか半人前扱いされますし。

フリーターなのに無職と同じ扱いを受けたりダメ人間扱いされるのは珍しくありません。

 

無職は働いてない!フリーターは働いてる!

やはり無職とフリーターの違いとしては、無職は働いていないということが挙げられます。

フリーターは一応雇われて働いている訳ですからね。

特に最近はフリーターなどの非正規雇用の方でもバイト正社員並みに働かされているケースもざらにありますし。

別にフリーターだからといって正社員より劣るとかそう言ったことはありません。

ただ損な働き方であることは確かだと思いますが…。

 

最近は企業が安く使えるフリーターなどの非正規雇用をやたらと使いたがる傾向にありますからね。

フリーターなどの非正規雇用の労働者は、全労働者の4割を突破してしまいました。

なので、フリーターでも一応働いていれば最近は割と職歴としてカウントされやすい傾向にあります。

無職ですと、本当にそのあいだ空白期間に開いてしまいますし。

面接を受ける時に「無職の間バイトもしなかったの?」と言うことは確実に言われますね。

 

世間体という意味では無職よりはまだフリーターのほうがマシ

無職とフリーターの違いとしては世間体という面もあります。

フリーターも世間体は悪いのですが一応働いていますからね。

そこで無職ですと、世間の人たちは「せめてバイトぐらいはしろよ」という風に言いたくなってきますし。

無職ですと、

  • 毎日何やってるの?
  • だらだらネットでもして過ごしてるんじゃないの?
  • この穀潰しが!働け!

こんなこと言ってくるに決まっています。

 

まあフリーターも「早く定職につけ」とかは言われますが、一応働いてますからね。

世間体は無職よりはマシですし。

毎日何して過ごしてるのなんてことは聞かれない傾向にあります。

働いてますよ!と一応言えますからね。

フリーターは、単に不利な条件で働かされているというだけです。

 

最近はフリーターも社会保険に入りやすくなった!無職は国民年金と国保のみ!

無職とフリーターの違いとしては社会保険の有無も挙げられます。

一昔前ですと、

  • フリーターは国民年金しかない!
  • 国保しかないから何かあったら詰む!
  • フリーターなんて何の保証もないんやで!
  • 老後どうするの?
  • 生活保護だけは貰うんじゃねえぞ!

こんなこと言われる傾向にありましたが…。

 

2016年10月に法律が変わって、フリーターなどの非正規雇用の労働者でも社会保険ぐらいは入りやすくなってきたんです。

概ね従業員501人以上の事業所で、フルタイムかそれに近い働き方をしていれば社会保険加入義務ができました。

これならば老後手厚い厚生年金などに入れますし。

怪我や病気で仕事を休まざるを得なくなった時も、最長1年6ヶ月は健康保険から傷病手当金が出ますからね。

これは正社員が受けられる保証と全く同じです。

フリーターの社会保障は、拡充されてきているのです。

最近は人手不足の影響で、非正規でもボーナスや退職金制度を敷いて人を集めようとする会社も増えてきましたからね…。

 

対して無職は国民年金と国民健康保険しかありませんからね。

何かあったときの保障が乏しいのです。

 

最近は人手不足でフリーターでも職歴と見てくれやすい!が無職はただの空白期間に

フリーターと無職の違いとしては職歴等を見てくれるかどうかということもあります。

無職となるとその間完全に空白期間になってしまいますからね。

フリーターも職歴として評価されるかは微妙なところですし。

フリーターは職歴にならない!なんていう暴論を吐く人もいますが、最近は全労働者の約4割がフリーターなどの非正規雇用ですからね。

一応働いているということですから、最近は割と職歴としてカウントされやすくなってきましたし。

まあ少なくともその間一応バイトで働いていました!ということであれば、企業側も安心しますからね。

 

その間無職してました!なんてなったら完全に社会不適合者ですし。

最近はフリーターにも結構求められることは多いですからね。

そこで一応フリーターであろうが働いていたということは企業が安心しますからね。

 

無職だろうがフリーターだろうが今は仕事多いので正社員を目指すべき

無職とフリーターの違いは色々とあると思いますが…。

フリーターは無職よりはマシだと思いますが…。

やはり損な働き方であることは疑いようがありません。

  • ボーナスもありませんし。
  • まだまだ社会保険に入れない会社も多いですし。
  • 退職金もない会社が多いですし。
  • いつ首を切られるか分かりませんし。

正直そんなフリーターなんて働き方はもったいないと思います。

 

無職だろうがフリーターだろうが今はかなり就職しやすくなってきていますからね。

今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますし。

無職とフリーターの違いは世間的に見たらそう変わりはないと思います。

やはり正社員になった方が世間体がいいですからね。

今のうちに正社員の仕事を探しておいた方が良いかもしれません。

⇒転職成功実績№1!良い会社探すなら【リクルートエージェント】

 

残念ながら無職もフリーターも世間的には大した違いはないので…

やはり無職とフリーターの違いが色々とあると思いますが…。

世間的に見るとあまり違いはありません。

まあフリーターの方が働いている分、空白期間になりにくく説明がしやすいという点はありますし。

社会保険も最近は入りやすくなってきましたが…。

 

女性であれば、非正規雇用でも別に変な目では見られませんが…。

特に男性でフリーターなんてやってると色々言われますね。

無職をやってると更に犯罪者予備軍扱いされる傾向にあります。

 

まぁ今は本当に仕事はたくさんありますので、今のうちに正社員になっておいた方がいいと思いますよ。

今は仕事はたくさんありますからね。

多少歳を食っている方でも今ならば割と採用されやすくなってきています。

今のうちに動いておくと良いかもしれません。

⇒転職成功実績№1!良い会社探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

無職とフリーターの違いは色々とあると思いますが…。

まあ世間的に見たらそれほど大差はないと思います。

まあフリーターの方が一応働いていて毎日働いていると、答えることができますので、無職よりはマシかもしれませんが…。

損な働き方であることは疑いようがありませんし。

 

正直今は正社員の仕事も沢山ありますので、今のうちに正社員になっておくべきだと思います。

今は有効求人倍率も高く正社員の仕事も沢山ありますからね。

今のうちに正社員になっておいた方がいいでしょう。

 

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

そういった悩みをお持ちの無職の方は、今のご時世多いです。

 

特に無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

 

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方は、自分の転職市場価値を診断するところから始めてみるのがお勧めです!

幸い最近は、転職希望者と企業側の求人データ、過去の転職者のデータから、転職市場価値を診断できる転職アプリが出てきています。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

MIIDAS

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

無職生活
mushokuをフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。