【意外に多い】大卒無職の割合!と大卒無職になってしまった場合の人生逆転策

 

  • 大卒で既卒無職になってしまった!
  • 大卒で無職ってどのぐらいいるの?

そういった悩みをお持ちの方は今の御時世珍しくないかもしれません。

 

やはり大卒で就職せずに無職やフリーターになってしまうような方もいらっしゃいますし。

最近は有効求人倍率が高止まりしてきたこともあって、新卒の就職内定率も9割を超えてはいますが…。

就職活動というものがよく分からなかったり、「まだ社会に出たくない」という気持ちがあると、就職活動せずに無職やフリーターになってしまう方もいらっしゃいます。

 

ただ大卒となると学費を結構投資している訳ですから、そこで無職になる人は結構少ないと思います。

果たして大卒で無職になってしまう人はどの位いるんでしょうか?

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

大卒で進学も就職もしない無職ニートは約8%も!

最近は大卒で無職になってしまう方も珍しくありません。

まぁ最近は就職内定率もかなり改善してきていますので、減ってきているとは思いますが…。

就職氷河期とかリーマンショック直後ぐらいはたくさんいましたね。

これについては明らかにデータがでています。

平成29年度の文部科学省による学校基本調査によりますと、大学を卒業したものは全体で56万7763人です。

そのうち非正規雇用の仕事でフリーターになった人が9183人で1.6%、進学も就職もしていない大卒無職ニートの方が44182人で7.8%となっています。

 

結論としては、大卒で無職ニートになってしまう方は約8%、大卒で無職やフリーターとなると約10%となりますね。

まぁ結構な人数いるとは思いますね。

これは学校を卒業した直後のデータなので、この後はすぐに辞めてしまったりドロップアウトをする人も含めればもう少し多くなるかもしれません。

まあ女性の場合は結婚したりして非正規雇用などになる人も多いですから、もっと多いかもしれませんが…。

 

ただ大卒無職になってしまうと、奨学金の支払いが滞る可能性が高い…

そういった大卒無職の割合は結構いるんですが…。

もしかしたらあなたもそういった大卒で無職やニートになってしまっている方なのかもしれません。

上でも述べたように割と結構いる傾向にありますからね。

 

ただ大卒の方となると奨学金を借りて進学した人が多いと思います。

今や約半数の学生は奨学金を借りて進学する時代ですからね。

そこで大卒無職やニートになってしまうと、奨学金の返済が滞ってしまう可能性が高いです。

一応規定通りに払い始めるならば、大学を卒業してから約7ヶ月で後に奨学金の返済が始まりますからね。

最近はそういった奨学金を返せずに破産する人も増えてきているんです。

奨学金を扱っている日本学生支援機構によりますと、奨学金関連の自己破産は2016年度までの5年間で約15338人となっています。

自己破産ではなく学生支援機構側が裁判所に奨学金を払うように申し立てた事例はその3倍の約45000件となっています。

 

そこまで行かなくても大卒で非正規雇用の仕事やワーキングプアになってしまった方ですと、奨学金を滞納してしまうケースも多いです。

日本学生支援機構が行った「平成28年度奨学金の返還者に関する属性調査結果」によりますと、奨学金の延滞が続く理由について「本人の低所得が原因」という理由が64.5%と前年に続いて高い水準となっており、年々右肩上がりで増加しています。

大卒で無職やフリーターなどになってしまうと、収入も低かったりしてなかなか奨学金の返済まではありませんからね。

あまりに酷い人ですと、借金をしてしまう方もいらっしゃいますし。

その調査では本人の借入金の返済が原因で延滞しているという理由も30.9%と年々右肩上がりで増加してきていますね。

 

まぁ大卒の方でも非正規雇用などでフリーター程度でも働いている方であればいいですが、これが大卒無職となってしまうと当然ながら収入もありませんので、奨学金の返済も滞ってしまいますね。

まあ幸い最長10年は低所得や失業を理由に奨学金の返済猶予願を出すことができますので、そういった制度を利用していくと良いかもしれません。

そのうちにできるだけ早く再就職して奨学金ぐらいは返せるようにして行った方がいいでしょう。

⇒返還期限猶予 | JASSO

 

大卒無職だと後で就職できても不本意な仕事にしか就けず、逆学歴差別に悩むケースも…

そういった大卒無職の方の割合も上で述べたように結構多いんですが…。

もしかしたらあなたもそういった方なのかもしれません。

そういった方ですとやはり奨学金の返済なども滞る傾向にありますし、せっかく大学を出たのに勿体ないですからね。

まぁそうは言いましても今は仕事が多い傾向にありますので、大卒無職の方でも社会復帰やしやすい傾向にありますが…。

 

ですが大卒がするような仕事とかホワイトカラーの仕事となると数が限られていたりして、大卒無職の方ですと不本意な仕事にしか就けないケースも出てきますね。

そういった方ですと、逆学歴差別に悩むケースも珍しくありませんね。

特に大卒でブルーカラーなどの不本意な仕事についてしまった人ですと、

  • 大卒なのにこんな職場に来たの?
  • 大学入った意味ないね!
  • 学費勿体ないね!
  • せっかく奨学金借りてまで進学したのに…
  • 勉強した意味なかったね!

こんなこと言われる傾向にあります。

 

私も大卒で転職して工場に勤めたことがありますけど、まぁ言われましたね。

最近はそういった逆学歴差別を気にして、ブルーカラー系の仕事を受ける際には大卒ということを伏せて高卒で応募する人もいるぐらいですね。

まあこんなのは最初に言われて終わりですから、気にしなければいい話なんですけど。

大卒無職でプライドが高い人ですと、結構気にするかもしれません。

 

大卒無職でも今は仕事は多い!早めに正社員就職を

大卒無職の割合は割と多い傾向にはあるんですが…。

もしあなたがそういった大卒無職の方であれば、早めに正社員で就職することをおすすめします。

幸い今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も一倍を超えてきていますし。

帝国データバンクの2018年の調査によれば約半数の企業が正社員が足りていないと回答していますし。

 

まぁ空白期間が何年も空いてしまっている人ですと難しいですが…。

そういった人の場合は適当にバイトでもしてたことにして、大卒無職ではなく大卒フリーターとして就職した方がいいでしょうね。

どうせバイト程度であれば、前職調査なんてしない傾向にありますし。

まあとにかくそういった手段を使ってでも早めに社会復帰しておいた方がいいと思いますよ。

最近は少子高齢化によって日本人の平均年齢はもう46歳を超えてきていますので、割と30代程度でも相対的に若者扱いされたり転職もしやすくなってきていますし。

出来るだけ早いうちに大卒無職を抜け出しておいた方がいいでしょう。

 

既卒無職の方でもそれほど年数が経ってなければ、新卒と同じ枠で受けられる可能性も…

そういった大卒無職の方も多いとは思うんですが…。

もしあなたが大卒無職の方であれば、やはり早めに正社員の仕事を探して社会復帰しておくことをおすすめします。

特に大学を卒業してそれほど年数が経っていない既卒大卒無職の方であれば、もしかしたら新卒と同じ枠で就職試験を受けられる可能性があります。

特に最近は新卒の就職内定率も9割を超えてきていて、内定辞退の割合も約6割に上ってきていますし。

新卒とそれほど年齢が変わらない既卒大卒無職の方でも、割と新卒と同じ枠で受けやすくなってきているんです。

 

総務省統計局の「労働経済動向調査 2018年7月から9月期」のデータによりますと、平成29年8月から平成30年7月までの過去1年間に「新卒の採用枠で、既卒者は応募可能だった」とする事業所の割合は約43%となっています。

そのうち採用に至ったのは47%となり、ここ約10年で右肩上がりで増加してきています。

まぁ2010年に厚生労働省が「卒業3年以内の既卒者も新卒枠に加えて採用するように」という声明を出してますからね。

以前に比べればそういった大卒で既卒になってしまった人への差別は緩和されてきています。

ちなみに「卒業してから約3年以内であれば、新卒と同等に受け入れる」という企業が約55%で、特に「年数の上限はない」と答えた企業も60%にのぼります。

 

まぁさすがに30歳超えていたりしたらさすがに新卒と同等では厳しいと思いますが…。

20代であれば、全然受けられると思いますよ。

私も新卒で入った会社を半年で辞めてしばらくフリーターしていて再就職活動をしたことがありますけど、別に普通に新卒と同じで受けられた会社はたくさんありましたし。

20代ぐらいの若い大卒無職者であれば、こういった既卒者でも受け入れてくれる枠を受けていくのも良いかもしれません。

 

ただ大卒無職だとダラけた生活を送ってる人も多いので、生活習慣を正すところから始めるべきかも…

そういった大卒無職の方の割合は多いとは思うんですが…。

今は仕事は多いので、そういった方でもやる気さえ出して一念発起して動き出せば、仕事は何かしら見つかる傾向にあります。

まあ歳を食ってしまっている方ですと、正社員の仕事は結構難しくなってきますが…。

それでも人手不足の不人気業種に絞って仕事を探せば、割と40代とかでも採用されていたりしますし。

 

ただあなたがやる気を出さなくてはどうしようもありませんね。

特に大卒無職の方となると、だらけた生活を送っていて生活習慣も乱れている方が多いでしょうし。

体力も落ちていたりコミュニケーション能力が退化していたりする方も多いでしょうし。

 

そういった方の場合は職業訓練でも受けて社会復帰のリハビリをするところあたりから始めた方が良いかもしれません。

幸いあなたのような無職の方のために国が職業訓練校というものを設けてくれていますし。

入学金や授業料はほぼタダで資格やスキルが身につく可能性があります。

しかも条件を満たせば、月10万円の職業訓練受講給付金がもらえますからね。

とりあえずハローワークに行けば案内が出ていますので、そう言った所に通ってみるのも良いかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

 

今は大卒で職歴無しの無職でも仕事は見つかりやすくなってきているので…

そういった大卒無職の割合はやはり多い傾向にはありますが…。

そうは言いましても今は少子高齢化によって若者自体が貴重になってきています。

少子高齢化によって日本人の平均年齢も46歳を超えてしまいましたし。

30代ぐらいの方であれば、割と相対的に若者扱いされて未経験でも転職しやすくなってきています。

 

もしあなたも大卒無職の方であれば、早めに仕事を探して正社員で就職しておくことをおすすめします。

今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますからね。

今ほど仕事が見つかりやすい時期もありませんので、今のうちに動いておいた方がいいでしょう。

⇒転職成功実績№1!良い会社探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

結論としましては、文部科学省の学校基本調査によると大卒者の中に無職になってしまう人は約8%で、フリーターになってしまう方が約2%。

合わせると10%ぐらいで、人数にすると一年で5万人ちょっとぐらいですか。

ただ結構いるとはいえ、今仕事見つかりやすいのでそこからすぐに就職する人も多いでしょうし。

特に大卒となると奨学金を借りていた人も多いでしょうから、そこで大卒無職になってしまうと、奨学金の返済が滞ってしまいます。

そうなると保証人に迷惑がいってしまいますからね。

 

幸い今は仕事が多いので、早めに社会復帰して仕事を探していた方がいいと思います。

幸は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も一倍を超えてきていますし。

今のうちに動いておけば仕事は見つかりやすいので、今のうちに動いていった方がいいでしょう。

 

無職でもスマホで数万円~10万円程度なら稼げます!

 

無職となると収入もなくなってしまうため、「お金がなくてヤバい!」という状況になりがちです。

失業保険も大した金額ではありませんし、貰える期間も短いですからね…。

ですが最近はネットの発達によって手軽にお金が稼ぎやすくなってきているため、スマホでもお小遣いを稼ぎやすくなってきています!

外にバイトに行くよりは、手軽に片手間で稼げるのは嬉しいですね。

 

特にポイントサイトを使えば、無料会員登録や口座開設などの案件をこなすことで、一時的に数万円~10万円程度なら稼げます。

ポイントサイトは、無料会員登録や口座作成などの広告案件をこなすことで、企業側もポイントサイト側も儲かり、あなたも稼げるという三方良しの仕組みです。

Tポイントや楽天ポイントなどに交換して使うのであれば、失業保険受給中でも収入にあたらない可能性が高いです。

不安であれば、失業保険受給中はポイントを貯めておき、受給が終了してから現金やポイントに交換すれば良いでしょう。

 

「無職でもネットで手軽に稼いで、生活を楽にしたい!」という方にお勧めのポイントサイトはこちら!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

■モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

業界トップクラスの最強ポイントサイト。

他社ポイントサイトに比べて還元率が高く、案件数も業界最大級に多いのがメリットです。

この業界はポイントを貯めても換金できない詐欺ポイントサイトが多いですが、東証一部上場企業のセレスが運営しているため、確実に換金できるので安心です

私も何度も換金していますし、安心して利用できます。

 

FX口座作成やクレジットカード作成などの高額案件をいくつかやるだけでも数万円~10万円前後は稼げます。

稼げないネット内職が多い中、やれば誰でも稼げますので、無職でお金に困っているなら気楽に始めると良いでしょう。

gmailなどのパソコンのメールアドレスでも登録できますが、スマホなどのキャリアメールアドレスで登録するとスマホ向けの稼げる案件もできるようになるのでお勧めです。

⇒月5万円の副収入ゲット!最強ポイントサイト【モッピー】

無職生活
この記事を書いた人
TK神戸@元無職

30代自営業。無職、大企業正社員、派遣、フリーターなどなど一通り経験しました。バイトも含めれば経験20社以上、無職で貯金ゼロ状態も経験。
無職でもお金を稼ぐ方法や制度を知っていれば生き残れる可能性が上がります。無職状態でも希望を持てるメディアを目指しています。

TK神戸@元無職をフォローする
TK神戸@元無職をフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。