【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

Berzin / Pixabay

  • 貯金が減って生活がやばい…
  • マジでお金がない…どうしよう…
  • とにかくお金がなくてヤバイ……もうダメだ…

とお悩みの、本気でお金がない方のためのページです。

 

お金がないと余裕がなくなってきて、ついイライラしてしまいますよね…。

かなり、胃が痛い日々を送っていると思います。

それだけで済めばいいですが、すぐにお金を調達しないと本当にやばいことになる方もかなりおられると思います。

 

この記事では、すぐにお金を調達する、お金を稼ぐ方法をまとめました。

ポイントサイトで稼ぐ

 

あぶく銭ですが、インターネットのポイントサイトでポイントを貯めれば、一時的にですが数万円~10万円程度であれば稼げます。

最初にこれをやって、軍資金を稼ぐといいかもしれませんね。

 

会員制サイトやメルマガに無料登録したり、資料請求をしたり、銀行口座作成やクレジットカード作成をしたりで、案件に応じたポイントを稼げます。

ポイントは電子マネーや現金に交換することができます。

やれば誰でも稼げる方法なので、まず最初にやってみるといいかもしれません。

 

ポイントサイトは色々な種類がありますが、今一番稼ぎやすいのがこちらのポイントサイトです。

案件が多くてポイントを貯めやすく、還元率が高いのが特徴です。

最大500円分その場でゲット!スキマ時間のポイ活なら【ワラウ】

 

ただ、案件をあらかたこなすとやれる案件がなくなって稼げなくなってしまいます。

あくまでも一時的な稼ぎと割り切ったほうがいいと思います。

FX口座やクレジットカード作成でキャッシュバックを貰う

最近はFX口座を作成したりクレジットカードを作ることで、キャッシュバックが貰えるキャンペーンも多く開催されています。

安いものは一件数百円程度、高いものですと数千円~一万円を超えるものもあります。

ただ審査があったり、一定金額以上入金しないといけない、などの条件があります。

申し込むなら条件をよく確認したほうがいいでしょう。

 

これで稼ぐ場合も、ポイントサイトを使うことで手軽に行うことができます。

こちらのポイントサイトはポイント還元率も高く案件数も多く、稼ぎやすいです。

最大500円分その場でゲット!スキマ時間のポイ活なら【ワラウ】

500円分Amazonギフト券などを即ゲットする

こちらもポイントサイトですが、初回登録時のプロフィールやLINE@登録だけですぐにポイントが溜まるため、即金で500円分程度のギフト券にすぐ換金しやすいです。

⇒スマホから500円分アマギフ即ゲット!即金ポイントサイト【アメフリ】

 

Amazonギフト券以外にも、iTunesカードやGooglePlayカード、その他電子マネーや現金にも換金できます。

ポイントサイトは各社様々なお得なキャンペーンをやっているので、いくつか登録しておいたほうがいいでしょう。

⇒スマホから500円分アマギフ即ゲット!即金ポイントサイト【アメフリ】

日払いバイトをする

「すぐにお金が欲しい!」というのであれば、日払いバイトをするのが鉄板の方法です。

一日だけの単発のものや、数日から一週間程度の短期のものまで色々あります。

こちらのシェアフルは面接無し履歴書不要、全国の単発・短期バイトの日払い情報が網羅されているためお勧めです。

⇒面接無し履歴書不要!すぐにスキマ時間に働ける単発バイトアプリ【シェアフル】

アンケートサイトで稼ぐ

あまり高額な金額を稼ぐのは難しいですが、アンケートサイトで稼ぐという方法もあります。

登録するとアンケートが届き、回答するとポイントが溜まっていきお金を稼ぐことができます。

普通にアンケートに答えていくだけではせいぜい月数百円程度ですが、空いた時間に方手間に行うことができます。

 

ただ中には会場調査や座談会などの高額案件もあり、一件数千円~一万円近いお金が貰えることもあります。

都会やその近隣都道府県に住んでいる方は、会場調査にも参加しやすいのでかなり稼ぎやすいです。

こちらのアンケートサイトが業界最大手なのでお勧めです。

⇒アンケート回答で小遣い稼ぎ!座談会や買い物調査などの高額案件でも稼げる【マクロミル】

在宅ワークをする

在宅ワークというと内職のような稼げないものが多く、また仕事を探すのも結構大変だったりします。

しかし、最近ではパソコンとネット環境さえあれば、自宅で仕事ができるクラウドソーシングサイトが増えています。

稼げない内職の仕事をするよりは、遥かに効率がよく工夫次第で稼ぐ額を増やしていけます。

⇒在宅副業で月10万円ゲット!フリーで独立も目指せる【クラウドワークス】

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】


残業代を稼ぐ

働いてる方であれば、 もっと稼ぎを増やしたいなら残業代を稼ぐのがセオリーです。

わざわざ残業代を稼ぐために、あえて残業をしている人も多いですよね。

すぐ手元にお金が入るわけではありませんが、今月のお給料はしっかり増えてるでしょう。

日本にはまだまだ「残業する奴は偉い」みたいな価値観がありますので、社内の評価も上がるかもしれません 。

 

ただ、最近は残業をさせない会社も徐々に増えてきています。

あまり残業ができないような仕事も多いでしょう。

そういう場合では使えませんね。

いらなくなったものを売る

書籍、ゲーム、DVDなどは、案外高値で売れます。

書籍はブックオフに持っていくとハシタ金で査定されてしまう恐れがあります。

ゲーム専門店などに売ったり、オークションやメルカリなどに出品したほうが高く売れる可能性があります。

 

たいていのものは、買った瞬間に中古扱いで値下がりします。

これは一般的に「資産」と言われている、家や車でも同じです。

極力、無駄なものは買わないにこしたことはないでしょう。

お金を借りる

お金がないのにお金を借りるのはおススメできませんが、一応紹介しておきます。

もし貴方が無職であれば、普通の手段ではまず借りられません。

闇金のような違法な金融業者でも、さすがに収入のない無職相手となると躊躇するでしょう。

生活が苦しいなら、安易に借りてしまうと後悔する可能性があります。

 

 icon-exclamation-circle 

ただ、一応いくつか方法はあります。

無職の方にはあまり勧められる方法ではありませんが、

無職でもお金を借りる方法については、こちらを参照してください。

無職でもお金を借りることは可能!?お金を工面する4つの方法!

 

今は総量規制の影響でお金を借りにくい時代であり、全くお金がなくなってしまうと、もう生活保護にでも頼るしかありません。

しかし役所の水際作戦でそれも難しいため、難しいところです。

自動販売機の下を漁る

auntmasako / Pixabay

 

まとまった金額は無理ですが、数百円程度ならもしかしたら見つかるかもしれない方法です。

小学生の頃やったことがありますが、800円くらい見つけることができました。

居酒屋のような飲み屋が近くにある自販機ですと、落ちている確率が高いです。

酔ってお金を落としてしまう人が多いからです。

ただやっていることは乞食同然ですので、どうなっても責任は取れません。

 

たまに、500円玉が落ちていたりもするようです。

まあ、私も500円玉くらいなら落としたことありますが…。

どうしようもなくなった時の最終手段にしておきましょう。

友達や同僚に借りる

今すぐお金が欲しいのであれば、もう借りるしかありません。

ただそうは言いましても、サラ金などで借りてしまっては高い利息がとられてしまいます。

今でさえ生活が苦しいのに、借金をして利息の支払いまで加わってしまったら生活が立ちいかなくなってしまいます。

 

でしたら、友達や同僚に借りるというのも手段の1つです。 それならば利息がつくことはありませんからね。

ただ、当然ですがちゃんと返済しないとそれ以降の関係にヒビが入ります。

返すアテがないのであれば、難しいかもしれません。

親に助援を頼む

geralt / Pixabay

親との関係が良好ならば、これが最も確実です。

お金を借りるか、食料が尽きそうなので何か送って欲しい、と懇願するのです。

親に愛想を尽かされていなければ、相手も人の親です。仏心くらいは持ち合わせており、援助をしてくれるでしょう。

 

親との関係が良好にも関わらず、「親に迷惑をかけたくない」なんて勝手に諦めるのはよくないです。

もし今貴方が親に何も知らせず、勝手にも死んでしまえば、後でそれを知った親はどう思うでしょうか?

「せめて助けを求めてくれれば…」「そんなに困ってたんなら、何で連絡一つも寄越さなかったんだ!?」と思うでしょう。

今の貴方のような状況にするために、貴方を産んだわけではないはずです。

 

ただ、本当に酷い親も存在しますし、人によってはもう親が無くなっているケースもあると思います。

あとはもう要介護に近い状態だったり、年金暮らしで頼れなかったり。

そういう場合は親戚に頼むか、無理ならこの手段は使えません。

しかし頼れる可能性があるのであれば、躊躇なく頼ってみてください。

生活保護を受ける

本当にお金がないのであれば、もういっそ堂々と生活保護を受けてしまったほうが良いかもしれません。

全国的に明確な基準が存在するわけではなく、各市町村の裁量に委ねられていますが、概ね基準はどこも大差ありません。

  • 財産があれば全部処分
  • 車も処分しないといけない
  • 葬式代も取っておいてはダメ
  • 保険関係も全て解約

みたいな感じのようです。

市町村によっては車や多少の貯金があってもOKなところもあるようですが、結局は市町村の方針によりますね。

 

しかし生活保護なんて本来条件さえ満たしていれば、紙一枚提出するだけで本来誰でも貰えるものです。

生き残れば消費や納税もして内需に貢献できますから、需要不足でデフレの日本にとっては、生活保護でも貰って経済を回したほうが良いのです。

しかし役所に一人で行ってもムダ!NPOや弁護士に相談しよう

しかしあなた一人で役所の窓口に行って「生活保護を申請します」と言っても、なかなか難しいでしょう。

役所はテコでも申請を諦めさせようとしてきますから、よほど理論武装して強引に行かなければ、役所のクソどもに追い返されるのがオチです。

貧困対策の活動に取り組んでいるNPOに相談するか、弁護士に頼んだほうが確実でしょう。

専門家が同行すれば役所の連中もいい加減なことを言えないため、大人しく申請を受理するしかありません。

⇒あなたも使える生活保護パンフレット – 日本弁護士連合会(PDF)

⇒自立生活サポートセンター・もやい |相談受付

⇒生活にお困りの方へ ホームレス状態を生み出さないニホンに|ホームドア相談受付

生活保護相談・住宅支援の相談は、NPO法人生活支援機構ALL(オール)へ (npo-all.jp)

 

日本を代表していた菅元総理も「日本には生活保護があるから!」と胸を張って言っていましたからね。

国民の権利なのですから、堂々と申請しましょう。

生き残って権利を享受してから、余裕ができてから義務を果たすことを考えればいいのです。

ホームレスになる

毎月の家賃の支払いやその他諸々の出費が払えない人は、もうホームレスになるしかありません。

というか、現代社会では雇用神話も崩壊しているため、誰でもホームレスになってしまう可能性があります。

西成のようなホームレスがたくさんいる地域や、大都市の主要駅には、ホームレスがたくさんいます。

 

彼らが生きているということは、なんとかホームレスになっても生きられるということです。

漫画雑誌を拾って売ったり、ゴミ捨て場から金になるものを拾って売ったり、空き缶を回収して業者に売ったり、ビッグイシューを売ったり、路上で空き缶を置いて乞食をしたりしてお金を得ているようです。

 

ホームレス支援施設のようなところもありますが、数ヶ月すれば追い出されるため、期間内に仕事を見つけられないとまたホームレスに戻ってしまう人がたくさんいるようです。

ホームレスよりは……と刑務所に行ってしまう人もたくさんいるようです。

ホームレスにまでなってしまうと、普通の生活に這い上がることは非常に困難です。

暖かい季節であれば比較的マシかもしれませんが、冬は最悪死ぬ可能性があります。

寒さに凍えながら、自分の愚かさを後悔することになるでしょう。

最近は国やNPO団体のホームレス支援により、ホームレスは激減している

ちなみにですが、近年は日本のホームレス数は激減しています。

ホームレス問題の現状 | ビッグイシュー基金 (bigissue.or.jp)

国やNPO団体のホームレス支援が手厚くなってきており、生活保護などの支援にもつながりやすくなってきているようです。

むしろ最近はホームレスや障碍者など、わかりやすい弱者のほうが専門の支援団体などがあるため、セーフティネットに助けてもらいやすい印象です。

中途半端にお金が無いワーキングプアの方が一番割を食っているかもしれません。

最後のセーフティネット刑務所に頼る手も ※非推奨

生活保護が貰えない場合、最後のセーフティネットである刑務所を頼る人も珍しくないようです。

刑務所ならば家賃も食費も医療費もタダ、三食昼寝付きで適度な労働も与えられます。

「元受刑者だけど二度と戻りたくない!」なんて意見も多いですが、「言われたことだけしてればいいし、何も考えずに済むから会社員より遥かにラク」なんて意見もあったりして、感想は人によるようです。

最近は受刑者も高齢化しているようで、刑務所内に介護福祉士や作業療法士を配置し、お務めを全うさせるためにリハビリまでしてくれるようです!

ナゼ刑務所でリハビリが…115年ぶりの法改正 「懲役刑」と「禁錮刑」が廃止に 変わる刑務所の現場を取材 | TBS NEWS DIG

シャバでも施設に入れない人が多いのに……貧困老人は刑務所のほうがマシな生活を送れるのでは…?

 

まぁ世間や役所が生活保護受給に対して厳しいのですから、生き残るためにこうでもせざるを得ない人が出てくるのは仕方ありませんよね。

受刑者一人当たり年間300万円くらい税金が投入されているようですが、生活保護が貰えないなら仕方ありません。

自ら死のうと思っても、未遂に終わる可能性のほうが高いようですから、悪いことをしてでもなんとか生き残っていくしかありません。

生きている以上人生は続いてしまうのです。

服役中も年金は貰える!現役世代は服役中無収入のため、刑務所内から全額免除申請可能

ちなみに服役中も年金は振り込まれ続けるようです。

刑務所は衣食住・医療費はタダなので、出所後まとまった貯金ができているようですね。

現役世代の受刑者については服役中はほぼ無収入になるため、刑務所内から郵送で申請すれば、国民年金は全額免除になります。

国民年金は全額免除でも国庫負担で老後半分年金は貰えますし、障害年金の受給要件である年金の加入年数にも加算できます。

 

「犯罪者が得をするなんて!」と憤りを覚える人も多いでしょうが、文無しで出所したところで、生きるためにまた犯罪を犯して戻ってくるか、生活保護にでも頼るしかありません。

感情論で犯罪者を叩いても何の意味もないです。

最近は人手不足のため、前科者でも仕事は見つかりやすくなってきているらしい…

最近は少子高齢化による人手不足からか、なんと元受刑者でも割と仕事も見つかりやすくなってきているようです。

最近は人手不足で外国人労働者を使う企業も増えていますが、できれば日本語ができる人を使ったほうがいいですからね。

前科者であれば普通の企業は雇いにくいため、気にしない企業にとっては穴場なようです。

最近は介護や溶接などの職業訓練が受けられる刑務所も増えてきているようですね…。

 

なんと少年院や刑務所出所者向けの、専門の求人雑誌まで出ているようです(笑)。

『Chance!!』閲覧・購読 | 非行歴・犯罪歴のある方の採用・教育支援|(株)ヒューマン・コメディ (human-comedy.com)

まぁ仕事が見つからなければ再犯して戻ってくるのがオチですし、生産年齢人口も減っていくわけですから、なんとか働いて貰ったほうが良いのでしょう。

 

これからは日本は更に格差が拡大して生活不安が増大していくでしょう。

「最悪の場合、悪いことをしてでも生き残ってやる!」くらいの気概はあったほうが生きやすいのかもしれません。

「犯罪は絶対に辞めてください!」とは言っておきますが、本当にお金が全くなくてヤバいのであれば、最終手段として自分ならやってしまうかもしれません。

まとめ

現代社会は資本主義社会のため、お金がなくてはどうすることもできませんし、ただ日々生きるだけでお金がかかってきます。

ただ、以前に比べればネットでお金を稼ぐような道も増えてきていますし、以前よりはお金を稼ぐ道が増えたと思います。

ネットとかパソコンで稼ぐなんて、昔だったら考えられなかったことです。

 

まあ、餓死しないように頑張ってお金を稼いで行きましょう。

とにかくお金さえあればなんとかなります。

テキストのコピーはできません。