実家暮らしこそ勝ち組な理由!末永く勝ち組で居続けるにはこれをやれ!

 

  • 実家暮らしってやっぱり勝ち組だよねw
  • お金もあまりかからないし

そんな考えをお持ちの方は、今のご時世珍しくないと思います。

 

どうも。

成人後何年も実家暮らしで子供部屋おじさんをし、大企業正社員やフリーター、自営業や無職などの経験を持つTK神戸@元無職です。

 

私も何年も実家暮らしをしていたのでわかりますが、やはり実家暮らしこそ勝ち組だと思います。

普通に生活していく上で、家賃などの住居費の負担はすさまじく家計を圧迫する傾向にあります。

実家暮らしであれば、家にいくらか入れるにせよそこまでお金はかかりませんからね。

最近はワーキングプアの若者も増えてきていますし、そんなムダなお金を払う余裕はありません。

 

この記事では、実家暮らしこそ勝ち組な理由と、末永く勝ち組でいるための方法についてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

実家暮らしこそ勝ち組な理由!

やはり実家暮らしはコスパも高いですし、勝ち組だと思います。

「実家暮らしは負け組!」なんて意見も根強いですが、そういうのは高い住宅ローンや家賃を払っている連中の僻みだと思いますね…。

実家暮らしこそ勝ち組な理由についてまとめてみましたので、参考にしてください。

実家に住めば家賃がかからない

実家暮らしこそ勝ち組な理由として、実家に住めば家賃がかからないことが挙げられます。

親が固定資産税や住宅ローンなどを払ってくれているでしょうから、そこに寄生して住むのであれば家賃はかかりません。

生活費で大部分を占めるのは住居費ですから、実家に住めば大幅に生活費を圧縮することができるのです。

 

家にいくらか入れるにせよ、一人暮らしで家賃と生活費を払うよりは、生活費は劇的に安く済みます。

どんなに給料が高くても生活費が高いとお金が残りませんから、家賃がかからず生活費を抑えることができる実家暮らしは、やはり勝ち組です。

実家を相続してそのまま住むことができる

実家暮らしが勝ち組な理由として、実家を相続してそのまま住むことができることも挙げられます。

実家が持ち家の場合は、親が亡くなれば遅かれ早かれ相続が発生します。

実家暮らしであれば、親が亡くなっても引き続きそのまま実家に住めばいいだけの話です。

 

これが実家を出てしまっている場合ですと、実家を活用することができず、空き家のまま放置されているケースが多いです。

不動産には管理義務もありますし、仮に相続放棄をしても管理義務は相変わらず発生し続けるため(民法940条)、住んで活用できるのであればそれに越したことはありません。

都会の価値がある土地であれば買い手もつきますが、地方の物件となると今どき買い手もつきませんからね…。

3600万円以下の相続財産なら相続税はかからない

ちなみに、こういう話をすると

  • 実家暮らしの奴らは相続税払えるの?
  • 親が亡くなったら実家追い出されるよ?

こんなことを言ってくる世間知らずの人たちも多いです。

 

しかし相続税というのは3000万円の基礎控除があり、相続人一人当たり600万円の控除が認められています。

つまり3600万円以下の相続財産であれば相続税はかかりません。

相続が発生した人の中で、実際に相続税を払う対象になっている人と言うのは年間10%前後しかいないので、大多数の資産のない貧乏人には関係ない話です。

家族と生活費や家電をシェアすることができる

実家暮らしが勝ち組の理由として、家族と生活費や家電をシェアすることができることも挙げられます。

一番経済的に合理的で勝ち組なのは、複数人が固まって住むことです。

そうすれば別々に住むよりも料理をまとめて作れて食費も浮きますし、電気代やガス代なども圧縮することができます。

家電も家族全員でシェアすることができるので、冷蔵庫や電子レンジなども家族で一台あれば十分です。

 

まぁ世帯を細かく分けて経済的に非合理的な生活をしてもらったほうが、経済は回りますけどね。

実家暮らしを負け組と非難する人たちは、実家暮らしが増えると儲からなくなる人たちなのでしょう。

自分や親の身に何かあっても、お互いすぐに助けることができる

実家暮らしが勝ち組の理由として、自分や親の身に何かあっても、お互いにすぐ助けることができることも挙げられます。

特に両親のどちらかが既に亡くなっていて独居老人の場合は、孤独死のリスクがありますからね。

実家暮らしで親と一緒に住めば、親がもし家で倒れてしまっても、すぐに対応することができます。

これが一人暮らしであれば、自宅で容体が急変しても、救急車すら呼べずに孤独死…なんてケースは珍しくありません。

 

若い人でも、いつ怪我や病気で入院したりするかわかりません。

実家で一緒に暮らしていれば、何かあった時にもお互いに助け合うことができるのです。

親の要介護化リスクを減らせる可能性がある

実家暮らしが勝ち組な理由として、親の要介護化リスクを減らせる可能性があることも挙げられます。

両親が健在であればいいですが、どちらかが亡くなると一人になってしまい、話し相手もおらず要介護リスクが上がってしまう可能性があります。

孤独になってしまうと話し相手もいないので生活に刺激が無くなり、急速にボケてしまう可能性がありますからね。

 

しかし実家暮らしで親と同居していれば、話し相手になったり一緒に出掛けたりして、刺激を与えることで認知症リスクなども下げられる可能性があります。

実家を出ていても親が要介護になれば、介護のために対応しなければならなくなってしまいます。

実家暮らしが末永く勝ち組でいるための方法はこれ!

実家暮らしが勝ち組な理由についてまとめてきました。

しかし実家暮らしがいくら勝ち組とはいえ、そのままずっと勝ち組でいられるかどうかはわかりません。

人生何が起こるかわかりませんし、末永く勝ち組でいるためには、本人の努力や対策も絶対に必要です。

実家暮らしが末永く勝ち組でいるための方法をまとめてみましたので、参考にしてください。

ワーキングプアだったとしても、生活費はいくらか入れる

実家暮らしが末永く勝ち組でいるための方法として、ワーキングプアだったとしても生活費はいくらか入れることが挙げられます。

やはり実家に寄生しているだけで親に甘えている状態ですと、親も不公平感を感じてくる傾向にあります。

そうなると親との仲に軋轢が生じてしまう可能性があり、快適な実家暮らしライフが脅かされてしまう可能性があります。

最近は収入が低いワーキングプアの人も多いので厳しい方も多いかもしれませんが、気持ち程度でもいいので生活費はいくらか入れましょう。

 

もし本当に収入が低く厳しい方の場合は、せめて家事は手伝うとか、親にネットを教えてあげるとか、親のサポートをする姿勢を見せたほうがいいでしょう。

やはり与えるだけで返ってこないと、不公平感が生まれて必ず人間関係はこじれてしまいます。

親しき仲にもソーシャルディスタンスあり!家族と適切な距離を取りつつ、関係を良好に保つ

実家暮らしの人が末永く勝ち組でいるための方法として、家族と適切な距離を取りつつ関係を良好に保つことが挙げられます。

親しき仲にもソーシャルディスタンスありという諺があるように、いくら家族とはいえあまり距離が近すぎるのは良くありません。

家族とは適切な距離を取り、関係を良好に保っていきましょう。

実家の庭や内装のメンテナンス、修繕などは暇を見つけて自力でやる

実家暮らしが末永く勝ち組でいるための方法として、実家の庭や内装のメンテナンス、修繕などは暇を見つけて自力でやることが挙げられます。

実家暮らしは不動産があるとはいえ、権利には義務がつきものです。

不動産は管理義務がありますので、適切に管理していかないと近隣住民や自治体に迷惑を与えてしまう可能性があり、最悪の場合はあなたに損害賠償が発生してしまう可能性もあります。

庭が荒れ放題で虫が発生していたり、ゴミ屋敷状態で家事になったりすると、訴えられるリスクも出てきてしまいますからね。

 

実家暮らしの人は一人暮らしや家庭持ちと比べて時間は比較的あるわけですから、時間を見つけて自力でメンテナンスしていくようにしましょう。

業者に頼むという手もありますが、プロに頼むと人件費が高いため、できるだけ自力でやったほうがいいでしょう。

片付けや庭木の剪定くらいは素人でもできますし、最近では結構大掛かりなリフォームなども、ネットや書籍、ワークショップなどで自力で学べる傾向にあります。

実家暮らしのコスパの高さを活かして資産形成に励む

実家暮らしの人が末永く勝ち組でいるための方法として、実家暮らしのコスパの高さを活かして資産形成に励むことも挙げられます。

実家暮らしの人は独身の方が多いので、老後助けてもらえる人もおらず、貯金や資産が生命線的なところがあります。

幸い実家暮らしで生活費も低くコスパが高い生活を送れているわけですから、資産形成に励みましょう。

実家暮らしは生活費が低く勝ち組だが、親が存命中は絶対に働き続ける

実家暮らしの人が末永く勝ち組でいるための方法として、親が存命中は絶対に働き続けることも挙げられます。

実家暮らしは生活費も低いですし、貯金が貯まるペースも早いです。

そのため、ある程度資産ができてくると「そろそろ仕事辞めてもいいかな?」なんてスケベ心が出てきてしまいます。

 

ですが実家暮らしニートになってしまうと世間体が悪いですし、親が近所で色々言われて迷惑をかける可能性が出てきます。

子供がニートで平日昼間からブラブラしているなんて、近所で格好の話のネタになってしまいますからね…。

まぁ最近はネットでも仕事がしやすくなってきていますので、別に外に出て働きに出なくても、実家の子供部屋あたりを事務所にして仕事をするのもいいでしょう。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

まとめ

実家暮らしが勝ち組である理由や、末永く勝ち組でいるための方法についてまとめてきました。

特に最近は収入が低い若者が増えてきていますので、実家から出られない、無理に実家を出たくない人も増えてきています。

ある程度の稼ぎがある人でも、突然の不況などによっていつ残業代が減らされたりリストラされるかわかりませんからね…。

頼れる実家がある人は、実家に住んで勝ち組ライフを送ったほうが、親も寂しくならずに良い生活ができる可能性があります。

 

ただ、ある程度収入があって貯金のペースが速い勝ち組実家暮らし勢はいいのですが、収入が低いために実家を出られないタイプの人も多いでしょう。

収入が低く勝ち組とは言えないような実家暮らしの方々は、もう少し収入を上げる方向で頑張って行った方がいいかもしれません。

今は副業などもしやすくなってきていますので…。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

無職でもスマホで数万円~10万円程度なら稼げます!

 

無職となると収入もなくなってしまうため、「お金がなくてヤバい!」という状況になりがちです。

失業保険も大した金額ではありませんし、貰える期間も短いですからね…。

ですが最近はネットの発達によって手軽にお金が稼ぎやすくなってきているため、スマホでもお小遣いを稼ぎやすくなってきています!

外にバイトに行くよりは、手軽に片手間で稼げるのは嬉しいですね。

 

特にポイントサイトを使えば、無料会員登録や口座開設などの案件をこなすことで、一時的に数万円~10万円程度なら稼げます。

ポイントサイトは、無料会員登録や口座作成などの広告案件をこなすことで、企業側もポイントサイト側も儲かり、あなたも稼げるという三方良しの仕組みです。

Tポイントや楽天ポイントなどに交換して使うのであれば、失業保険受給中でも収入にあたらない可能性が高いです。

不安であれば、失業保険受給中はポイントを貯めておき、受給が終了してから現金やポイントに交換すれば良いでしょう。

 

「無職でもネットで手軽に稼いで、生活を楽にしたい!」という方にお勧めのポイントサイトはこちら!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

■モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

業界トップクラスの最強ポイントサイト。

他社ポイントサイトに比べて還元率が高く、案件数も業界最大級に多いのがメリットです。

この業界はポイントを貯めても換金できない詐欺ポイントサイトが多いですが、東証一部上場企業のセレスが運営しているため、確実に換金できるので安心です

私も何度も換金していますし、安心して利用できます。

 

FX口座作成やクレジットカード作成などの高額案件をいくつかやるだけでも数万円~10万円前後は稼げます。

稼げないネット内職が多い中、やれば誰でも稼げますので、無職でお金に困っているなら気楽に始めると良いでしょう。

gmailなどのパソコンのメールアドレスでも登録できますが、スマホなどのキャリアメールアドレスで登録するとスマホ向けの稼げる案件もできるようになるのでお勧めです。

⇒月5万円の副収入ゲット!最強ポイントサイト【モッピー】

子供部屋おじさん
この記事を書いた人
TK神戸@元無職

30代自営業。無職、大企業正社員、派遣、フリーターなどなど一通り経験しました。バイトも含めれば経験20社以上、無職で貯金ゼロ状態も経験。
無職でもお金を稼ぐ方法や制度を知っていれば生き残れる可能性が上がります。無職状態でも希望を持てるメディアを目指しています。

TK神戸@元無職をフォローする
TK神戸@元無職をフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。