【所持金0円】無一文で失業!生活費を確保し生き残る4つの方法!

Leroy_Skalstad / Pixabay

 

  • 無一文にも関わらず、失業してしまった
  • 貯金なんて全然ない!
  • 失業後すぐ無一文になった

とお悩みの、無一文で失業してしまった方のためのページです。

 

最近は格差が拡大しているため、生活に困ってしまう方が増えています。

業務の機械化や自動化が進んだこともあり、誰でもできるような仕事も減ってきていますからね…。

特に日本企業は年齢に厳しいため、中高年で失業してしまうと次の仕事が見つからず、生活に困窮してしまう傾向にあります。

 

しかし無一文となると生活費すら捻出できない状態でしょうから、現在貴方は極めて危険な状態です。

この記事では無一文で失業してしまった時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

①失業給付を受けて食つなぐ

本来、単に失業したという状態であれば、ハローワークで手続きすることで失業給付を貰うことができます。

手続きには、

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 身分証
  • 印鑑
  • 通帳
  • 証明写真

が必要です。

ですが、自己都合退職ですと待期期間があり、すぐには失業保険が貰えません。

2020年10月からは原則二か月に短縮されましたが、お金がなければ二か月ももちません。

 

というか、もしかしたら貴方は雇用保険に加入していた期間が短すぎて、失業給付がもらない方かもしれません。

最近は雇用保険すら払っていない悪質な企業もありますから、そういう会社に勤めていたのであればどうしようもありません。

雇用保険をかけていなかった人でも、職業訓練を受ければ月10万円貰える可能性が

しかし、失業給付の受給対象外の人でも大丈夫です。

条件がありますが、職業訓練を受けることで月10万円の職業訓練受講給付金が貰える可能性があります。

以前私もこれを貰って職業訓練を受けていたことがありますが、その後再就職できたのでとても助かりました。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

職業訓練を受ければ失業保険の待期期間も外れ、すぐに失業保険を貰うことができます。

条件がありますが、訓練期間中は失業保険を延長して受給できるため、雇用保険をかけていた方でもお得に利用できる可能性があります。

 

ただ、最近は世間を騒がせている例のアレの影響で、雇用保険の財源も枯渇しかかっています。

職業訓練校の倍率も以前より上がってきているため、地域によっては厳しいかもしれません。

②すぐに働ける単発バイトを探す

無一文で失業した場合、一刻も早く次の仕事を見付けなければなりません。

しかし無一文ですから生活費もなく、履歴書すら買えないという方も多いでしょう。

幸い最近はすぐに働ける単発バイトなども増えてきているため、こういったものを使って日銭を稼ぐのも良いかもしれません。

⇒面接無し履歴書不要!すぐにスキマ時間に働ける単発バイトアプリ【シェアフル】

③どうしてもきついなら生活保護に頼る

さすがに無一文の状態で失業してしまうと、生活を再建するのはなかなか厳しくなってきます。

そのまま住むところも失ってしまうとホームレスになってしまい、社会復帰が著しく困難になってしまいます。

どうしてもきついのであれば、生活保護に頼ることも検討したほうが良いでしょう。

 

日本国民に保障された権利ですから、困ったら堂々と申請すれば良いのです。

日本を代表していたスガ元総理も「日本には生活保護がある!」と胸を張って言っていましたからね。

幸い、世間を騒がせている例のアレの影響で生活困窮世帯が増えたからか、以前よりは生活保護への偏見も少なくなってきているようです。

一人で役所に行ってもムダ!専門家に相談しよう

しかしあなたが一人で役所の福祉課に行って申請に行ったとしても、水際作戦で追い返されるのがオチです。

最近は役所の福祉課があれこれとテキトーな嘘をつき、申請に来た生活困窮者を追い返し餓死させる…という悪質な事件が頻発しています。

あいつらは人殺しと同じですから、ガソリンで焼き殺されても文句が言えないでしょう。

役所の福祉課のクソ共を同じ人間だと油断していると痛い目を見ますから、あなたに襲い掛かる害獣だと認識しておきましょう。

 

最近は生活保護の相談に乗ってくれるNPO団体や、申請を代行してくれる行政書士や弁護士もいます。

役所のクソ共も専門家が相手となるとテキトーなことを言えず、申請を受理するしかありません。

生活保護の受給が決まれば、保護費から弁護士報酬も出ますので心配ありません。

⇒自立生活サポートセンター・もやい |相談受付

⇒あなたも使える生活保護パンフレット – 日本弁護士連合会(PDF)

④最後のセーフティーネット刑務所もあるが… ※非推奨

しかし最近は財務省が進める緊縮財政により、生活保護世帯をこれ以上増やさないように水際作戦をしつこく行う自治体も多いです。

近くにNPOや有能な弁護士などがいないと、なかなか受給までこぎつけないケースも多いです。

どうしても生活保護が貰えない場合、最後のセーフティーネットである刑務所を頼るという手もあります。

犯罪なので絶対に辞めてください!とは言っておきますが、生きている以上はなんとか生活していかなくてはいけませんからね…。

刑務所に入れば衣食住も提供され、残業のない1日7時間という適度な刑務作業も与えられます。

 

最近は施設に入れない高齢者が万引きなどの軽犯罪を犯し、施設内で他の受刑者に介護してもらう…というケースが増えているようです。

服役中も年金が振り込まれるようで、年金の免除申請や繰り下げ受給申請などもできるようです。

空前の人手不足により、出所後も仕事は見つかるかもしれない

最近はシャバが人手不足の影響もあり、昔に比べれば前科者でも仕事が見つかりやすくなってきているようです。

こちらの雑誌は前科者向けの求人を扱っており、少年院や刑務所にも置いてあるようです。

『Chance!!』閲覧・購読 | 非行歴・犯罪歴のある方の採用・教育支援|(株)ヒューマン・コメディ (human-comedy.com)

まぁ仕事も住むところもなく出所しても、また戻ってくるのがオチですからね。

むしろこういった状況の人のほうが、出所後の就労や生活支援などもしてもらいやすい傾向にあります。

 

こんな状況にならないに越したことはありませんが、無一文で失業して死ぬか生きるか…というところまで追い込まれたら、生き残るためにはやらざるを得ない時もあるかもしれません。

今回なんとか凌げたら、徹底的に貯金をしておくべき

Joshua_Willson / Pixabay

 

貯金がないと、今の貴方のように無一文で失業、収入のアテなし……みたいな絶望的な状況に陥ってしまいます。

今の世の中、何が起こるかわかりません。

名だたる大企業でも公然と数百人~千人以上の大規模リストラを行ったりします。

酷い場合はいきなり何の前触れもなく会社が倒産、新聞の朝刊で自社の倒産を知った…みたいな人もいます。

 

そういった不測の事態が起こったとしても、なんとか生きながらえることができるのが貯金です。

もし今の状況を切り抜けることができたら、ムダな出費は一切省き、貯金に励んだほうがいいでしょう。

これからは更に税金や社会保険料の増税が予想されているため、無駄遣いしていては更に生き残れなくなっていきます。

まとめ

無一文で失業してしまうと、本当に死にかねません。

昔ならばみんな農家をしていましたから、カネがなくても食うには困りませんでしたが…。

今はすべてが金でやりとりされる時代ですから、カネがなければ住むところも食料も手に入りません。

 

まぁ幸い最近は昔に比べてお金を稼ぐ手段も増えてきていますし、失業しても何らかのお金も稼ぎやすくなってきています。

そのままの状態が続くと本当にやばいので、早めに動いておくと良いでしょう。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

テキストのコピーはできません。