40代で再就職できない時の8つの対処法!これで早く生活を立て直せ!

 

  • 40代だけど再就職できない!
  • 箸にも棒にもかからない!

そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

やはり40代以降などの中高年になってしまうと、正社員として再就職するのはかなり難しくなってきますね。

私の周りにも40代50代などでリストラされたり希望退職に応じた人がいますが、その後再就職できなかったり、再就職できたものの著しく年収が下がり苦しい生活を強いられている方が多いですし。

まぁ大抵は非正規雇用などで年金がもらえるまで食いつなぐ人が多いですね…。

この記事では40代で再就職できない時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ14の方法!

40代で再就職できない!どうしたらいい?

あなたのように40代で再就職できないというのは、珍しくありません。

というかまぁ40代以降の中高年の方ですと、再就職は相当に難しいですね…。

まぁ最近でこそ人手不足の影響で以前よりはやりやすくなってきているのは事実ではありますが、

まだまだ年功序列でそれなりの年齢の方にはそれなりの待遇で示さないといけない企業が多いため、若者に比べて敬遠されてしまう傾向にあります。

頭も固くなって頑固な方が多いですからね…。

40代で再就職できない時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

これまでの経験業界、職種に絞って仕事を探す

40代となると未経験で仕事を探すのはかなり難しくなってきます。

そもそも30代ぐらいになった時点で未経験で仕事を探すのはかなり難しくなってきますからね。

特に40代以降となると頭も固くなっているでしょうし、素直じゃない人も多いので、企業側から敬遠される傾向にあります。

 

なので、これまでの経験業界や経験職種に絞って仕事探した方が良いかもしれません。

即戦力と言えるほどの知識がある業界や職種であれば、企業側としても安心して採用しやすい傾向にあります。

こういった傾向にありますので、総合職などで「これをやっていました」とアピールできない仕事よりは、アピールしやすい専門職種などの方が40代以降の転職では有利な傾向にあります。

仕事の多い他の都道府県でも仕事を探す

40代で再就職できないと考えている方の場合、地方在住の方も多いのではないでしょうか?

地方ほど仕事が少ない傾向にありますし。

特に中高年で正社員の仕事探そうとしても仕事の絶対数自体が少ない傾向にあります。

 

大変な道ではありますが、仕事の多い他の都道府県でも仕事を探してみるというのも手段の一つです。

特に東京などの都会であれば、有効求人倍率も2倍を超えていますし。

仕事を探している人よりも仕事の数の方が圧倒的に多いです。

チャンスが多いということですので、40代でも再就職しやすい傾向にあります。

まぁ今から上京しろなんていうの難しい話だと思いますが…。

隣の都道府県の仕事も探したりしていくことはできますよね。

そうやって仕事を探す範囲を広めていけばチャンスが広がっていきます。

あまりに落ちるなら、これまで通りの待遇で正社員は諦めるべきかも…

やはり四十代で再就職するというのは、難しいと言わざるを得ません。

深刻な人手不足に陥っているような業界であれば、中高年以上でも割と正社員採用されているケースは多いですが…。

やはり年収はかなり下がりますし、これまで通りの待遇年収がもらえるような会社の正社員は正直諦めた方がいいと思います。

 

だからこそ「希望退職には応じるな」なんて意見が根強く残っている訳ですが…。

単純に年功序列で給料が上がってるだけで、身の丈に合わない給料を貰っているだけの方がこの国にはあまりに多いですからね。

再就職できないということは、残念ですがあなたの実力はそういうことです。

ちゃんと会社に利益をもたらしてくれる存在であれば、四十代だろうが六十代だろうが重宝されますからね。

人生諦めも肝心だと思います。

 

まぁ40代となると子供の教育費を抱えていたり住宅ローンの支払いがあったりしてなかなか難しいと思いますが…。

そちらも諦める方向で考えた方が良いかもしれません…。

不人気な人手不足業界なら40代未経験でも正社員狙える

人手不足で再就職できないとは言いましても、これも業界によると思います。

深刻な人手不足に陥っている業界であれば、有効求人倍率5倍以上とか10倍近いものもありますし。

そういった業界ですと、40代以上の未経験の方でも正社員再就職は狙いやすい傾向にあります。

 

具体的には

  • 介護業界
  • タクシー業界
  • 運送業界
  • 飲食業界
  • 清掃業界

などなど。

 

特にタクシー業界なんてあまりに人手不足で、60代未経験の新人とかいたりしますからね。

40代の再就職が厳しいのは事実ですが、そういった業界であれば可能性は十分あります。

まぁこれまで通りを年収を見込むのはかなり難しいですが…。

正社員を諦めるならせめて社会保険に入れる職場を探す

40代の再就職となるとやはりかなり難しい傾向にあります。

正社員を諦めて非正規雇用の仕事は探し出す人も多いですね。

幸い最近は人手不足の影響もあり、バイトやパート契約社員派遣社員などの非正規雇用の仕事であれば、はいて捨てるほどありますし。

 

ただ正社員を諦める場合は、せめて社会保険に入れる職場を探した方がいいと思います。

未だに非正規雇用は社会保険に入れないと勘違いしている人が多いですが、最近は法律が改正されたこともありバイトやパートでも条件も満たせば、社会保険に加入する義務ができましたからね。

40代となるとそろそろ老後が見えてくる年齢ですので、厚生年金がかけられた方が絶対いいです。

社会保険に入れれば怪我や病気で働けなくなっても最長1年6ヶ月傷病手当金が出ますし、失業保険をもらえますからね。

幸い人手不足の影響で、社会保険どころかボーナスや退職金制度などがある非正規雇用の仕事も増えてきています。

職業訓練を受けて失業保険を延長してみる手も

四十代で再就職用意できない方の場合、これから先どうしたらいいのか途方に暮れている方が多いと思います。

失業保険はもらっているかもしれませんが、そろそろ支給が打ち切られるところまで追い込まれている方も多いと思います。

そういった方の場合は、職業訓練でも受けて失業保険を延長してみるという手もありますね。

 

失業保険は職業訓練を受ければ訓練期間中は延長してもらうことができます。

私も以前職業訓練校に通っていたことがありますが、そこでも失業保険は延長するために通っていた方もいましたし。

 

業界によっては四十代五十代でも採用されたりしますからね。

私は介護の職業訓練校に通っていましたが、四十代以上の方でも正社員になっていた人はいましたね。

とりあえずこういった所に通って今後のことを考えてみるのもいいと思います。

住宅ローンや子供の教育費は諦めも必要かも…?

四十代となると住宅ローンを抱えていたり子供の教育費がたくさんかかる年齢です。

なので、以前の職場並みの給料は稼げないとかなり厳しい方が多いと思いますが…。

これについてはもう正直諦めることも必要はなのではないでしょうか?

四十代の再就職はかなり厳しいですし、正社員で再就職できたとしても正直年収はあまり良くないです。

 

前の職場の稼ぎが続くことが前提で住宅ローンを組んでいる場合は、リスケして住宅ローンの返済プランを考え直すか、いっそ任意売却でもして住宅の返済に充てるとか考えた方がいいと思います。

まぁそれでもローンは残ると思いますが…。

まだまだ残債がたくさんある場合は本気で考え直した方が良いかもしれませんね。

40代で仕事をなくしてしまうと、これまでの最高年収を超えることは相当に難しいと言わざるを得ません。

場合によっては子供の進学を諦めさせたりする必要はあると思いますね。

転職エージェントに相談してみる

あとは1人であれこれ考えていたところで、どうにもならないかもしれません。

いっそのこと転職のプロに相談してみた方が良いかもしれません。

一般的なルートで仕事を探すよりも、エージェント経由の非公開求人で仕事探した方が仕事が多い傾向にありますし。

 

40代の方であれば、これまでの経験業界職種でかなり経験を積んできた方が多いと思います。

その経験を欲しいと考えてくれる企業もたくさんある可能性があります。

そういった企業とマッチングさせてくれる可能性も高いですね。

その方が今より高い年収をもらえる企業を探せる可能性があります。

⇒転職成功実績№1!良い会社探すなら【リクルートエージェント】

今なら仕事多い!一日でも若いうちに再就職を

40代で再就職が難しいと言うのは言うまでもありませんが、幸い今は人手不足になっている会社が多いです。

有効求人倍率も高止まりしていますし、正社員の有効求人倍率も一倍を超えています。

帝国データバンクの2019年の調査によれば、半数以上の企業が正社員が足りていないと回答していますからね。

まぁそれでも40代以上となると、ネットなどを見ていても「全然受からない」という意見も多いので難しいのは事実ではありますが…。

今再就職できないようであれば一生無理!位にはチャンスです。

1日でも若いうちに再就職できるように動いていった方がいいでしょう。

 

無職でもホワイト企業に入社したい!?…今なら可能です!

 

無職となるとなかなか仕事が見つからず、「ブラック会社でも受けるしかないかなあ」とネガティブになりがちです。

一般的なルートで仕事を探すと、薄給激務のブラック会社ばかりですからね…。

 

ですが今は有効求人倍率が高止まりしているため、待遇のいいホワイト企業に入社するなら今がチャンスです!

「もう年齢的に転職は厳しいよ」という方もおられるでしょうが、今は労働人口も急速に減少している上、少子高齢化のせいで日本人の平均年齢は46歳を超えました。

正社員の有効求人倍率も一倍を超えており、帝国データバンクの2018年の調査によると、半数以上の企業が「正社員が足りていない」と回答しています。

最近は労働環境が比較的良い会社でも人手不足で「すぐに来て欲しい!」という会社が多く、時間に融通の利く無職の方のほうが採用しやすいという会社もあります。

在職中の方は引き止められたり入社が遅れたり、他に行ってしまったりするので、無職でもあまり卑屈になる必要はありません。

 

「待遇のいいホワイト企業に入社して、無職を脱出したい!」という方にお勧めの転職支援サービスはこちら!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

■MIIDAS(ミイダス)

MIIDASあなたの転職市場価値を診断できるアプリ。

「無職の俺に転職なんて無理かなぁ」と諦めている方は、一度診断してみると良いでしょう。

特に最近は少子高齢化による人手不足で人材が減っているため、無職の方でも案外市場価値は高い可能性があります。

登録するだけでも勝手にオファーが来るので、気楽に転職活動を始めたい人にお勧めです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

■キャリアスタート

キャリアスタートフリーター、既卒、第二新卒に特化した若者向け転職エージェント。

正社員経験がない方でも、未経験から正社員になれる求人を紹介してくれます。

正社員経験がない方ですと普通のエージェントは仕事を紹介しづらい傾向にあるので、正社員職歴がない、非正規の職歴が長い方はこういった専門特化したエージェントを使うと良いでしょう。

 

基本は20代程度の若者向けですが、今は人手不足の会社が多く、フリーターも高齢化してきているため、それ以降の年代の方でも仕事を紹介してくれる傾向にあります。

⇒フリーター・既卒から正社員に!未経験から正社員目指すなら【キャリアスタート】

 

無職の仕事探し
この記事を書いた人
TK神戸@元無職

30代自営業。無職、大企業正社員、派遣、フリーターなどなど一通り経験しました。バイトも含めれば経験20社以上、無職で貯金ゼロ状態も経験。
無職でもお金を稼ぐ方法や制度を知っていれば生き残れる可能性が上がります。無職状態でも希望を持てるメディアを目指しています。

TK神戸@元無職をフォローする
TK神戸@元無職をフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。