引きこもりがバイトを探したい!ヒキニートにおすすめのバイトを教えます

 

  • 引きこもりだけどバイトを探したい!
  • 引きこもりでも務まるようなバイトが知りたい!

そういった悩みをお持ちの引きこもりの方は今の御時世珍しくないと思います。

 

最近はニートやひきこもりの方が増えてきているため、あなたのような悩みを持つ方は少なくありません。

内閣府の調査によると、2021年のニート総数は75万人、ひきこもりは2018年時点で約115万人で、そのうち中高年ひきこもりは61万人となっています。

ですが引きこもりとはいえ、お金がなくなったら働かなくてはいけません。

若いうちならばいいですが、ある程度以上の年齢になると働いていないときつくなってきますからね。

とりあえずバイト程度でもいいから仕事を探して、社会復帰していきたいのかもしれません。

 

しかしひきこもりとなると体力なども落ちているでしょうし、務まる仕事と務まらない仕事があるかもしれません。

この記事では、引きこもりにおすすめのバイトを解説します。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

ひきこもりでバイトを探す人は少なくない

最近はあなたのように、ひきこもりでバイトを探そうとする人は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

私は10年来のひきこもりの後にバイト探しした時、ワ○ミに落ちたけど結果それでよかった気がする

 

年単位でひきこもりしてたから自力でバイト探しは無理😭ってやっと諦めついたねん。通う練習からしないと無理😇昔当たり前に出来てたことができなくなると結構落ち込むけど仕方あるめぇ。福祉は頼ってなんぼやで。

 

バイト探しに行ってくる。
脱ひきこもり

 

ひきこもりニートだけどバイト探し難易度高すぎないか?

こんな意見が散見されますね。

ひきこもりとなると仕事探しに恐怖心を抱いている人も多いですから、なかなか厳しいかもしれません。

引きこもりならコンビニの夜勤のバイトもおすすめ

引きこもりのお方がバイトを探し出して社会復帰の意欲を見せていることはとても素晴らしいことだと思いますが…。

やはり何の仕事をするかはよく選んだ方がいいと思います。

そこで向いていない仕事を選んでしまったら、長続きせずに辞めてしまうかもしれませんし。

 

ひきこもりの方の場合はコンビニの夜勤のバイトなどがお勧めかもしれません。

というか私もコンビニでバイトをしていたことがありますが、実際元引きこもりの方などが働いていましたし。

まぁコンビニは覚えることもあるので結構大変ですが。

接客業などなので、引きこもりには向いていないと思われがちですが。

 

特に夜勤となると元引きこもりのような方も多いですし、あまりコミュニケーションが得意ではない人も多いです。

特に最近はコンビニなんて人手不足ですから、夜勤も採用されやすいです。

最近は客もコンビニの夜勤の店員ぐらいに大したことは求めていませんので、ひきこもりの方でもやることやってれば問題ありません。

コンビニのバイトは時給が安いですが夜勤ですと、比較的割増で高い傾向にありますからね。

引きこもりなら工場の短期バイトもオススメ

ひきこもりの方のオススメのバイト探しとなると、工場の短期バイトもオススメかもしれません。

特にコミュニケーション能力が低い方ですと、工場などはオススメです。

ただ正社員となると工場でもパートさんを使う機会なども出てきてある程度のコミュニケーションを求められる傾向にありますが…。

工場の短期バイト程度であれば、あまりコミュニケーション能力は問われませんからね。

 

特にパン工場の短期バイトなどは、黙々とライン作業でやっていくだけですからね。

コミュニケーション能力よりは、忍耐力とか妄想して時間を潰すスキルの方が重要です。

私もやったことがありますが仕事自体は速攻で覚えられましたし。

ただ辛かったので3日ぐらいでやめてしまいましたが…。

ひきこもりの方となると引き込もれる忍耐強さを持っているわけですから、向いているかもしれません。

⇒面接無し履歴書不要!すぐにスキマ時間に働ける単発バイトアプリ【シェアフル】

引きこもりなら清掃のバイトもおすすめ

引きこもりのようなコミュニケーション能力が低い方の場合は、清掃のバイトもおすすめです。

最近は特に人手不足なので、色々な清掃のバイトが募集されていますね。

  • 飲食店の早朝清掃バイト
  • 公共施設の清掃バイト
  • ホテルの客室清掃バイト

などなど。

私もそういった清掃のバイトは経験したことがありますが、元引きこもりのような方やニートの方もいましたね。

あまり話さなくても黙々と清掃作業を行っていくだけですから、あなたのようなひきこもりの方にも向いているかもしれません。

 

っていうか私が客室清掃のバイトを以前していた時は、ガチで10年以上引きこもっていたような方もいらっしゃいましたね。

あまりの人手不足で従業員の人がコネで無理矢理働かせるために連れてきたみたいでしたけど…。

それでも結構務まってましたから、何とかなると思います。

ひきこもりで人間関係が苦手なら新聞配達などもおすすめ

やはりあなたのように引きこもりの方ですと、人間関係が苦手な方が多いと思います。

黙々とやっていくようなバイトの方が向いている場合が多いかもしれません。

そういった人の場合は新聞配達のバイトなどが向いているかもしれません。

配るだけの新聞配達のバイトであれば、それほど人間関係はありません。

元引きこもりのような方もいらっしゃいますからね。

 

ただ集金や新規開拓の仕事をさせられるところはやめた方がいいと思います。

あくまで配達するだけのバイトがいいですね。

最近は人手不足で朝刊のみとか夕刊のみとかので働けるところもありますし。

それでも月に数万円ぐらいは稼げる傾向にありますね。

やってみるのもいいかもしれません。

引きこもりの場合ネットでバイトをしてみるのも手段の1つ

あなたのように引きこもりの方でバイトを探している方も珍しくないと思います。

社会復帰を欲を出したのはとてもいいことだと思いますが…。

やはりずっとひきこもっていた方がいきなりバイトとはいえ、働き出すのは結構厳しいかもしれません。

特に最近は人手不足に陥っている会社が多く、ギリギリの人員で回している会社が多いですからね。

特に最近はバイトなどにやらせるような単純作業ほど人手不足できつくなってきていますし。

 

幸い最近はネットなどでも手軽にバイトができるようになってきていますからね。

引きこもりの方でしたら、長時間引き込もれる才能がある訳ですから、ネットでバイトをして稼いでみるのもいいかもしれません。

月数万円とか10万円ぐらいであれば、頑張れば充分稼げます。

最近はそうやってたくさん稼いでひきこもりでも法人化して会社にしている人もいますからね。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

社会復帰していくつもりなら、職業訓練校でお金を稼いでみるのも手段の1つ

あなたのように引きこもりの方でバイトを探している方も多いと思いますが…。

これまで長らく引きこもっていた方が突然バイトをしようとしても長続きしない可能性もあります。

特に最近はブラックな会社も増えてきていますし、人手不足に陥っていてギリギリの人員で回している会社も増えてきていますからね。

なかなか厳しくなってきている会社も多いんです。

 

そういった方の場合は、とりあえず生活習慣を正したり体力を付けたりするためにも社会復帰のリハビリから始めた方がいいかもしれません。

幸い国が職業訓練校などを設けていますし、入学金や授業料はほぼタダで通える訓練校が多いです。

しかも条件を満たせば、月10万円の職業訓練受講金をもらうことができますからね。

資格やスキルをほぼタダで身につけることができつつお金までもらえる可能性があるんです。

ひきこもりでバイトを探しているのであれば、とりあえずこういった所に通って社会復帰のリハビリから始めていくのもいいかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

幸い今なら仕事は多く、ひきこもりでもバイト程度はすぐ見つかる傾向にあるので

あなたのように引きこもりの方が一念発起してバイトを探し出し出そうという意欲を見出していることは素晴らしいことだと思いますが…。

幸い今は仕事はたくさんありますので、ひきこもりの方でもあなたさえやる気を出せば、仕事は見つかる傾向にあります。

特にバイトなんて深刻な人手不足に陥ってきていますからね。

今は外国人なども積極的に活用しないといけなくなってきていますし、選ばなければひきこもりでも何かしら仕事は見つかります。

⇒面接無し履歴書不要!すぐにスキマ時間に働ける単発バイトアプリ【シェアフル】

まとめ

最近は本当に人手不足の会社が多いので、ひきこもりの方でもバイトぐらいはすぐに見つかる傾向にあります。

引きこもりの方がバイトでも働き出す意欲を出したということはとても素晴らしいことだと思いますが…。

やはり最近はブラックなバイトも増えてきているんですよね。

そもそも人手不足でギリギリの人員で回している会社が多いからですが…。

まぁ特に引きこもりの方なんてコミュニケーション能力も低下していて体力も低下していますし。

どんなバイトをするかよく考えた方がいいかもしれません。

 

まあそう言っても今は仕事はたくさんありますからね。

ブラックなバイトでもすぐ辞めても仕事なんて見つかりますし。

まあダメで元々ぐらいで色々と挑戦してみるのもいいかもしれません。

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

 

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方にお勧めのサービスはこちら!

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

ひきこもり
mushokuをフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。