ひきこもりニートが立ち直るきっかけ11パターン!きっかけが欲しいなら一歩を踏み出そう

 

  • 引きこもりニートだけど立ち直りたい!
  • 引きこもりが立ち直るきっかけが知りたい!

そんな悩みをお持ちの方も今のご時世珍しくないと思います。

 

特に最近は無職やニートの方も増えてきています。

特にひきこもりの方も珍しくなく、中高年のひきこもりだけで数十万人程度いるといわれていますからね…。

ただそのままずっとひきこもっているわけにもいきませんし、お金がなくなったり親が亡くなったりすれば、その後どうするんだという問題もあります。

なんとか立ち直りたいのが本音かもしれませんが、きっかけが必要かもしれませんね。

 

引きこもりニートが立ち直るきっかけとしてよくあるパターンをについてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

ひきこもりが立ち直るきっかけはどんなパターンがある?

何年も引きこもっていた人が突然一念発起して立ち直って社会復帰!なんていうのはかなり珍しいと思います。

大抵は何かしらきっかけがあって、立ち直らざるを得ない状況になったり、立ち直りたいと考えて状況が好転するケースが多いと思います。

引きこもりが立ち直るきっかけのパターンについてまとめてみましたので、自分の状況と照らし合わせて参考にしてみてください。

親が高齢で体が弱くなった

引きこもりとなると実家で親に養ってもらっている人が多いと思います。

ただ親は確実に子供よりも早く死にますし、いつまでも健康でいるというわけにはいきません。

こんなページを見ているひきこもりの方ですと、中高年以上の方も多いかもしれません。

最近は8050問題と言って、80代の親と50代の高齢の引きこもりが問題になってきているんです。

親が高齢になり体が弱くなってきたので、このままひきこもっているわけにいかないと考えて社会復帰を考えるパターンです。

 

実際私の実家の近所でも、親が病気で入院したことをきっかけにパートで働きだして立ち直った人もいらっしゃいますし。

結局こうやって「このまま引きこもっていったら生活できない」という危機感を感じないと、なかなか立ち直ることは難しいのではないでしょうか?

親が亡くなった

親が病気になっても生きていればまだマシかもしれませんが、親が亡くなってしまうのもパターンとしては珍しくありません。

まぁ親は確実に子供よりも早く死にますからね。

引きこもりとなると収入もありませんので、親に経済的に依存して養ってもらっている人が多いと思います。

親が亡くなってしまうと、食費すらなく生活していくことができないんですね。

親が亡くなったことで家の収入がなくなりやむなく生きる為に立ち直るパターンです。

 

親に多額の遺産があったり生命保険をかけてくれていた場合は、親が亡くなっても生活できるので立ち直るきっかけにはならないかもしれませんが…。

そんな裕福な家庭ばかりでもありませんからね。

大震災に巻き込まれた

あとは大震災に巻き込まれたことがきっかけで引きこもりから立ち直るというケースも珍しくありません。

特に阪神淡路大震災や東日本大震災の時に、ひきこもっていた家が倒壊したり流されてしまい、立ち直らざるを得なかったというケースも珍しくありません。

引きこもりだろうが真面目に働いていた人だろうが、こういった天変地異に巻き込まれてしまうと、等しく被災者として扱われます。

協力して復興のために立ち上がっていかないといけないので、それまで引きこもっていたような人でも立ち直るきっかけになりやすいんですね。

 

実際ひきこもりだったけど大震災をきっかけに立ち直ったという人はネットを見ると結構いらっしゃるようです。

不幸なことではありますが、本人にとっては立ち直るいいきっかけになったということで何が幸いするかわかりません。

少しでも家を出るところから始めた

あとは何か突然猛烈に価値観を変えるきっかけがあったという訳ではなく、少しずつ1歩を踏み出し変えていった人が多いと思います。

それにはひきこもっているばかりではなく、少しでも家を出るところから始めたケースが多いですね。

まぁ引きこもりと一言で言っても完全に家から出ずにこもっている人ばかりではなく、コンビニ程度であれば外出できたり、趣味のイベントなどには足を運んでいる人も多いんですが…。

そういった風でもいいからあまり家にこもらずに、少しずつ外に出始めたり少しずつ働くところから1歩を踏み出して行った方が恐らく多数派だと思います。

何かきっかけを待っていてもなかなか人生は変えられませんが、確実に今日1歩を踏み出せば立ち直るきっかけになるんです。

家を追い出された

あとはひきこもっていて家族に愛想をつかされて家を追い出されてしまったなんていうケースも珍しくありません。

家を追い出されてしまうとひきこもる家もなくなってしまいますので、何とか立ち直るために働かざるを得ないんですね。

というか立ち直ろうが立ち直るまいが働かないと生きていくことができませんので、何とかして日雇いでもいいから働く羽目になります。

かなり荒療治ですが、こういった方法で立ち直っている方も多いようですね。

職業訓練を受けた

無職の方であれば、職業訓練をほぼ無料で受けることができます。

入学金や授業料はほぼタダで、テキスト代1万円前後とかだけの自己負担で通うことができます。

私も以前無職だった時に職業訓練を受けることで再就職を果たしたことがあります。

 

クラスメートには何年もニートしていたり引きこもっていたような方もいらっしゃいましたが、職業訓練に通うことがきっかけで普通に働き出してその後正社員になっていましたね。

やはりひきこもりの方が突然フルタイムで社会復帰できたとしても、続けていくのはなかなか難しいと思います。

こういった所に通って社会復帰のリハビリをしていけば立ち直るきっかけになりやすいかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

お金がなくなった

あとは単純にお金がなくなってしまい生活できなくなったから立ち直らざるを得なかったという方も珍しくありません。

引きこもりやニートの方でも、以前は働いていて自分の貯金でほぼ引きこもり生活をしているような方もいらっしゃいますし。

実家で引きこもりをしている方でも、よほど裕福な家でなければ親が年金暮らしだったりするとお金がなくなって子供に頼らざるを得ない状況になってしまいます。

お金が必要になり働かざるを得なくなって立ち直るパターンですね。

結局はこうやって追い込まれないとなかなか動き出すのは難しいのかもしれません。

ネットでお金を稼いだ

あとはひきこもりから立ち直るというか、今はネットの発達によって引きこもりながらでもお金が稼ぎやすい時代です。

引きこもりつつネットでお金を稼いで社長になったなんていう方もいらっしゃいますし。

ネットでお金を稼いだことがきっかけでお金のある引きこもりになり成り上がるパターンです。

 

お金を稼げるようになった後も引き続き引きこもっているような方もいらっしゃいますが、お金を稼ぐようになると自信もつきます。

税金の申告や仕事関連の情報収集などで忙しくなって外に出始めるパターンが多いようですね。

この資本主義社会の世の中ではお金を稼げる人は一目置かれますし凄いと思われますので、ひきこもりでも大いに自信がつく傾向にあるんです。

 

あなたもこの方法で立ち直りたいと考えているのであれば、稼いでみるのも良いかもしれません。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

病気で入院した

引きこもりとなると運動不足になりますし、食生活もめちゃくちゃになってしまっている人も珍しくありません。

そんな生活を長くしていると、当然ながら病気にもなってしまう傾向にあります。

引きこもりとなると家族以外の人と全く会わない生活になりがちです。

ですが病気で入院したことがきっかけで医者や看護師、同じ部屋の入院患者などと関わらざるを得なくなり、それが立ち直るきっかけになるなんていうケースもあるようです。

強制的に人と関わらざるを得なくなるわけですね。

 

あとは命の危険があるような病気で死にかけたりすると死生観が変わったりするケースも珍しくありません。

ひきこもっている場合じゃない、人生は短いということを悟り、それをきっかけに生き方が変わるパターンです。

食生活を改善した

あとは食生活を改善したことがきっかけで内面が変わって、性格も変わってしまうなんていうケースも珍しくありません。

人間に限りませんが、生物は食べたもので体が構成されている訳です。

食べるものを変えれば当然性格や内面も変わってきます。

 

特にひきこもりの方ですとお金が無い傾向にありますので、ジャンクフードや安い炭水化物ばかりの食事で済ましているケースも珍しくありません。

炭水化物しか食べないと血糖値が爆上がりで急激に下がる血糖値スパイクなどが起こり、糖尿病にもなりやすくなってしまいます。

最近はうつ病などの精神疾患も増えているようですが、こういった血糖値の乱高下がメンタルに悪影響を与えているという面は十分あります。

野菜やたんぱく質を食事で増やしたりすれば、血糖値も安定したりメンタルも上向く傾向にあります。

 

特にタンパク質が足りていない人ですと、生活の活力も大幅に下がるという統計結果もあるようです。

嘘か本当か、肉食メインにしたら引きこもり改善したなんていうケースもあるようですね。

私も健康のために食生活をがらっと変えたら性格まで大幅に変わってきたので、こういった面はあると思います。

趣味に目覚めた

あとは趣味に目覚めたことがきっかけで引きこもっているのがもったいなくなって、活動的になるというパターンもあります。

なんの趣味をやるかにもよりますが結構お金がかかったりしますし。

趣味で人生楽しむために働き出すなんていうケースも珍しくありません。

遊ぶ金欲しさに労働に手を染めるパターンですね。

これならばポジティブな理由なので、かなり良いことだとは思います。

まずは小さな一歩を踏み出そう

引きこもりが立ち直るきっかけとしては色々あるとは思います。

ただきっかけを待っているだけでは何も変わりませんし、都合よく何かが起こるというわけでもないでしょう。

結局は自分が1歩を踏み出してきっかけを作っていく必要があると思います。

 

まぁ突然1足飛びにやろうとしても挫折してしまいますからね。

まずは小さな1歩を踏み出していけば少しずつでも周りの状況が変わっていくと思います。

まぁ動き出すにしてもお金は必要になってくることが多いので、ネットなどでとりあえず小銭程度でもいいから稼いでみるのも良いかもしれませんね。

今はネットでも色々と稼ぎやすい方法がありますし。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

無職でもスマホで数万円~10万円程度なら稼げます!

 

無職となると収入もなくなってしまうため、「お金がなくてヤバい!」という状況になりがちです。

失業保険も大した金額ではありませんし、貰える期間も短いですからね…。

ですが最近はネットの発達によって手軽にお金が稼ぎやすくなってきているため、スマホでもお小遣いを稼ぎやすくなってきています!

外にバイトに行くよりは、手軽に片手間で稼げるのは嬉しいですね。

 

特にポイントサイトを使えば、無料会員登録や口座開設などの案件をこなすことで、一時的に数万円~10万円程度なら稼げます。

ポイントサイトは、無料会員登録や口座作成などの広告案件をこなすことで、企業側もポイントサイト側も儲かり、あなたも稼げるという三方良しの仕組みです。

Tポイントや楽天ポイントなどに交換して使うのであれば、失業保険受給中でも収入にあたらない可能性が高いです。

不安であれば、失業保険受給中はポイントを貯めておき、受給が終了してから現金やポイントに交換すれば良いでしょう。

 

「無職でもネットで手軽に稼いで、生活を楽にしたい!」という方にお勧めのポイントサイトはこちら!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

■モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

業界トップクラスの最強ポイントサイト。

他社ポイントサイトに比べて還元率が高く、案件数も業界最大級に多いのがメリットです。

この業界はポイントを貯めても換金できない詐欺ポイントサイトが多いですが、東証一部上場企業のセレスが運営しているため、確実に換金できるので安心です

私も何度も換金していますし、安心して利用できます。

 

FX口座作成やクレジットカード作成などの高額案件をいくつかやるだけでも数万円~10万円前後は稼げます。

稼げないネット内職が多い中、やれば誰でも稼げますので、無職でお金に困っているなら気楽に始めると良いでしょう。

gmailなどのパソコンのメールアドレスでも登録できますが、スマホなどのキャリアメールアドレスで登録するとスマホ向けの稼げる案件もできるようになるのでお勧めです。

⇒月5万円の副収入ゲット!最強ポイントサイト【モッピー】

ひきこもり
この記事を書いた人
TK神戸@元無職

30代自営業。無職、大企業正社員、派遣、フリーターなどなど一通り経験しました。バイトも含めれば経験20社以上、無職で貯金ゼロ状態も経験。
無職でもお金を稼ぐ方法や制度を知っていれば生き残れる可能性が上がります。無職状態でも希望を持てるメディアを目指しています。

TK神戸@元無職をフォローする
TK神戸@元無職をフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。