引きこもり生活は最高な5つの理由!最高に快適な引きこもり生活を送る方法はこれ!

 

  • 引きこもり生活最高!
  • 引きこもりって悪く言われてるけど最高だよねw

そんな考えをお持ちの方は珍しくないと思います。

 

どうも。

たびたび無職で引きこもり生活を送り、大企業正社員やフリーター自営業などの経験を持つTK神戸@元無職です。

 

私も度々仕事を辞めて無職生活を送ってきましたが、無職になると会社に行かなくてもいいので自然と家で過ごすことが多くなり、引きこもり生活に陥ってしまう傾向にあります。

最長で2週間全く外に出ずに過ごしたこともありますね。

まぁガチの引きこもりの方ですと数ヶ月単位で外に出てなかったり、もう何年も外に出ていない方もいるでしょうから、私の引きこもり経験なんて甘いものだと思いますが…。

 

ですが引きこもり生活というのは、最高なんですよね。

私も引きこもり生活から得たものはたくさんありますし、また機会があればひきこもってコンテンツを消費したりネット漬けの生活を送りたいと思っています。

この記事では引きこもり生活が最高な5つの理由と、最高に快適な引きこもり生活を送るための方法についてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

引きこもり生活は最高な理由!引きこもりこそ人生の勝ち組!

世間的に言うと引きこもりというのは、ダメとか将来やばいとか言われていますが、基本的に引きこもることができる環境というのは最高だと思います。

昔であればいざ知らず、今は技術の発展で引きこもりながらでも快適に生活することができますからね。

決しておためごかしで言っている訳ではなく、心からひこもり生活は最高だと思います。

引きこもり生活が最高な理由についてまとめてみましたので、参考にしてください。

現代社会は引きこもりでもあまり生活に困らない

引きこもり生活が最高な理由として、現代社会はひきこもりでもあまり生活に困らないということが挙げられます。

今の時代はインターネットも発達していますし、様々なサービスも安く利用できるようになってきています。

お金は多少必要ではありますが、現代社会はひきこもりでもあまり生活には困らないんです。

ネット通販を利用すれば家にいながら買い物をすることもできますし、ネットで買った方が安い商品もたくさんありますからね。

ネットだけでもかなりの時間を潰すことができますし、ひきこもりでも娯楽に事欠くことはありません。

引きこもりはコンテンツを消費する時間がたくさんある

引きこもり生活が最高な理由として、引きこもりはコンテンツを消費する時間がたくさんあるということも挙げられます。

今の時代はインターネットの発達によって、ネット上には様々なコンテンツが溢れています。

  • YouTube
  • プライムビデオなどの定額制動画サービス
  • インターネットのwebサイト
  • SNS
  • スマホゲーム

などなど。

これらの膨大な量のコンテンツは、いくら引きこもり生活でネットやゲームに集中できる環境を整えたとしても、とても一生かけても消費しきれません。

 

毎日ものすごいスピードで新しいコンテンツが供給されていくため、とてもではないですが一生かかっても消費しきれません。

引きこもりはこれらのコンテンツを消費する時間がたくさんありますので、とても最高で贅沢ということができます。

外で働けばお金はたくさん稼げるかもしれませんが、コンテンツを消費したり楽しむ時間はほとんどなくなってしまいますからね。

引きこもりは面倒な人間関係がなく気楽

引きこもり生活が最高な理由として、引きこもりは面倒な人間関係がなくて気楽ということも挙げられます。

人間が生きていく上で一番の悩みといえばやはり人間関係です。

人間関係以外のことであれば、自分が頑張れば解決することができたり、時間が解決してくれるようなことも多いです。

しかし人間関係の悩みとなると、自分も変わることを求められたり、どうしようもなくて諦めながらなんとか接していかなくてはならなかったりしてとても苦しいです。

人間関係が原因で仕事を辞めたり、自ら命を絶ってしまう人も珍しくありませんからね。

 

しかしひきこもりであれば、そもそもあまり人に会わないので、人間関係の悩みからは無縁です。

「人は独りでは生きられない」なんて事を言われたりもしますが、極力人間関係を最低限にし引きこもっていけば、今の便利な時代ではできるだけ1人で生きることも可能ですよ。

煩わしい人間関係が苦手な人は、極力人間関係を避けて引きこもる方向で生きた方が、快適に生きられる気がします。

人間関係を楽しめる人もいれば、人間関係で消耗して弱体化してしまう人もいるのです。

引きこもりは生活費も最低限で済む

引きこもり生活が最高な理由として、引きこもりは生活費も最低限で済むことが挙げられます。

引きこもっていればあまりエネルギーも消費しないので、食費も少なく済む傾向にあります。

娯楽も家で出来ることと言えばネットやゲームぐらいに限られますので、あまりお金もかかりません。

ゲームはスマホゲームなどに課金しなければ、昔の中古のゲームなんてタダみたいな金額で投げ売りされていますから、かなりコスパのいい趣味です。

着る服も日こもっていれば適当なもので十分です。

ひきこもりの方は実家に住んでいたり、もしくはかなり安い激安物件に住んでいる方が多いでしょうから、住居費もあまりお金がかかりません。

 

これがアクティブに外に出ていくとなったら、無駄に外食費がかかったり宿泊費がかかったりして、いくらお金があっても足りなくなってしまいます。

「引きこもりは将来ヤバい」なんてことも言われていますが、そもそも引きこもりは省エネで低コストな生活を余儀なくされていますので、まぁ後々親が亡くなっても週に何日かバイトでもすれば生きていけるのではないでしょうか?

実家に住めて住居費を安くできるのであれば、私なら月に4~5万円もあれば将来への積み立てと共済もかけながら、快適に暮らせる自信があります。

3,600万円以下の相続財産であれば相続税はかかりませんので、実家暮らしの引きこもりの方は、毎年固定資産税だけ払えば引き続き実家に住み続けることができます。

引きこもりは外の世界で危険に晒されずに済む

引きこもり生活が最高な理由として、ひきこもりは外の世界で危険にさらされずに済むということも挙げられます。

家から外に出てると外には危険ばかりです。

  • 車に轢かれて事故の被害者になるリスク
  • 通り魔に襲われるリスク
  • 嫌な人間関係に遭遇するリスク
  • 感染症をうつされるリスク

などなど。

 

特に最近は新型肺炎が猛威をふるっていますが、あなたのような引きこもりの方には正直あまり関係ないのではないでしょうか?(笑)。

私ももともと引きこもり体質なので、普段から自粛生活を送っているようなものです。

引きこもっていればそれらの危険とは無縁に人生を送ることができますので、死ぬリスクも減らせます。

最高に快適な引きこもり生活を送るための方法はこれ!

引きこもり生活が最高な理由についてまとめてきました。

しかし単にひきこもりをしているというだけでは、実家暮らしで親の目がきつかったり将来が不安になってきてしまう傾向にあります。

まぁ引きこもりなんてたいしてお金がなくても生活出来る方が多いでしょうから、実家暮らしで仮に親が亡くなったとしても、別にちょっとバイトでもすれば何とかなると思いますけどね。

どうせよほど高額な資産がなければ、実家の相続で相続税なんてかからない人が多いですし。

最高に快適な引きこもり生活を送っていく為の方法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

運動は定期的に行う

最高に快適な引きこもり生活を送るための方法として、運動は定期的に行うということが挙げられます。

やはり引きこもり生活を送っていることの一番のリスクは、運動不足になってしまうリスクです。

人間も所詮動物ですので、毎日外に出て体を動かすように設計されています。

運動不足になってしまうと日光にも当たりませんので、メンタルが落ち込んだり免疫力が落ち込んだりします。

様々な生活習慣病のリスクも上がってしまうんですね。

運動不足で病気にかかってしまったら、「引きこもり最高!」なんて言っている場合ではなくなってしまいます。

 

幸いこんなページを見ているようなひきこもりの方でも、ガチで何年も外に出ていない、外に出られないようなガチの引きこもりはかなり少数派でしょう。

最近の統計結果によると、ほとんどのひきこもりはコンビニや趣味の用事程度であれば、普通に出かけている方が過半数を占めるといわれていますし。

なので、散歩程度でいいので外に出かけるようにしましょう。

外に出て運動する習慣をつければ、引きこもり生活にもメリハリが生まれ、家で過ごす引きこもり生活を最高だと感じやすくなります。

激安物件で一人暮らしするか実家暮らしの場合は親との良好な関係を保つ

最高に快適な引きこもり生活を送るための方法として、激安物件で一人暮らしをするか、実家暮らしの場合は親との良好な関係を保つということが挙げられます。

まぁ引きこもりの方の場合は、実家暮らしの方が多いと思いますね。

そこで親との関係が殺伐としていると、「引きこもり最高!」なんて言っている場合ではありません。

親に「早く働け極潰しが!」と事あるごとに言われたり、最悪の場合強制的に家を追い出されてしまうなんていうことも珍しくありません。

 

できれば家事ぐらいは手伝ったり、何かあれば親の手伝いをしてあげたりして、くれぐれも親との関係は良好に保つようにしましょう。

以前は働いていて貯金があるタイプの引きこもりの方であれば、激安物件を探したり、激安の空き家でも探して1人暮らしをした方がいいと思います。

その方が誰に気兼ねすることもなくひきこもり生活を送ることができますし。

ひきこもる時の住環境は極めて重要なので、住む環境については金銭的労力的コストをかけてでも、快適にするように努力した方がいいでしょう。

ネットでお金を稼ぐ

最高に快適なひこもり生活を送るための方法として、ネットでお金を稼ぐということも挙げられます。

やはり最高に快適なひこもり生活を送っていく上でお金は欠かせません。

ひこもりはあまり生活費はかからない人が多いと思いますが、それでも最低限の衣食住に使うお金は必要になってきます。

まぁあまり大金は必要ないかもしれませんが、月に数万円程度稼ぐことができれば、省エネ生活を送っているひきこもりであれば、貯金も確保しつつ最高に快適な生活を送っていくことができるでしょう。

 

幸い最近はネットでも手軽にお金が稼ぎやすくなってきています。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

まとめ

引きこもり生活が最高な理由や、最高に快適な引きこもり生活を送っていく為の対処法についてまとめてきました。

私も無職だった時は、ひきこもってネットやゲームなどに集中していましたので、最高でしたね。

まぁさすがに全く外に出ていないとなると嫌になってくるので、定期的に運動したり外に出ていくことは必要だと思いますが…。

 

あとは僅かながらでもお金を稼ぐことができれば、引きこもり生活は最強になります。

収入がある引きこもりというのは自営業者扱いになりますので、世間体も悪くありません。

引きこもりの低コスト体質であれば、わずかな収入でも生計を立てつつ将来への蓄えをしていくこともできるでしょう。

引きこもりで時間だけはあるのであれば、引きこもり生活を楽しみながらお金を稼ぐことを模索してみるのも良いかもしれません。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

無職でもスマホで数万円~10万円程度なら稼げます!

 

無職となると収入もなくなってしまうため、「お金がなくてヤバい!」という状況になりがちです。

失業保険も大した金額ではありませんし、貰える期間も短いですからね…。

ですが最近はネットの発達によって手軽にお金が稼ぎやすくなってきているため、スマホでもお小遣いを稼ぎやすくなってきています!

外にバイトに行くよりは、手軽に片手間で稼げるのは嬉しいですね。

 

特にポイントサイトを使えば、無料会員登録や口座開設などの案件をこなすことで、一時的に数万円~10万円程度なら稼げます。

ポイントサイトは、無料会員登録や口座作成などの広告案件をこなすことで、企業側もポイントサイト側も儲かり、あなたも稼げるという三方良しの仕組みです。

Tポイントや楽天ポイントなどに交換して使うのであれば、失業保険受給中でも収入にあたらない可能性が高いです。

不安であれば、失業保険受給中はポイントを貯めておき、受給が終了してから現金やポイントに交換すれば良いでしょう。

 

「無職でもネットで手軽に稼いで、生活を楽にしたい!」という方にお勧めのポイントサイトはこちら!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

■モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

業界トップクラスの最強ポイントサイト。

他社ポイントサイトに比べて還元率が高く、案件数も業界最大級に多いのがメリットです。

この業界はポイントを貯めても換金できない詐欺ポイントサイトが多いですが、東証一部上場企業のセレスが運営しているため、確実に換金できるので安心です

私も何度も換金していますし、安心して利用できます。

 

FX口座作成やクレジットカード作成などの高額案件をいくつかやるだけでも数万円~10万円前後は稼げます。

稼げないネット内職が多い中、やれば誰でも稼げますので、無職でお金に困っているなら気楽に始めると良いでしょう。

gmailなどのパソコンのメールアドレスでも登録できますが、スマホなどのキャリアメールアドレスで登録するとスマホ向けの稼げる案件もできるようになるのでお勧めです。

⇒月5万円の副収入ゲット!最強ポイントサイト【モッピー】

ひきこもり
この記事を書いた人
TK神戸@元無職

30代自営業。無職、大企業正社員、派遣、フリーターなどなど一通り経験しました。バイトも含めれば経験20社以上、無職で貯金ゼロ状態も経験。
無職でもお金を稼ぐ方法や制度を知っていれば生き残れる可能性が上がります。無職状態でも希望を持てるメディアを目指しています。

TK神戸@元無職をフォローする
TK神戸@元無職をフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。