無職ニートのありがちな末路5つ!最悪の未来を回避する方法もまとめてみたよ!

 

  • 無職ニートの末路ってやっぱり悲惨なの?
  • 無職ニートを長く続けているとどうなっちゃうの?

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

最近は無職ニートの方も増えているため、あなたのような悩みを持つ方は少なくないと思います。

総務省が2020年に発表した「労働力調査」によりますと、15~44歳の無業者(ニート)人口は108万人となっており、2010年の99万人から大幅に増加しています。

内閣府のひきこもり調査では、以前は正社員でバリバリ働いていた人が大多数で、退職を機にひきこもりニートになってしまった人が多いようです。

最近は本当にブラックな会社が多いですから、仕事についていけずドロップアウトしてしまい、無職ニートになってしまう人が少なくないんです。

 

しかしやはり無職ニートを長く続けてしまうと、末路は結構悲惨なことになってしまうかもしれません…。

この記事では無職ニートのありがちな末路と、最悪の未来を回避するための方法について解説します。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

無職ニートで将来の末路を不安に思う人は少なくない

最近はあなたのように、無職ニートで将来の末路を不安に思う人は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されますね。

世間では無職ニートなんて犯罪者扱いされることも多いですから、ネットで検索してもろくでもない情報しか出てきませんね…。

無職ニートのよくある末路とは?

無職ニートとなると収入もなく世間体も悪い傾向にありますので、あまり良い状態ではありません。

一時的にやるのであればいいと思いますが、あまり長期間無職ニートをしてしまうとだらけた生活リズムになってしまいますし。

あまりいいことではないと思いますね…。

無職ニートのよくある末路を解説しますので、自分の状況と照らし合わせて参考にしてみてください。

金がなくなり底辺職で社会復帰

無職ニートが長期化してしまったとしても今は人手不足のご時世なので、働く意欲さえあればなにかしら仕事は見つかると思います。

なので、無職ニートのよくある末路としてはお金がなくなって働かざるを得なくなり、底辺職で社会復帰するというパターンが多いような気がします。

最近は行政の財源もなくなってきたことで、生活保護も以前よりももらい辛くなってきていますし。

結局以前勤めていた会社よりも悪い条件で働かざるを得なくなってしまうというパターンですね。

まぁ仕事が見つかればとりあえず生活はできるので、末路というか比較的マシな方だと思いますが…。

 

まぁ底辺職なんていうと特定の職業をバカにしているような感じで、炎上したサイトもありましたが…。

実際世間の人たちは「勉強してこなかったからそんな仕事にしかつけないんだ!自己責任!」とか言ったりしますよね。

しかし最近は底辺だと言われがちなブルーカラー労働のほうが、若者がやりたがらず人手不足で、以前よりも給料が吊り上がってきているようです。

特に職人系の仕事はマジで若者がおらず日当が吊り上がってきていたり、介護職も都市部では人が集まらず、夜勤一回で三万円以上出す施設も増えてきているようです。

底辺職だから稼げないとは限りませんね。

親の介護が始まってしまう

あとは無職ニートをしている間に親の介護が始まってしまうというのはよくあるパターンです。

最近は日本は超高齢社会に突入して久しいですし、誰しも親の介護が降りかかる可能性があるんです。

親が年金をたくさんもらっていたり多額の資産を持っているのであればいいですが、そうではないと施設にも入りにくいですし、介護の費用も捻出できません。

そもそも最近は高齢者が多すぎる割に介護士も介護施設も不足しており、施設に入れない人も多いですからね。

そうなると在宅介護をせざるを得ないという状況になってしまいますし。

最近は介護と仕事が両立できずに介護離職してしまう方が年間10万人以上いると言われています。

 

無職ニートで親の介護なんてしていると働くこともできず、親の年金をあてにして生活していたら親がなくなって生活できなくなる…というのはよくあるパターンです。

それで親の死体を隠して年金を不正受給して捕まる…なんていうケースが増えてきていますね。

実家を追い出されホームレス

あとは長期間無職ニートをしている方ですと、実家で暮らしている方も多いと思います。

まあ最近は無職ニートだろうが独身の方ですと、実家で暮らしている方がかなり多いですが…。

それで生活費まで親に頼っていると、実家を追い出されてしまうケースも珍しくありません。

それでホームレスになってしまうパターンですね。

 

まあ比較的若ければ一時的にホームレスになってしまったとしても、仕事が見つかれば路上から脱出しやすい傾向にはあります。

ホームレス支援の団体などに相談すれば、一時的な物件やアパートなどを紹介してもらえますし。

まぁあんまり労働意欲がないようなパターンの無職ニートの方ですと、いっそこのくらいになった方が危機感をもてて本人にとってももしかしたら良いかもしれません。

しかしホームレス数は激減!NPOに相談すればシェルター入居できたり生活保護などに繋がりやすい

「無職ニートの末路はホームレス!」なんてのを期待している人には申し訳ありませんが、近年はホームレス数は激減しています。

厚生労働省の2022年度調査によると、全国の路上で生活する人の数は3,448人。同調査の15年前の人数18,564人と比べると、8割ほど減少しています。

バブル崩壊で失業者やホームレスが増えたことで、2002年に「ホームレス自立支援法」ができ、ホームレス対策を行うNPO団体などが増えたお陰です。

最近のホームレス対策のNPO団体は自前で即入居可能なシェルターを持っていたりするので、緊急避難的に入居させてもらえる場合が多いです。

最近はむしろ一旦ホームレスになってNPOに相談したほうが、生活保護申請に同行してもらえたりして通りやすい場合が多いようです。

 

私もホームレス支援団体にはたまに寄付したりしていますが、無職ニートで末路が不安な人は、もしもの時の相談先として知っておいたほうがいいかもしれませんね。

こちらの団体は私も寄付したことがありますし、有名なので比較的安心だと思います。

⇒自立生活サポートセンター・もやい |相談受付

⇒生活にお困りの方へ ホームレス状態を生み出さないニホンに|ホームドア相談受付

生活保護相談・住宅支援の相談は、NPO法人生活支援機構ALL(オール)へ (npo-all.jp)

酒や暴飲暴食に溺れ生活習慣病に

あとは無職ニートのお方ですと精神的に落ち込んでしまい、それを紛らわすために酒に溺れてしまう方も珍しくありません。

酒以外にも暴飲暴食してしまったりして、その割に運動不足で生活習慣病になってしまう方も珍しくありません。

実際長期間無職ニート生活をしている方ですと、糖尿病などになっている方は結構多いと思いますが…。

健康診断なども受けない傾向にありますので、発覚が遅れて取返しがつかないことになってしまうというのもよくあるパターンです。

無職ニートなのに昼から酒を飲む!酒浸りアル中ニート生活から抜け出す人生逆転策
無職ニートなのに昼から酒を飲む人は少なくありません。酒浸りアル中ニート生活から抜け出す人生逆転策を解説します。

 

まぁあまり食欲がないパターンの人ですと、そうはならないかもしれませんが…。

太っているタイプの無職ニートの方ですと、注意した方が良いかもしれません。

家族もおらず孤独死

あとは長期間無職ニートをしている方ですと、やはり独身の方が多いと思います。

これが結婚して子供がいる方ですと、生活費が高くなりがちですので、そんなに長期間無職ニートをすることができません。

結局本人の意思に関わらず早めに何かしら働かざるを得なくなってしまうんですね。

独身だからこそ生活費が低く長期間無職ニートをすることができるとも言えます。

 

ただ独身の方ですと、実家暮らしで親がまだ健在であればいいですが、そうではない方ですと家族もおらず孤独死してしまう方も珍しくありません。

孤独死なんて高齢者だけだろうと思われるかもしれませんが、最近は30代40代の現役世代の若者の孤独死も増えてきていますからね。

無職ニートですと交流する人もいなくなりがちで、決して他人事ではありません。

無職ニートの最悪の末路を回避するには?

やはり無職ニートなんて長く続けるものではないと思います。

あまり無職ニートを長く続けると社会復帰も難しくなってきてしまいますし、末路は悲惨なものになってしまう可能性が高いです。

 

ただ今ならば人手不足のご時世ですし、選ばなければバイト程度であれば、割とすぐ見つかる可能性はありますし。

業界によっては中高年以上の無職ニートの方でも正社員を目指せる可能性もあります。

なんとか無職ニートの最悪の末路を今からでも回避するための方法について解説しますので、参考にしてみてください。

バイトでいいから働く

無職ニートの最悪の末路を回避するには、シンプルに言えばとにかく働くことです。

まぁブランクが空いてしまっている人ですと、正社員になるのは結構難しくなってくるかもしれませんが…。

今は人手不足のご時世ですので、ブランクがある方でもバイトぐらいであれば、割と簡単に見つかる傾向にあります。

私の実家の近所に住んでいる四十代まで引きこもっていたような人でも、最近パートの仕事が見つかって働き出しましたからね。

労働意欲さえあれば、今はそもそも生産年齢人口自体が減ってきていますので、採用されやすい傾向にあります。

 

なので、バイトでいいから働いた方が良いかもしれません。

そうすればお金が稼げますし、同僚との人間関係もできて少なくとも孤独ではなくなります。

長く無職ニートをしている方であれば、とりあえず1日だけの単発バイト程度から働き始めるのも良いかもしれません。

【タイミー】スキマ時間にすぐ働ける!400万人が利用している単発バイトアプリ (timee.co.jp)

在宅ワークでお金を稼ぐ

あとは最近はネットでも手軽にお金が稼げるようになってきています。

に働きに出なくても、在宅ワークでお金を稼ぐというのも手段の一つですね。

特にあまり長期間ブランクがある人ですと、バイトでも結構落とされたりそもそも体力も落ちており、フルタイムで外に働きに出てるというのは、結構難しくなってきているかもしれません。

そういった方の社会復帰としては結構現実的な選択肢かもしれません。

 

まぁ最初はあまり稼げないかもしれませんが、実家で暮らしているような無職ニートの方ですと、あんまり生活費もかからないでしょう。

月に何万円かでも稼げるようになればなんとか生活費は賄えるかもしれません。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

職業訓練を受けて社会復帰を目指す

あとは長期間無職ニートをしている方ですと、社会復帰しようと思っても

  • 体力も落ちており
  • コミュニケーション能力も落ちており
  • 生活もだらけており

そもそも今すぐ働き始めるのは無理な可能性が高いです。

 

そういった方の場合はとりあえず社会復帰のリハビリをした方が良いかもしれません。

幸いあなたのような無職ニート者を社会復帰させるために国が職業訓練校というものを設けてくれています。

こういった所に通ってまず社会復帰のリハビリをするのは良いかもしれません。

入学金や授業料はほぼタダですし、条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金も貰えます。

私も以前1年ぐらい無職ニート生活をしていたことがありますが、社会復帰したのはこういった所に通ったことがきっかけですね。

とりあえず気楽に応募してみるのも良いかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

とりあえず外で運動するところから始めてみる

あとは無職ニートの方ですと、基本引きこもりがちになってしまい精神的に落ち込んでしまっている方が多いです。

うつ病診断されていたりうつ病予備軍のようになってしまっている方も多いのではないでしょうか?

そういった方の場合はとりあえず外で運動するところからはじめてみた方が良いかもしれません。

 

日光に当たって体動かせば、脳内物質のセロトニンも分泌されますし、ビタミンDも分泌されます。

セロトニンもビタミンDもメンタルには欠かせない物質ですし、実際これらが欠けるとうつ病になるリスクが上がるとも言われています。

運動することで体力も取り戻すことができると思いますし、精神も上向いてくると思います。

今の落ち込んでいる状態で先のことを考えてもネガティブな未来しか見えないと思いますので、まずメンタルを上向かせるために外で運動するところから始めてみるのがいいと思います。

転職エージェントに相談してみる

後は貴方1人でこれからの事を考えていても、ネガティブなことばかり考えてしまいあまりいいことはないかもしれません。

そういった方はとりあえず転職エージェントに相談してみるというのも手段の一つです。

まぁあまり何年もブランクがある方ですと難しいですが、比較的若かったりブランクがそれほどない方であれば、仕事も紹介してくれやすい傾向にあります。

 

エージェント経由の方が、非公開求人からいい会社を紹介してくれやすい傾向にあります。

履歴書も職務経歴書の添削指導や面接の練習などもしてくれますからね。

特に今は人手不足で休職者も減ってきていますので、今ならば比較的良い会社の求人も紹介してくれやすい傾向にあります。

無職ニートでこれからどうしようと考えているのであれば、とりあえず相談に行くのも良いかもしれません。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

働いて金さえ稼げばなんとかなる!何か行動を起こそう

ずっと無職ニートを続けていたらやはり末路は悲惨な事になってしまうかもしれません。

お金がなくなってしまい野垂れ死んでしまうなんていうケースも珍しくありませんし。

ただまぁ今は人手不足のご時世ですし、長期間無職ニートをしていたブランクがある方でも何かしら仕事は見つかりやすい傾向にあります。

とにかく働いてお金さえ稼げれば何とかなります。

何かしら働き出せば、同僚との人間関係もできて孤独ではなくなりますし、生活はとりあえず出来ますからね。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

 

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方にお勧めのサービスはこちら!

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

無職生活現状を変える方法
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。