ひきこもりのよくある末路4つ!最悪の末路を回避するにはこうしろ!

 

  • ひきこもりだけど、末路はどうなっちゃうの?
  • これから不安すぎる…

そんな悩みをお持ちの方も、今のご時世珍しくないと思います。

 

どうも。

非正規やひきこもりがちなニート生活、大企業正社員や自営業も経験したTK神辺@元無職です。

 

最近はニートやひきこもりの方も多いですからね…。

特に中高年のひきこもりも増えてきており、今は8050問題というのも深刻な問題になってきています。

末路はあまりいいものではないと思いますが…。

この記事ではひきこもりのよくある末路と、最悪の末路を回避するための方法についてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ14の方法!

ひきこもりのよくある末路とは?

ひきこもりの末路となると、正直あまりいいものではないと思います…。

まぁ長い間働かなくても済んできたということですから、まぁ中高年くらいまで生きられた方ならば上出来な気はしますけどね…。

よくあるひきこもりの末路についてまとめてみましたので、自分の状況と照らし合わせて参考にしてみてください。

親が死んで生活が破綻

ひきこもりのよくある末路としては、親が死んでしまって生活が破綻してしまうことです。

ひきこもりですと収入もなく貯金もなく、完全に親に生活を依存している方が多いでしょうからね…。

特に親が高齢ですと、年金だけに収入を依存している方も珍しくないのではないでしょうか?

 

そこで親が死んでも生命保険をかけていてくれたり、多額の遺産があるのであればいいかもしれません。

ですが大抵の場合はそうではありませんので、路頭に迷うことになります。

最近はひきこもりやニートで親に経済的に依存していた方が、親が亡くなったことを隠して年金不正受給で捕まった…なんてケースも珍しくありません。

まぁ結局はそれで餓死するか、刑務所のお世話になるのがマシなケースですかね…。

生活習慣病になってしまう

ひきこもりですと、当然ながら外に出ませんので運動不足に陥っているケースが多いと思います。

運動不足どころか、全く運動していない方が多いと思いますが…。

そんなひきこもり生活ですと、当然ながら生活習慣病になってしまうリスクが上がってしまいます。

 

ひきこもりでも一日一食とかにしている人ならばまだいいかもしれませんが、三食がっつり食べて酒を飲んだりしている方ですと、当然ながら生活習慣病のリスクは上がります。

それでも外に出て運動している方であればいいですが、そうではないのであれば、糖尿病などにかかってしまう可能性もあります。

糖尿病なんてなったら最悪失明したり、足が壊死して歩けなくなったりしますからね…。

ひきこもりですと健康診断も受けていないでしょうから、生活習慣病にかかっていたとしても気付けません。

実家を追い出されホームレスに

あとは、親に愛想を尽かされ、実家を追い出されてしまう可能性もあります。

そうなれば当然ホームレスになってしまいますね…。

ネットを見ると、こういった話も結構散見されます。

 

まぁこれの場合、できるだけ若い時に追い出されるのであれば、まだ良いような気がします。

荒療治ではありますが、なんとか生きるために行動したり働いたりすると思いますし。

ですがこれが中高年以上の年代のひきこもりの方が追い出されても、生きていくことは難しいかもしれませんね…。

まぁこの場合ホームレス支援団体なども頼れますので、全く助けがないというわけでもありません。

自ら死を選んでしまうケースも

ひきこもりの最悪の末路としては、自ら死を選んでしまうケースかもしれません。

まぁある意味死は救いとも言えますので、ある意味マシな選択肢の可能性もありますが…。

 

そもそも長期間ひきこもりなんてできている時点で、うつ病にかかっていたりするケースが多いでしょうし。

毎日死にたいと考えながらひきこもっている方も多いのではないでしょうか?

うつ病の原因はセロトニンやビタミンDの枯渇が原因とも言われていますが、ひきこもっていて日光に当たらないとそうなってしまいます。

ひきこもりの最悪の末路を回避するには?

そのままあなたがずっとひきこもりを続けていたら、本当に上で述べたような末路になってしまう可能性があります。

なんとか対策をとっていく必要がありますが…。

ひきこもりの最悪の末路を回避するための方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

まず外に出て日光を浴びることから始める

ひきこもりの方ですと、ガチでほぼずっと家にひきこもっている方も珍しくないと思います。

ただそんな状況ですと本当に体に悪いですし、運動不足なので生活習慣病になってしまうリスクも高いです。

なので、まず外に出て日光を浴びることから始めたほうがいいかもしれません。

 

そもそも長期間ひきこもれている時点で、うつ病や予備軍の方が多いと思います。

日光に当たれば脳内物質のセロトニンやビタミンDも分泌され、メンタルも改善すると言われています。

ひきこもりの方も最初は外に出る習慣があってまだマシだったのかもしれませんが、ずっとひきこもってたら誰だっておかしくなってきますよ。

まずは外に出れないことには話になりませんので、外に出て日光に当たるところから始めましょう。

運動をして体力をつける

ひきこもりの方で外に出れるようになったら、あとは運動をして体力をつけることを始めたほうがいいと思います。

体力と健康さえ取り戻せば、大抵のことはできますからね。

まぁまずは散歩程度から始めていくだけでも、かなり以前の体力を取り戻せると思います。

 

幸い今は人手不足の世の中ですし、これからも人口動態的に人手不足が加速していくことは確定しています。

私の近所に住んでいる、40代までひきこもっていたような方でも、最近パートで社会復帰していましたし。

体力さえ取り戻せればなんとか社会復帰もしやすいご時世なので、少しずつ外に出て体を動かしていきましょう。

ネットで稼げるようになる

あとはそもそも外に出るのもイヤ、外で働きたくない!というひきこもりの方も多いと思います。

そういった方の場合、ネットで稼げるように模索してみるというのも手段の一つです。

幸い最近はネットの発達によって、手軽にネットでもお金が稼ぎやすくなってきていますし。

ネットでお金を稼ぐことができれば、ひきこもったままでもお金を稼いで生活していくことができますからね。

まぁ最初はそんなに稼げないと思いますが、月に1万でも2万でも稼げれば、一人分の毎月の食費代くらいにはなりますし、生きれる選択肢が増えます。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ14の方法!

外に出られるなら職業訓練を受ける

いくらひきこもりとはいえ、全く外に出られない!という方は少数派かもしれません。

最近の政府の調査でも、

  • コンビニ程度は外出する
  • 趣味のイベントには出かける

こういったタイプのひきこもりの方が多く、ガチで家から出ないひきこもりというのは少数派のようでしたからね…。

単にニートをしていてひきこもりがち、という方であれば、少しずつ社会復帰のために動いていきましょう。

 

お勧めなのは、職業訓練校に通うことですね。

入学金や授業料はほぼタダで、新たな分野の資格やスキルが身につく可能性があります。

しかも条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金も貰えますので、お金も貰えます。

とりあえずこういったところに通えば、以前のような体力や社交性も取り戻しやすくなると思います。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

単発バイトから始める

外に出れるようなひきこもりの方の場合、まず単発バイトから始めてみるというのも手段の一つです。

幸い最近は人手不足の影響で、一日だけの単発バイトや短期バイトという働き方も増えてきていますし。

交通量調査とか棚卸しとかの軽いバイトなら、ひきこもりでも外に出れる方ならやれる気がします。

最近は最低賃金も上がってきていますので、一日働くだけでも一万円前後稼げるケースも多いですし。

いくらかでも稼げれば、それで食っていくこともできるかもしれません。

こちらで日雇いバイトが探せるお勧めの求人サイトを紹介していますので、参考にしてみてください。

⇒日雇いバイトが探せるおすすめ求人サイトランキング

今ならひきこもりでも仕事見つかりやすい!一歩からでも動きだそう

やはりひきこもりの末路というのは、そのままでは悲惨なことになってしまう可能性が高いです。

今は経済的に親に依存できているかもしれませんが、ずっとひきこもれるわけではありませんからね…。

 

まぁ幸い今は有効求人倍率も高く人手不足なので、ひきこもりでも外に出て体力さえ付け始めることができれば、非正規雇用の仕事くらいは見つかると思います。

20代30代とかの比較的若い方であれば、多少ブランクがあっても正社員も狙いやすいです。

なんにしても今日より若い日はありませんので、ひきこもりの悲惨な末路を回避したいのであれば、今のうちに動き始めたほうがいいと思います。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ14の方法!

 

無職でもスマホで数万円~10万円程度なら稼げます!

 

無職となると収入もなくなってしまうため、「お金がなくてヤバい!」という状況になりがちです。

失業保険も大した金額ではありませんし、貰える期間も短いですからね…。

ですが最近はネットの発達によって手軽にお金が稼ぎやすくなってきているため、スマホでもお小遣いを稼ぎやすくなってきています!

外にバイトに行くよりは、手軽に片手間で稼げるのは嬉しいですね。

 

特にポイントサイトを使えば、無料会員登録や口座開設などの案件をこなすことで、一時的に数万円~10万円程度なら稼げます。

ポイントサイトは、無料会員登録や口座作成などの広告案件をこなすことで、企業側もポイントサイト側も儲かり、あなたも稼げるという三方良しの仕組みです。

Tポイントや楽天ポイントなどに交換して使うのであれば、失業保険受給中でも収入にあたらない可能性が高いです。

不安であれば、失業保険受給中はポイントを貯めておき、受給が終了してから現金やポイントに交換すれば良いでしょう。

 

「無職でもネットで手軽に稼いで、生活を楽にしたい!」という方にお勧めのポイントサイトはこちら!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

■モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

業界トップクラスの最強ポイントサイト。

他社ポイントサイトに比べて還元率が高く、案件数も業界最大級に多いのがメリットです。

この業界はポイントを貯めても換金できない詐欺ポイントサイトが多いですが、東証一部上場企業のセレスが運営しているため、確実に換金できるので安心です

私も何度も換金していますし、安心して利用できます。

 

FX口座作成やクレジットカード作成などの高額案件をいくつかやるだけでも数万円~10万円前後は稼げます。

稼げないネット内職が多い中、やれば誰でも稼げますので、無職でお金に困っているなら気楽に始めると良いでしょう。

⇒月5万円の副収入ゲット!最強ポイントサイト【モッピー】

ひきこもり
この記事を書いた人
TK神戸@元無職

30代自営業。無職、大企業正社員、派遣、フリーターなどなど一通り経験しました。バイトも含めれば経験20社以上、無職で貯金ゼロ状態も経験。
無職でもお金を稼ぐ方法や制度を知っていれば生き残れる可能性が上がります。無職状態でも希望を持てるメディアを目指しています。

TK神戸@元無職をフォローする
TK神戸@元無職をフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。