無職で餓死しそう!食料がなくてきつすぎる時の対処法はこれだ!

 

  • 無職で餓死しそう!
  • 食費すらない!

そういった状況に陥っている無職の方も今のご時世珍しくないかもしれません。

 

無職の方ですと収入が途絶えてしまいます。

とりあえず失業保険などをもらっている方も多いかもしれませんが、それもたいした期間は貰えません。

無職期間が長引いてしまうと貯金も底をついてしまい、あなたのように餓死しそうという状況になってしまうことも珍しくはないんです。

最近は格差が広がっているため、生活が苦しく貯金もない世帯が増えてきていますからね。

 

ですがそのままの状況ですと、本当に死にかねません。

この記事では、餓死しそうな状況から生き残るための対処法についてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

無職でお金がなくなり餓死寸前まで追い詰められる人も珍しくない

あなたのように無職の方でお金がなくなり餓死寸前まで追い詰められてしまう方というのも珍しくありません。

やはり無職の方は収入が途絶えてしまう傾向にありますからね。

失業保険がもらえてもそう長い期間は貰えませんし。

特に自己都合退職ですと、失業保険が貰える期間も短いですからね。

 

ろくな貯金がなかった人ですと、なかなか厳しいかもしれません。

無職になってしまうと、税金なども自分で支払う必要がありますし。

そういった出費も家計を圧迫してしまいます。

必然的に食費すら払えなくなり餓死寸前まで追い詰められてしまうあなたの弱形も珍しくないんです。

無職で餓死しそうなレベルなら生活保護を申請する手もあるが…

お金がなくなってしまうと、あなたのように餓死しそうな状況に陥ってしまう無職の方も珍しくありませんが…。

本当にそんなレベルであれば、生活保護を申請するというのも手段の1つです。

そんな餓死しそうなレベルでお金がないのであれば、充分生活保護の要件を満たせる可能性も高いです。

 

しかし最近は財源が厳しくなってきたこともあって、あなたが役所の窓口に申請に行ったところで、水際作戦で拒否される可能性も高いですね…。

ちょっと前に大阪でビル放火事件を起こした犯人も、生活保護を二度も断られた末の犯行だったようです。

北九州市では違法な水際作戦で餓死者まで出ており、行政のいいかげんな対応には怒りを覚えざるを得ません。

弁護士など専門家に相談したほうが良いかも

そういった場合はとりあえず法テラスなどに相談に行くなどして弁護士を頼った方が良いかもしれません。

弁護士に頼めばすぐに生活保護の審査が通った!なんていうのはよくあるパターンです。

生活保護が通れば保護費から弁護士への報酬が出ますから、あなたの懐は痛みません。

生活保護なんて本来条件を満たしていれば、紙一枚突きつけるだけで本来誰でも貰えるものなのです。

もし条件を満たしていなくても「ここをこうすれば大丈夫です」などのアドバイスと対策も教えてもらえます。

 

まぁ保護が下りても永久に貰えるわけでもなく、最近は社会復帰のためにケースワーカーが定期的に様子を見に来るようですが…。

とりあえず餓死しそうな状況からは逃れられますので、こういった手段を検討してみるのも良いかもしれません。

⇒あなたも使える生活保護パンフレット – 日本弁護士連合会(PDF)

⇒自立生活サポートセンター・もやい |相談受付

無職で餓死しそうならとりあえずネットで稼いでみるのも手

無職で餓死しそうな状況に陥っている方も珍しくないと思いますが…。

そういった方の場合とりあえずネットで稼いでみるというのも手段の1つです。

幸い最近はネットでも手軽にお金が稼げるようになってきていますし。

 

ただネットで稼ぐ方法ですと、入金までにタイムラグがあって、餓死しそうな状況ですと厳しいですが…。

とりあえず数千円とか1万円ぐらいの金額を稼ぐぐらいだったらそこまで難しいことでもありません。

まぁ他の方法でとりあえず餓死しそうな状況を切り抜けてから余裕を持ってやった方がいいですね。

一応こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

餓死しそうなレベルから一人で這い上がるのはきついので、貧困問題に取り組むNPOに相談してみるという手も

無職の方ですとやはり収入が途絶えてしまい、餓死しそうな状況に陥ってしまう方も珍しくありませんが…。

そういった状況から1人ではい上がっていくのはやはりなかなか厳しいのではないでしょうか?

貧すれば鈍するといいますし、ろくなものを食べていない状況では頭も働かないでしょう。

 

そういった方でしたら、とりあえず誰かに相談してみた方が良いかもしれません。

幸い最近はそういった貧困問題に取り組むNPO団体なども増えてきています。

生活保護の相談に乗ってくれたり、最寄りの炊き出し(食料配給)の情報などを教えてくれたりします。

家がない方ですと、一時的な住居を貸してくれたりもします。

本当に無職で餓死しそうな状況であれば、こういった所に頼ってみた方が良いかもしれません。

頼れそうな有名なNPO団体

東京周辺なら、リーマンショックの時に派遣村を運営していたこちらの団体が有名です。

ここは私も以前ボランティアを手伝ったことがありますし、毎年いくらか寄付してます。

⇒自立生活サポートセンター・もやい |相談受付

 

大阪周辺ならこちらの団体が最近はテレビに出ていたりして有名です。

こちらの団体も、私は何回か寄付したことがあります。

⇒生活にお困りの方へ ホームレス状態を生み出さないニホンに|ホームドア相談受付

 

↓こちらも大阪の団体ですが、youtubeをやっていたりテレビに出ていたり、かなり精力的に誠実に活動していて評判もいいですね。

私も代表の方の本を買ったことがあります。

生活保護相談・住宅支援の相談は、NPO法人生活支援機構ALL(オール)へ (npo-all.jp)

 

どの団体も住居を貸してもらえたり、相談によって就職の保証人などもなんとかしてもらえる可能性があるようです。

最近はホームレスの数は年々減少してきているようですが、こういった支援団体のおかげという面も大きいでしょうね。

一人で悩んでいてもネガティブな考えしか思い浮かばないでしょうから、とりあえず気楽に相談してみたほうが良いでしょう。

とりあえず単発バイトでもして食費を稼ぐという手も

やはり無職の方ですと、収入がないのがネックですね。

とりあえず食費があれば、何とかなるんですが…。

餓死しそうな状況では本当にヤバいです。

 

そういった方の場合はとりあえず単発バイトでまして食費を稼ぐという手もあります。

まあすぐに仕事が見つかるかと言われるとなかなか厳しいので、上で述べたような他の手段を使ってとりあえず凌いだ方がいいと思いますが…。

ある程度余裕ができたらこういった仕事を探してみるのも良いかもしれません。

 

今は人手不足の会社も多く比較的単発や短期バイトなどの融通のきく働き方も探しやすくなってきています。

地方でも割とこういった仕事も増えてきていますからね。

最近は最低賃金も上がってきていますので、1日驚けば割と鬼道1万円とかそのぐらいは稼げます。

節約すれば1人分位の食品には充分なる可能性もありますからね。

⇒面接無し履歴書不要!すぐにスキマ時間に働ける単発バイトアプリ【シェアフル】

餓死するよりは刑務所に入るという手もあるが… ※非推奨

あなたのように無職の方ですと、餓死しそうなレベルまで追い込まれてしまう方も珍しくないと思いますが…。

そんなレベルまで追い込まれてしまっているのであれば、最終手段として刑務所を頼るという手もあります。

犯罪なので絶対にやめてください!とは言っておきますが…。

死ぬよりは刑務所のお世話になった方が、ご飯は三食出ますし、どんなに無能でも何かしらの刑務作業が与えられ、病気になったら税金で診てもらえます。

生活保護は水際作戦されたり審査があって貰えない人がいるので、刑務所が最後のセーフティネットなんて言う人もいますね。

 

まぁあまり人を傷つけるような犯罪を犯すと、罪が重くなってしまうので良くないですが…。

ありがちなのはコンビニでニセ札をコピーして使おうとして通貨偽造でつかまるパターンですね。

これは手軽に出来る割に罪は結構重いので、刑務所に入りたい人がよくやっていたりするらしいですが…。

貧困老人増加により、刑務所に入りたがる高齢者が増加!

最近は日本の犯罪件数も年々減ってきており、刑務所の収容者も年々減ってきているようです。

しかし収容者の平均年齢は高齢化しており、施設内に介護福祉士が配置されたりしているようです。

【前編】忘れてはいけないこと~認知症受刑者が問いかけるもの~岡山刑務所 高齢化の実態【岡山】 | OHK 岡山放送

年金だけでは生活できず、万引きや食い逃げなどの犯罪を犯して刑務所に入りたがる高齢者も増えているようですね…。

日本の年金生活者が刑務所に入りたがる理由 – BBCニュース

 

刑務所ならば生活保護のような水際作戦もありませんから、犯罪を犯して実刑が下れば誰でも入れます。

出所後の再犯率は50%くらいあるようなので、最近は刑務所にケースワーカーを配置して出所後に生活保護を受けさせたり、就職のサポートなどもしてもらいやすいようです。

出所後はとりあえず半年くらい更生保護施設に入居しながら就職~自立を目指していくようなので、まぁ餓死しそうな今よりはだいぶマシかもしれません。

もし本当に餓死しそう、生活保護も貰えない…となったら、私なら最終手段として食い逃げでもして刑務所行きますかね…。

犯罪なので絶対にやめてください!とは言っておきますが、個人的には餓死するより遥かにマシだと思います。

人手不足の影響で、前科者でも出所後仕事は見つかりやすくなってきているらしい…

ちなみに最近は人手不足の影響で、前科者でも出所後の仕事は以前より見つかりやすくなってきているようです。

最近は刑務所内で合同企業説明会が開かれたり、前科者を積極的に採用しようとしている企業も増えてきているようです。

なんと少年院出所者や、刑務所出所者向けの専門の求人雑誌まで出ているようですw

『Chance!!』閲覧・購読 | 非行歴・犯罪歴のある方の採用・教育支援|(株)ヒューマン・コメディ (human-comedy.com)

 

ネットなどをみていると「以前は刑務所に入っていたが、今は正社員で就職して子供もいます」みたいな人はたまに見ますね…。

もし餓死しそうな状況であれば、とりあえず後のことは考えずに、悪いことをしてでも私なら生き残る方法を考えるかもしれませんね…。

犯罪はやめてください!とは言っておきますが、死んだら元も子もありませんからね。

とりあえず親や友達などにいくらかお金を借りてみるというのも手段の一つ

あなたのように無職の方ですと、収入もなく餓死しそうなレベルまで追い詰められてしまう方も珍しくありませんが…。

やはりそういった方の場合は、とりあえず親や友達などの身内にお金を借りるというのも手段の1つです。

頭を下げればもしかしたら貸してくれるかもしれませんし。

まあ頼れるそういった身内がいない人ですと、なかなか厳しいかもしれませんが…。

 

とりあえず数千円でも借りられればだいぶ助かると思うんですが。

とりあえずの食費ぐらいにはなりますし。

 

フリーター程度でも働いて毎月一定の収入があれば、消費者金融などからも借りられるんですが難しいですね。

無職だとやはり収入も信用もないので、どこからも借りられない傾向にあります。

縁があった人なら少しぐらいは貸してくれる可能性がありますので、頭を下げてみるのも良いかもしれません。

このまま何もしないと本気で死にかねないので…

あなたのように無職の方で餓死しそうなレベルまで追い込まれてしまう方も目指しくないと思いますが…。

このまま何もしないと本気で死にかねないかもしれません。

お金が無い方でも家に食料などがある方でしたら、とりあえずは食い繋げますので、その間に仕事を探すこともできますが…。

餓死しそうなレベルとなると、家にほとんど食料すら残っていない人が多いでしょう。

この飽食の現代でも、未だに餓死する人は少ないながらもいらっしゃるようですからね…。

 

まぁ生き残りたいのであれば、最後のセーフティネット刑務所に頼る手もありますが…。

それならばとりあえず貧困問題などに取り組んでいるNPOなどに相談した方が良いかもしれませんね。

あなたのような方がやぶれかぶれで犯罪に走らないために、そういったセーフティーネットが敷かれている訳です。

最近はそういった失うものがない「無敵の人」と呼ばれる人たちの犯罪が増えてきているため、貧困問題への社会の関心も高まってきています。

 

まぁこのまま行動しないと本当に餓死しかねませんので、少しでも動いてみたほうがいいでしょう。

⇒自立生活サポートセンター・もやい |相談受付

⇒生活にお困りの方へ ホームレス状態を生み出さないニホンに|ホームドア相談受付

⇒あなたも使える生活保護パンフレット – 日本弁護士連合会(PDF)

まとめ

無職で餓死しそうなレベルまで追い込まれてしまう方も珍しくありませんが…。

この飽食の現代でそこまで追い詰められてしまうというのは、かなりやばいと思います。

今は1人分の食費ぐらいであれば、切り詰めれば一ヶ月一万円ぐらいでも何とかなったりします。

しかし、それすらないレベルでやばいのかもしれません。

 

まぁその状況まで追い込まれてる時点で、1人で這い上がっていくのはなかなか厳しいと思います。

とりあえず貧困問題に取り組んでいるNPOなどに相談して、生活保護の手配やアドバイスなどをしてもらった方が無難な気がします。

一人で下手な行動をしても、貧すれば鈍するで、あまりいい結果にもならないような気がします。

まぁそのままですと、座して死を待つことになってしまいますので、今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

 

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方にお勧めのサービスはこちら!

 

●ミイダス

あなたの転職市場価値を診断してくれるアプリ。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

MIIDAS

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

お金がなくてヤバイ方の解決策
mushokuをフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。