【終わった】20代で無職!先が見えない毎日を抜け出す5つのヒント

Alexas_Fotos / Pixabay

 

  • 20代で無職!
  • 就活で失敗した…もう人生終わりだ…

 

そうお悩みの、20代で無職の方のためのページです。

新卒の就職活動で失敗したり、ブラック企業に入社してしまって、すぐ辞めてしまう若者が後を絶ちません。
なので、あなたのように20代で無職というのも、そう珍しいものでもありません。

しかし、周りの同年代の社会人の友人たちを見ていると、劣等感を感じざるを得ないのかもしれません。
一体どうしたらいいのでしょうか?

 

20代ならいくらでも見つかる

就職氷河期の頃であればいざ知らず、今は仕事なんていくらでもあります。
20代で無職なんて言っても、仕事を見つければいい話です。
正直、20代で無職なんて、悩みのうちにも入らないと思いますが…。

私も新卒で入った会社を1年未満で辞めて、フリーターをしていた時期がありますが…。
有効求人倍率は今よりも遙かに低い時期に再就職の活動をしましたが、別に普通に受かりましたけどね。
空白期間や、短期離職について突っ込まれはしましたが、別にそれについて説明できれば問題ないです。

ただ、大手企業となると当然倍率が高いですから、難しいですけどね。
これは就職氷河期でも今みたいな仕事が多い時期でも変わりません。

 

ネットのネガティブ意見は鵜呑みにしない

私の周りでも、あなたのように20代無職とかフリーターで、「空白期間空いちゃったから、もう就職なんて無理!」みたいに諦めてしまった人結構います。
そういう人たちって、たいていネットでネガティブな知識を得て、勝手に諦めてる気がします。

 

実際、私の知り合いも2ちゃんねるの就職系のスレとか見て、勝手に絶望してましたし。
そんなん見てる暇あるんなら一枚でも多く履歴書送れよ!って感じなんですけど、大して就職活動してなかったみたいですね…。

正直、ネットのネガティブな意見って、ほとんど参考になりません。
特に日本人はネガティブや不安の遺伝子が他の民族に比べて多いみたいですし、「ネガティブこそ真実!」みたいに思いこんでる人が多い気がします。

闇金ウシジマくんとかがウケてるのも、そのへんが理由でしょうね。
現実は、ネガティブだけじゃなくポジティブな面も半々あるのに、ネガティブな面しか見ない人が多い気がします。

そんなネガティブな意見を見ても、あなたにメリットなんて一つもありません。
聞かないほうがいいでしょう。

 

数を受けることは必要

ただ、いくら20代で若く企業に受け入れられやすいとはいえ、数を受けることは必要です。
一社や二社受けただけで諦めてしまうのは、諦めが良すぎます。

まあ、10社や20社は最低でも受ける必要があると思いますね。
いい労働条件の会社に行きたいなら、もっと受ける必要があると思います。

 

ですが、単に「どこでもいいから内定貰いたい!」というのであれば、ブラック業界と言われてる会社を受けてけば、すぐ内定貰えると思いますが…。
そういう業界なら、30代とか40代でも入社できたりしますね…。
続くかどうかは別問題ですが。

ぶっちゃけ就職活動なんて、運ですよ。
たまたま運悪く就職氷河期だと悲惨な人生になりますし、運良く今みたいな仕事がたくさんある時期に就職活動すれば、さほど苦労せずともいい会社に入ることも可能です。
いい会社に行きたいなら、その分試行回数を増やす必要があります。

 

あまりに上手くいかないなら、他人に客観的な意見を貰うべき

ただ、いくら仕事が見つかりやすい時期とは言っても、要領が悪い人だと当然ですが受かりにくいですね…。

  • 履歴書の書き方が悪い
  • 面接での受け答えが悪い
  • 身だしなみに変なこだわりがあり、マイナスになってる

などなど。

今みたいに仕事がたくさんある時期なのに、100社も200社も受けてもダメな人もたまにいますが…。
ああいうのは大抵、本人が気付いていない致命的なマイナスポイントがあったりします。
そういう人が「「仕事なんてたくさんある」なんて大嘘!」みたいに言うんですよ。
ネットだとそういうネガティブな意見のほうが人の目に留まりやすいので、そういった誤った情報が拡散されます。

 

 icon-exclamation-circle 

なのでそういう場合、他人の客観的な意見を貰った方がいいです。
自分一人で考えていても、なかなかダメな点については気付きにくい傾向にありますし。
学生だったら学校の就職課に行くのがセオリーですが、無職となるとそうは行きません。
ジョブカフェや、サポステなどの就職相談機関に相談に行くとよいでしょう。

⇒全国のサポステ | サポートステーションネット(外部サイト)

 

或いは、転職エージェントなどを利用してもいいですね。
そういったところに行けば、

  • 就職活動の全体的なアドバイス
  • 履歴書、職務経歴書の書き方指導
  • 面接の練習

などもしてくれます。

他人を巻き込めば思いの外スムーズに行くケースも多いです。
一人で悩んでても無駄ですから、他人の力を借りるようにしましょう。

 

焦っても意味がないので、一つずつできることを実行すべき

20代で無職ですと、周りの人に劣等感を感じるかもしれません。

  • 「同級生のあいつは大企業でバリバリ働いてるのに…」
  • 「友達のあいつはもう結婚して子供もいるのに…」
  • 「知り合いのあいつはもう家を建てた!」

などなど。
20代で無職ですと、そういった出遅れ感を感じるケースも多いと思います。
特に田舎ほど社会にでるのも結婚も早かったりするので、焦りを感じることも多いかもしれません。

 

 icon-exclamation-circle 

ですが、焦っても正直何の意味もないですよ。
危機感を感じて動き出すことは必要かもしれませんが、焦ってブラックな会社に入ってしまったら、最悪死ぬ恐れもありますし。
「せっかく正社員になれたのに、辞めるなんて勿体ない!」みたいに考え出すと、過労死するまでブレーキがかかりません。

まあ別に、会社を選ばなければ30代後半くらいまでフリーターしてたような人でも、就職自体は可能ですから。
当然いい会社は無理ですが、そういう人普通にいます。
焦って変な会社に入社してしまうと、また転職活動する羽目になったりしますから、冷静になっていい会社を見極めていくといいでしょう。

 

まとめ

20代無職でも別に問題はありません。
大手企業などは就職が難しいですが、中小企業ならさして問題にはなりません。

特に最近は少子高齢化で、あなたのような20代の若者が減ってますからね。
あなたは20代無職で劣等感を感じてるかもしれませんが、日本全体で見たら、あなたは遙かに未来がある人の部類なんです。
日本人の平均年齢なんて、もう45歳越えてますからね…。

まああまり悩んでても意味がありませんから、とりあえず一歩を踏み出してみることをお勧めします。

 

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

 

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方にお勧めのサービスはこちら!

 

●ミイダス

あなたの転職市場価値を診断してくれるアプリ。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

MIIDAS

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●ポイントタウン

スマホで手軽にお小遣い稼ぎができるサイト。

無職だと外に働きに出るのも億劫になってしまいがちですから、まずは手軽にお金を稼いでみると良いかもしれません。

案件によって結構稼げますので、仕事探しの軍資金にすると良いでしょう。

⇒10万円のお小遣いゲット!最強ポイントサイトGMOの【ポイントタウン】

どうすればいいかわからない方は無職の仕事探し
mushokuをフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。