無職は生活費をどうしてる?よくある無職ニートの生活費調達8パターンをまとめたよ

 

  • 無職だけど生活費どうしよう!?
  • 無職のみんなは生活費をどうしているのかな?

そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

どうも。

度々無職生活を経験し、借金があるのに無職になったりで生活費に困った経験があるTK神戸@元無職です。

 

無職となると生活費がなくなってしまいますので、どうやって生活すればいいのか困っている方が多いですね。

一旦無職になったもののすぐに生活費がなくなり、再就職してしまう方も多いです。

あなたももしかしたら生活費がなくなり切羽詰まってきているのかもしれません。

この記事では無職ニートのありがちな生活費調達方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ14の方法!

無職のみんなは生活費どうしてるの?

無職と一口に言いましても、色々な状況の方がいると思います。

定年になり無職になったり、年金をもらっている方も多いでしょうし。

若い方であれば、親のすねをかじっている方も多いです。

無職で生活費を調達する色々なパターンをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

親にお小遣いを貰う

無職ニートの方ですと、親にお小遣いをもらって生活費に充てているケースも珍しくありません。

最近は無職やニートの方も珍しくなくなってきましたからね。

裕福な親であれば食費や水道光熱費など全て負担してくれた上に、月にいくらかのお小遣いをくれるケースも珍しくありません。

 

まぁ若いうちであればまだ良いかもしれませんが、いい歳してこんな親のすねをかじっていたら正直どうかと思いますね…。

親に経済的に依存していると、親がいなくなったら生活が立ち行かなくなってしまいますからね。

このタイプのニートの方は泥沼にはまらないうちに、早く仕事を探して自立した方がいいと思います。

失業保険を貰う

一般的な無職の方であれば、失業保険を貰って生活費を工面しているケースが多いです。

在職中に雇用保険をかけていた方であれば、会社を辞めても失業保険がもらえますからね。

自己都合退職ですと3ヶ月間の待機期間がありますので、それまでは無収入になってしまいますが…。

会社都合退職であれば、すぐに失業保険ももらうことができます。

 

しかも職業訓練を受ければ訓練期間中は失業保険を延長してもらうことができますからね。

そうやってお得に失業保険をもらい生活費を工面している無職の方は珍しくありません。

ただもらえる金額は在職中の給料のざっくり5割~6割程度のため、以前よりも生活が苦しくなることは否定できませんが…。

職業訓練受講給付金を貰う

あとは職業訓練に通うことで、雇用保険をかけていなかった無職の方でも、条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金がもらえる可能性があります。

私も以前無職をしていた時に、職業訓練に通いだしてこれをもらっていたことがあります。

同期のクラスメートでもこれを貰って生活している方はいらっしゃいましたね。

 

失業保険ですと、1日4時間以上働くとその日は失業保険が出なくなって支給が後ろ倒しになったり減額されたりしてしまいますが…。

職業訓練受講給付金であれば、週20時間未満とか条件を満たせば割とバイトの規定は緩いです。

私もこれをもらいながらちょこちょこバイトをしていたことがありますし。

無職の方が生活費を工面する手段としてはかなりオススメです。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

生活保護を貰う

後は生活保護もあって無職をしている方もザラにいらっしゃいますね。

最近は格差社会と言われていますし、超高齢社会に突入して久しいので生活保護整体が右肩上がりで急増してきていますからね。

生活保護世帯は既に二百万世帯を超えて久しいです。

 

生活保護はなかなかもらえないなんて言われていますが、本来生活保護なんて条件を満たして紙一枚提出すればそれで本来誰でももらえるものですし。

役所の水際作戦でもらえないなんて言われていますが、まぁ一人で役所に行ったところで追い返されるのがオチでしょうね。

法テラスに相談したり、貧困問題に取り組むNPO団体などに相談して申請に同行してもらったりした方が良いかもしれません。

弁護士に依頼すれば生活保護費から費用が出ますし、すぐに通るケースが多いです。

⇒あなたも使える生活保護パンフレット – 日本弁護士連合会(PDF)

⇒自立生活サポートセンター・もやい |相談受付

傷病手当金を貰う

怪我や病気で働けなくなってしまったタイプの無職の方ですと、傷病手当金をもらって生活費を工面している方も多いかもしれません。

社会保険に加入していた場合に入れる協会けんぽの健康保険などであれば、怪我や病気で働けなくなってしまったとしても最長1年6ヶ月傷病手当金が受給できます。

ちなみに社会保険に入っていない方は国民健康保険に加入しますが、国民健康保険には傷病手当金はありません。

うつ病などで休職したり仕事を辞めざるを得なかった人は、傷病手当金で生活しているケースは多いですね。

老齢年金を貰う

無職とは一言で言いましても、最近は少子高齢化で高齢者世帯の人口が増えています。

定年を迎えてしまえば、それまでバリバリ働いていた人でも等しくみんな無職になってしまいます。

ちゃんと年金を払っていた人であれば、老齢年金をもらうことができます。

まぁ厚生年金をかけていなかった人ですと、国民年金だけですと満額納めても六万円ぐらいしかもらえませんが…。

 

まあこれから我々の現役世代は、更に年金の財源がなくなっていき支給が後ろ倒しになっていくことが予想されていますから、かなり長生きしないと貰えないかもしれませんが…。

年金制度はなくならないとは思いますが、長生きしないと貰えなくなっていくでしょうね…。

障害年金を貰う

障害を持っている無職の方であれば、障害年金を受給できる可能性があります。

これも国民年金の障害年金と厚生年金の障害年金は違います。

一定の等級以上の障害であれば、障害年金を受給することができます。

無職やニートの方は「障害者は不労所得をもらっている勝ち組だ」なんてことを言っていたりしますね。

このタイプの無職の方であれば、堂々と「私は障害持ちなんです」と弱者の視点から堂々と生活することができます。

貯金を取り崩している

一番多いのはこのパターンの無職の方かもしれません。

失業保険もそう長い期間は貰えませんので、現役時代に貯めた貯金を取り崩して生活費に充てているパターンです。

まぁどのくらい貯金があるかにもよりますし、毎月の生活費がどのぐらいかにもよちますが、そう長くは持たない方が多いでしょうね。

せいぜい数ヶ月程度でやばい状況になり、また仕事を探し出す方が多いです。

少しはバイトで稼いでいる

後は一言で無職とは言いましても、バイト程度であれば稼いでいる方も多いです。

最近はフリーターなどが一般的になってきたのであまり言われなくなりましたが、「バイトは無職」なんてことを言う人も未だにいますし。

ちょっとバイトをしていても「無職ニートです」と名乗る人も多いですね。

 

特に最近は人手不足の影響で、単発や短期のバイトは増えてきています。

あなたも無職で生活費が足りない状況に陥っているのであれば、少しぐらいバイトをして稼いでみるのが良いかもしれませんね。

最近はネットの発達によってネットでも手軽にお金が稼げるようになってきていますので、割と無職やニートの方でも多少なりとも収入を得る方法は増えてきています。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ14の方法!

ずっと無職はできない!早めの再就職を

無職で生活費を工面する方法は色々とあるとは思いますが、ずっと無職をすることはできません。

やはり働かないと給料を稼ぐことができませんし、失業保険もそう長い期間もらえるわけではありませんからね。

生活保護を貰っていたり障害年金が貰える障害者の方であればいいですが、普通の方であれば遅かれ早かれ貯金がなくなれば生活費がなくなり、働く羽目になってしまいます。

 

まあ早めに再就職しておいた方がいいと思いますよ。

幸い今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますし。

今ならば失業率も低迷しており比較的良い会社にも行きやすくなってきていますので、今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

 

無職でもホワイト企業に入社したい!?…今なら可能です!

 

無職となるとなかなか仕事が見つからず、「ブラック会社でも受けるしかないかなあ」とネガティブになりがちです。

一般的なルートで仕事を探すと、薄給激務のブラック会社ばかりですからね…。

 

ですが今は有効求人倍率が高止まりしているため、待遇のいいホワイト企業に入社するなら今がチャンスです!

「もう年齢的に転職は厳しいよ」という方もおられるでしょうが、今は労働人口も急速に減少している上、少子高齢化のせいで日本人の平均年齢は46歳を超えました。

正社員の有効求人倍率も一倍を超えており、帝国データバンクの2018年の調査によると、半数以上の企業が「正社員が足りていない」と回答しています。

最近は労働環境が比較的良い会社でも人手不足で「すぐに来て欲しい!」という会社が多く、時間に融通の利く無職の方のほうが採用しやすいという会社もあります。

在職中の方は引き止められたり入社が遅れたり、他に行ってしまったりするので、無職でもあまり卑屈になる必要はありません。

 

「待遇のいいホワイト企業に入社して、無職を脱出したい!」という方にお勧めの転職支援サービスはこちら!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

■MIIDAS(ミイダス)

MIIDASあなたの転職市場価値を診断できるアプリ。

「無職の俺に転職なんて無理かなぁ」と諦めている方は、一度診断してみると良いでしょう。

特に最近は少子高齢化による人手不足で人材が減っているため、無職の方でも案外市場価値は高い可能性があります。

登録するだけでも勝手にオファーが来るので、気楽に転職活動を始めたい人にお勧めです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

■キャリアスタート

キャリアスタートフリーター、既卒、第二新卒に特化した若者向け転職エージェント。

正社員経験がない方でも、未経験から正社員になれる求人を紹介してくれます。

正社員経験がない方ですと普通のエージェントは仕事を紹介しづらい傾向にあるので、正社員職歴がない、非正規の職歴が長い方はこういった専門特化したエージェントを使うと良いでしょう。

 

基本は20代程度の若者向けですが、今は人手不足の会社が多く、フリーターも高齢化してきているため、それ以降の年代の方でも仕事を紹介してくれる傾向にあります。

⇒フリーター・既卒から正社員に!未経験から正社員目指すなら【キャリアスタート】

 

無職生活
この記事を書いた人
TK神戸@元無職

30代自営業。無職、大企業正社員、派遣、フリーターなどなど一通り経験しました。バイトも含めれば経験20社以上、無職で貯金ゼロ状態も経験。
無職でもお金を稼ぐ方法や制度を知っていれば生き残れる可能性が上がります。無職状態でも希望を持てるメディアを目指しています。

TK神戸@元無職をフォローする
TK神戸@元無職をフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。