無職で仕事も金もない!最悪のどん底から這い上がる6つのヒント

 

  • 無職だけど、これから一体どうしたらいいのか…?
  • 仕事も金もない、資格もない、家族もいない…
  • 生きていても何の希望もない。一体何から手をつけたらいいんだ?

という、仕事も金もなく、人生どうしたらいいのかわからない無職の方のためのページです。

 

最近は無職ニートの人も増えているため、あなたのような悩みを持つ方は珍しくありません。

仕事もない、金もないで、更に無職生活が長引いてくると、社会からの隔絶感や金銭的不安から、頭が混乱してきます。

「どうしたらいいのかわからない」「何から手をつけたらいいのかわからない」という状態になってしまう方も多いと思います。

しかし生きている以上人生は続いていってしまいますので、なんとかしていかないといけませんが…。

 

この記事では、無職で仕事も金もない時の対処法についてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

答えは既に決まっている

「無職だけど、どうしたらいいかわからない…」と聞かれたら、誰であろうとこう答えるでしょう。

働けと。

そう、答えは既に決まっているのです。

 

無職だからお金もなく、孤独感を感じ希望の見えない毎日を送っているのですから、無職じゃなくなればいいんです。

バイトをはじめてフリーターになるだけでも大分違います。お金は稼げますし、変な目で見られようとも孤独感は解消されます。

悩みは「最初の一歩が踏み出せない」ということでは?

ですが、そんなことはもう貴方はご存知のはずですよね。

ですから「どうしたらいいかわからない」のではありません。

  • 「最初の一歩が踏み出せない」
  • 「何かをする気力がない」
  • 「何の仕事をしたらいいのかわからない」

とか、そういう悩みのはずです。

 

問 無職です。先の見えない毎日で、一体どうしたらいいのかわかりません。
答 働け

これだけで終わってしまう問題なのです。

考えすぎるほど、行動できなくなる

geralt / Pixabay

 

しかし、そうは言っても

  • 「この歳でバイトはいやだ」
  • 「仕事がみつかっても長続きするかわからない…」
  • 「いい仕事なんてないよ」

などと考えてしまい、一歩が踏み出せない方が多いのだと思います。

 

そういう状態は、考えすぎという状態です。

プライドが高かったり頭がいい人ほど、自分の考えには絶対の自信をもっています。

なので、「考えればいい案が浮かぶはずだ!」と無意識に考えてしまい、結果考えすぎてしまいます。

物事は考えすぎるほど、裏の面を知れば知るほど行動ができなくなってしまいますから、何もできなくなってしまいます。

思考がループしていないか?

ここ一ヶ月ほどの生活を思い出してみてください。

何か新しいことをやってみたり、充実感を感じた日がありましたか?

もし何もなく、同じことの繰り返しのような毎日だったのであれば、

考えすぎ悩みすぎで思考がループしてしまい、同じところをグルグル回っている状態です。

 

無職という問題を解決するには働くしかありませんが、無意識に働くことを避けて別の道を考えているのであれば、ムダです。

答えは一つ、働くことしかないからです。

出口は既にわかっているというのに、何か別の道があるんじゃないかと探している状態です。出口は一つしかないのに…。

どんな仕事を選ぶべきか?

賢い貴方は働かないといけない…なんてのは既にわかっていると思いますが、

どんな仕事を選んだらいいのかわからないと考えているはずです。

【無気力】何もしたくない!人生に疲れた無職が生きる9のヒント

の記事でも書きましたが、現代は働く意味が急速に薄れてきている時代です。

それというのも、たいていの人間が思いつく商品やサービスなんて既に実現されてしまっていますから。

これからは機械やロボットの普及により、ほとんどの仕事が機械によって代替可能になるという予測が、かなり現実味を帯びてきているからです。

今の時代の労働というのは、「生活費を稼ぐ」以上の理由なんてないです。

代わりはいくらでもいる時代ですので…。

 

なのでまあ、フィーリングで良さそうな仕事を選べばいいと思います。

仕事なんてやってみないとわかりませんからね。

気晴らしにはインプットではなくアウトプットを

ですが、こんなサイト上の文章を読んだからといって「そうか!じゃあ今すぐに仕事を探そう!すぐ応募しよう!」なんて行動できる無職の方は稀です。

多分9割以上の人はやらないでしょう。

こんなサイトを見ているということは、ダラダラとネットサーフィンしたり、無職生活についてあてもなく調べているのでしょう。

そして結局は働くしかないことを再確認し、嫌な気分になっているかもしれません。

 

情報をインプットしまくっている状態だと、頭の中がまとまりません。悶々とした気分だけが貯まっていきます。

せっかくネット上で誰かとつながれる世の中なのですから、ネットの掲示板にでも書き込んで今の悩みを暴露しましょう。ヤフー知恵袋などで相談するのでもいいです。

アウトプットすることで頭の中がスッキリしますし、誰かに相談にものってもらえます。

誰か人に会ってみるのもいい

貴方のように迷っている状態の場合、誰かとの出会いがきっかけになって人生変わったみたいなケースも珍しくありません。

順調にいっている人というのは、大抵人の言うことなんて聞きません。

それで上手くいっているため、壁にぶつかるまでそのまま突っ走ります。貴方ももしかしたら、そうだったかもしれません。

 

今『どうしたらいいかわからない』状態になっているということは、貴方の人生において何か意味があるかもしれません。

  • 重大な人生の岐路に立たされている
  • 今行動を間違わなければ飛躍できる
  • 間違った方向に進んでいて無意識にブレーキがかかった

など。

私も人生において何度もそういう状態になったことがありますが、たいてい復活するのは人と会って話すことがきっかけでした。

就活で悩んだ時は、今まで行こうとも思わなかったセミナーに行ってみたら感銘を受けて復活できたとか。

失業して悩んでた時は、友人が紹介してくれたある人と話したら、思いのほか世界が広がったとか。

 

自分ひとりで悩んでいるとどうしても視野が狭くなってしまいますので、誰であろうと客観的な他人と触れ合ったほうがいいです。

今まで会ったこともないような人と話してみると、視野が広がって悩んでることがバカらしくなったりもします。

まあ、何かしら行動を起こしてみるといいと思いますよ。立ち止まってても悶々とするだけなので…。

まとめ

  • どうしたらいいのかなんて、頭のいい貴方は既に知っているはず
  • 考えすぎのループから抜け出し、何か行動を起こす
  • とりあえずは、生活のためにお金を稼ぐ
  • インプットではなくアウトプットをする
  • 人との出会いが何かのきっかけになるかも?

時には、バカになって何も考えずにノリで何かやってみるのも人生においては必要です。

頭でっかちになってもいいことなんてありません。

 

まぁそもそも仕事が見つかれば無職も脱出できてなんとかなるでしょう。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も多い傾向にあります。

あまりに無職生活を送っていてもヒマでしょうから、早めに動いておくと良いでしょう。

テキストのコピーはできません。