40代にフリーターが多い理由とは?40代フリーターが這い上がるための方法も解説

 

  • 40代ってフリーター多いよね…
  • なんで40代ってフリーター多いんだろう?

そんな考えをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

どうも。

大企業正社員やフリーター、自営業などの経験を持つTK神戸@元無職です。

 

私も一時期フリーターをしていたことがありますが、同僚の方に40代ぐらいのフリーターの方は多かったですね。

ずっとフリーターだった人もいれば、以前は正社員だったが仕事が見つからずにフリーターになった、というパターンの人もいました。

まぁ大抵は、全く正社員で働いたことがないという人はあまりおらず、ブラック企業の正社員で嫌になってしまい、ドロップアウトした人が多い印象ですね。

 

この記事では、40代にフリーターが多い理由と、40代フリーターが這い上がるための方法についてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

40代にフリーターが多い理由は?

40代にフリーターが多い理由というのは、ある程度限られてきます。

ちょうど就職氷河期世代に当たる年齢ですからね。

40代となるともう若くないので、リストラでもされてしまったらなかなか正社員の仕事も見つからなくなってしまいます。

40代の方にフリーターが多い理由についてまとめてみましたので、参考にしてください。

就職氷河期世代だから

40代の方にフリーターが多い理由として、就職氷河期世代だからということが挙げられます。

就職氷河期の時は一流大学を出てもロクな企業に採用されず、そもそも就職ができなかったという方も珍しくありません。

バイトの口すら少なく、何とか生活を優先して働き続けたら、気付けばフリーターのまま40代になっていた…という方も多いのではないでしょうか?

私の知り合いにも、そういったパターンで40代フリーターになってしまった方はいらっしゃいますね。

 

まぁこういう話題になると、

  • もう就職氷河期なんて大昔の話でしょ?w
  • これまでに絶対に正社員になるチャンスあっただろ!
  • 氷河期世代は自己責任!

なんてことを言う人も多いですが、まあ人によって状況は様々ですからね。

私の知り合いには、景気が上向いてきたので就職しようとしたら家族の介護が必要になったり、正社員で仕事を探そうとしたらうつ病になったりして、チャンスを逃してしまったような方もいらっしゃいますし。

特に日本では新卒一括採用がまだまだ主流ですので、新卒の時期を逃してしまうと、なかなか正社員になるのは難しいことになるケースも多いです。

40代でリストラされフリーターの仕事しか見つからなかったから

40代でフリーターの方が多い理由として、40代でリストラされてしまいフリーターの仕事しか見つからなかったからということも挙げられます。

やはり正社員になるには、普通の会社であれば35歳ぐらいまで、というのはまだまだ一つのラインとして存在します。

最近は人手不足の会社も増えてきましたので、業界によっては40代未経験でも正社員で採用される会社は結構ありますが、一般的な良い会社となると40代ではなかなか難しくなってきます。

 

40代で正社員になれても、飲食とか介護とか、ブラックと言われる業界が多いですね…。

私もそれらの業界は経験がありますが、サービス残業や長時間労働が多く、時給換算するとむしろ正社員よりもバイトやパートで働いた方が時間単価は高くなる…なんていう逆転現象が起きているケースも珍しくありません。

ブラックな会社で下手に正社員になってしまうと、責任が増えるわりにサービス残業が多く、かえって損をしてしまったりしますからね。

薄給のブラック企業正社員よりは時給の高い会社でフリーターで働いた方がマシだと考えたから

40代でフリーターの方が多い理由として、薄給のブラック企業正社員よりは時給の高い会社でフリーターで働いた方がマシだと考えたからということも挙げられます。

最近は名ばかり正社員が急増してきているため、このタイプのフリーターの方は何気に多いと思います。

私も様々な会社を経験してきましたが、正社員とは名ばかりでサービス残業が多く、ボーナスを加味した年収と労働時間で時間単価を算出すると、バイトやフリーター以下の時給になるなんていうケースも珍しくありません。

それならまだマシで、最低賃金すら下回るケースも珍しくありません。

 

そんな会社で働くよりも、時給が比較的高めな派遣などでフリーターをしようというのは、そこまで無茶な論理ではないと思います。

私は正社員でも非正規でも働いてきましたが、ブラック企業正社員よりは、そこそこ大きい会社で非正規で働いた方がマシなケースは多いです。

最近は非正規でも僅かながらボーナスが出たり、社会保険に入れてくれたり、正社員よりは少ないですが退職金積み立てをしてくれる会社も増えてきました。

ブラック企業正社員ですと社会保険すら違法に加入逃れしているケースも珍しくなく、そんな会社で働くよりは、そこそこ大きい会社で非正規で働いた方が、だいぶマシなことも多いです。

一時的な不況がくれば、派遣切りやリストラをされる可能性が非正規は高いですが、そうはいっても人口動態的にこれから更に人手不足が加速していく傾向のため、長期的に見ると非正規でもなかなか仕事にはあぶれない傾向にあります。

副業でバイトしているだけの可能性も

40代でフリーターが多い理由として、フリーターではなく副業でバイトをしているだけの可能性もあります。

最近は正社員で働いても給料がなかなか上がらない、フリーター並の給料しか稼げないなんて言う会社も珍しくありません。

あとは正社員ではなくても、業績が悪化した自営業や、食えないフリーランスなどが副業でバイトするなんていうのはよくあるパターンです。

私も自営業だったのでわかりますが、バイトをすると給与所得控除という税金が安くなる控除を増やすことができるので、そこそこ稼いでいるフリーランスの人でも気分転換がてらバイトをしている…なんて言う人も珍しくありませんでした。

特に飲食店や小売店、カラオケ店の夜勤や早朝のバイトなどは、副業している人は多いですね。

40代フリーターが這い上がるためにはどうしたら?

40代にフリーターが多い理由についてまとめてきました。

未だに

  • フリーターはフラフラしている
  • フリーターは甘えている
  • リーダーは自己責任

なんて事を言う化石のような人もいますが…。

最近は非正規雇用が全労働者の約四割にも達していますし、正社員は非正規を搾取することで良い待遇にありつけている訳ですから、フリーターをバカにしたりするのはお門違いだと思います。

そもそも正社員でいい会社で働けている人でも、単に若いからいい会社で採用されたというだけで、40代50代になってリストラされたら、まず非正規の仕事しか見つかりませんよ。

「優秀な人は40代以降でも余裕でいい会社に行けるし!」なんて根拠のない自信を持っている人も多いですが、そんなのはごく一部の本当に優秀な人だけですからね(笑)。

 

しかしこんなページを見ている人ですと、今現在40代でフリーターをしており、先の見えない生活を送っている方も多いかもしれません。

40代フリーターの方がはい上がるための方法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

一日でも若いうちに正社員の仕事を探す

40代フリーターの方がはい上がるための方法として、1日でも若いうちに正社員の仕事を探すことが挙げられます。

今からでも何とか正社員になって年収を上げたい、老後の備えをしたいというのであれば、1日でも若い方が有利です。

40代だからもう無理と諦めている人も多いですが、正直会社によりますし、人手不足の業界であれば40代でも結構簡単に正社員採用されます。

私の周りでも、飲食業や介護業などの人手不足の業種ですと、特にたくさん受けることもなく一社受けただけで正社員採用されたなんていうケースも結構あります。

 

正社員になるとやはりボーナスも出ますし、世間体もいい傾向にあります。

正社員になりたいのであれば、早めに動いておいた方がいいでしょう。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

せめて社会保険に入れてくれる会社でフリーターをする

40代フリーターがはい上がるための方法として、せめて社会保険に入れてくれる会社でフリーターをすることも挙げられます。

フリーターの方と言うとまだまだ社会保険に入れてもらえず、自分で国民年金や国民健康保険を収めている人も多いのではないでしょうか?

しかし国民健康保険ですと、怪我や病気で働けなくなった時に傷病手当金が貰えません。

会社員の加入する協会けんぽなどですと、怪我や病気で働けなった時に、最長一年六ヶ月傷病手当金が貰えるんですが…。

また国民年金だけですと老後の資金が不十分で、将来が不安なフリーターの方が多いと思います。

「フリーターは老後やばい」なんていうのは、以前から言われていることですからね。

 

しかし、最近は社会保険の財源がきつくなってきたこともあり、フリーターの方でも社会保険に加入しやすくなるように法律が改正されてきています。

特に従業員501人以上の大企業では、普通にフリーターの方でもフルタイムかそれに近い働き方をしていれば、社会保険加入義務ができたので社会保険に加入しやすくなってきています。

社会保険に加入すれば、

  • 失業しても失業保険が貰える
  • 仕事中の怪我は労災保険で補償が出る
  • 怪我や病気で働けなくなっても最長1年6ヶ月傷病手当金がもらる
  • 手厚い厚生年金に加入できる
  • しかも会社が保険料を半分折半で払ってくれる

などのメリットがあります。

 

40代フリーターの方でも、老後の不安を払拭したい、何かあった場合が不安という方は、せめて社会保険に入れてくれる会社でフリーターをすることを強くおすすめします。

「40代でフリーターだから人生諦めた」なんていう方も多いかもしれませんが、人生諦めるにしてももっとマシな環境で諦めた方がいいでしょう。

40代でも正社員になりやすい人手不足業界で仕事を探す

40代フリーターから這い上がるための方法として、40代でも正社員になりやすい人手不足業界で仕事を探すということも挙げられます。

40代から正社員になるなんて無理!ぐらいに思っている方も多いですが、そんなのは業界によります。

誰もやりたがらないような人手不足業界であれば、高齢者ばかりで40代なんてまだまだ若者扱いで諸手を挙げて歓迎してくれる業界も珍しくありません。

40代から正社員になりたい場合は、そういった業界を願って就職活動すれば、思いの外簡単に正社員になれる可能性があります。

 

代表的なのは、

  • 介護業界
  • 飲食業界
  • 小売業界
  • タクシー業界
  • 運送業界
  • 警備業界
  • 土木建築業界

などなど。

私の周りでも、介護業界や飲食業界なんて40代50代未経験から、フリーター歴しかないような人でも普通に正社員採用されていたりしますね。

タクシー業界なんて、60代70代の業界未経験の新人がいたりしますので、40代なんて若手扱いです。

正社員といってもピンキリですし、本当に業界によります。

意地でも正社員になりたいという方は、こういった業界を狙えば簡単に正社員になることができます。

フリーターをしたまま副業をして収入を上げる

40代フリーターから這い上がるための方法として、フリーターをしたまま副業して収入を上げることも挙げられます。

フリーターが40代から這い上がるなんて言うと、まず正社員になることが思い浮かびますが、40代から正社員になるって結構大変です。

40代ともなると頭が凝り固まってきて、新しいことを覚えるのがなかなか難しくなってきますし、正社員になれたとしても会社にいるのはまず年下の正社員ばかりで、気まずい思いをすることになりますからね。

 

単に収入を上げたいというだけであれば、正社員にならなくても副業して収入の上積みを図るという方法もあります。

幸い最近はネットでも手軽にお金が稼ぎやすくなってきていますし。

フリーターの方でもネットで稼ぐようになれば自営業の肩書きを手に入れることができますので、フリーターを名乗るか自営業名乗るかは本人の勝手です。

まぁ今のところフリーターで生計が立っているわけですから、副業分は全額貯蓄したり、資産運用に回すなどしておけばいいと思います。

今の時代一つの収入源だけに頼るのは極めて危険ですので、収入源を分散しておけば、下手な正社員よりは生活が安定しますからね。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

まとめ

40代でフリーターの方が多い理由や、40代でフリーターから這い上がるための方法についてまとめてきました。

40代の方は就職氷河期世代なので、本当に大変な人生を送っている方が多いと思います。

正直これまでろくな目にあってこなかった、人生に明るいイメージが持てないなんて方も多いのではないでしょうか?

これまで生きてきて不況をずっと経験してきて、もう疲れてしまってあとは死ぬまで生きるだけだ…と諦めている方も多いでしょうからね。

 

まぁ別に業界によっては、今からでも正社員になれたり、収入を上げて将来の備えをしていくことは十分に可能だと思います。

今は稼ぐ手段なんて沢山ありますから、別にフリーターの仕事だけに限る必要もありませんからね。

収入を分散しておけば生活も安定しますし、何かあった時も安心です。

フリーターから這い上がりたいのであれば、正社員になるのもいいですが、複数の収入源を持つことも考えてみた方が良いかもしれません。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

無職でもスマホで数万円~10万円程度なら稼げます!

 

無職となると収入もなくなってしまうため、「お金がなくてヤバい!」という状況になりがちです。

失業保険も大した金額ではありませんし、貰える期間も短いですからね…。

ですが最近はネットの発達によって手軽にお金が稼ぎやすくなってきているため、スマホでもお小遣いを稼ぎやすくなってきています!

外にバイトに行くよりは、手軽に片手間で稼げるのは嬉しいですね。

 

特にポイントサイトを使えば、無料会員登録や口座開設などの案件をこなすことで、一時的に数万円~10万円程度なら稼げます。

ポイントサイトは、無料会員登録や口座作成などの広告案件をこなすことで、企業側もポイントサイト側も儲かり、あなたも稼げるという三方良しの仕組みです。

Tポイントや楽天ポイントなどに交換して使うのであれば、失業保険受給中でも収入にあたらない可能性が高いです。

不安であれば、失業保険受給中はポイントを貯めておき、受給が終了してから現金やポイントに交換すれば良いでしょう。

 

「無職でもネットで手軽に稼いで、生活を楽にしたい!」という方にお勧めのポイントサイトはこちら!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

■モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

業界トップクラスの最強ポイントサイト。

他社ポイントサイトに比べて還元率が高く、案件数も業界最大級に多いのがメリットです。

この業界はポイントを貯めても換金できない詐欺ポイントサイトが多いですが、東証一部上場企業のセレスが運営しているため、確実に換金できるので安心です

私も何度も換金していますし、安心して利用できます。

 

FX口座作成やクレジットカード作成などの高額案件をいくつかやるだけでも数万円~10万円前後は稼げます。

稼げないネット内職が多い中、やれば誰でも稼げますので、無職でお金に困っているなら気楽に始めると良いでしょう。

gmailなどのパソコンのメールアドレスでも登録できますが、スマホなどのキャリアメールアドレスで登録するとスマホ向けの稼げる案件もできるようになるのでお勧めです。

⇒月5万円の副収入ゲット!最強ポイントサイト【モッピー】

フリーター就職氷河期世代
この記事を書いた人
TK神戸@元無職

30代自営業。無職、大企業正社員、派遣、フリーターなどなど一通り経験しました。バイトも含めれば経験20社以上、無職で貯金ゼロ状態も経験。
無職でもお金を稼ぐ方法や制度を知っていれば生き残れる可能性が上がります。無職状態でも希望を持てるメディアを目指しています。

TK神戸@元無職をフォローする
TK神戸@元無職をフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。