無職ニートはこれからどうする?ニートで将来不安な時の対処法

 

無職ニートだけどこれからどうしよう!

そういった漠然とした悩みを持っている方は、今のご時世珍しくないかもしれません。

 

最近はニートやひきこもりの方が急増しているため、あなたのような悩みを持つ方は少なくありません。

内閣府の調査によると、2021年のニート総数は75万人、ひきこもりは2018年時点で約115万人で、そのうち中高年ひきこもりは61万人となっています。

無職やニートになると気楽ですが、やはりすぐ飽きてしまう傾向にありますからね…。

ずっと働かずに行ければいいですが、お金が尽きたらまた働く羽目になります。

歳を取れば取るほど、社会復帰は絶望的になっていきます。

 

ですが無職ニートとなると社会復帰するのが結構大変だったりしますからね…。

この記事では、無職ニートでこれからどうしたらいいか不安な時の対処法について解説します。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

無職やニートで、これからの人生に悩む人は多い!

最近はあなたのように、無職やニートの方でこれからどうしたらいいか悩む方は多いです。

実際ネットやSNSなどを見てみても、

とうとう、弟が会社から雇い止めになりました。派遣先も終了になり、11月からニート予定です。
少し?発達障害があるみたいです。
(私もその傾向あり)これから、どうするか、今月末に家族で相談してみます。不安が募るけど、彼自身が一番不安かな?

 

ニートになったがこれからどうするか悩むな

 

今はとりあえず次の職が決まってないのにニートになった事、次の家、これからどうするか決めなきゃ行けないことが山ほどあって、しかも1ヶ月で決めなきゃならなくてゲームしてる場合じゃないんだけど

 

おはよぉーございます。。
喉ガラガラやぁ、、仕事もやめた。
これからどうするか考えます。。
まだニートに逆戻りやな(;-ω-)ウーン

 

これからどうするかなー
就職先決まってないから、少しの間ニートなんだよね…

こんな意見が散見されますからね…。

 

これまで自分で貯めたお金でニートをするのであれば良いですが、親のお金でニートをしている場合は今後が不安でしょう。

親が亡くなったら生活できなくなってしまいますので、路頭に迷ってしまいます。

とりあえずバイトでも始めるのも手

無職でこれからどうしようと考えているのであれば、とりあえず働いてみるというのも手段の一つです。

というか、世間一般の人達に

  • 「無職だけど、これからどうしよう?」
  • 「ニートだけど、これからどうしようか悩んでるんだ」

などと相談したら、

働けと言われるに決まっています。

 

特に最近は人手不足の会社が多いですし、募集をかけてもなかなか人材が集まらない会社がかなり増えてきています。

今は少子高齢化による労働人口の減少で、働く人自体が減ってきていますからね。

失業率の過去最低を更新してしまいましたし、求職者自体も減っています。

あなたのように無職で「これからどうしよう」なんて考えてる方でも、働いてほしいと考えている会社や企業も多いのです。

いきなりフルタイムはきつい!単発バイト程度から始めたほうがいい

まぁかといって、いきなりフルタイムで働き始めるのも面倒くさいでしょう。

とりあえず単発バイト程度でもいいから働いてみるというのも手段手段の1つです。

一昔前までは、東京などの都会でしかそういった単発バイトなどのフレキシブルな働き方はなかったのですが…。

最近は地方でもなかなか人が集まらなくなってきていますので、わりと地方の都道府県でも単発バイトや短期バイトなども増えてきています。

今は本当に募集をかけても、バイトも社員も集まらない会社が増えてきていますからね。

 

とりあえずこういった所で働いて、緊張感を取り戻せばお金にもなりますし、暇つぶしにもなると思うんですがどうでしょうか?

やはり人間は、たまには働かないとダメになってくると思います。

最近は履歴書不要・現地集合みたいな単発バイトが探せるアプリも増えていますので、こういったものを使っていくと良いでしょう。

⇒面接無し履歴書不要!すぐにスキマ時間に働ける単発バイトアプリ【シェアフル】

とりあえず職業訓練にでも通ってみるのも手

無職やニートですと、やはりこれからどうしようと考えてしまいがちです。

まぁ仕事をすぐに探し出せばいいのですが、長く無職やニートをしていた人ですと生活リズムがだらけてしまっているのではないでしょうか?

 

その上、

  • 体力も落ちている
  • コミュニケーション能力も落ちている
  • いきなり仕事を探し始めるのはだるい
  • 重い腰が上がらない

こういった状態に陥っている方も多いかもしれません。

長く無職やニートしていると、「働くのもやぶさかではないかな」という気もしてくるものですが、

面倒な仕事を探し始めるのはエネルギーがいりますからね…。

 

でしたら、とりあえず社会復帰のリハビリとして職業訓練校にでも通ってみるというのも手段の一つです。

職業訓練校でしたら入学金や授業料はほぼタダですし、条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金がもらえます。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

 

ダラダラ無職やニートをやってこれからどうしようなんて考えて無駄な時間を持て余しているのであれば、とりあえずこういった所に通った方が建設的だと思います。

とりあえず学校に通えば、

  • 人にも会う
  • スキルや資格が身につく可能性がある
  • 生活リズムが整って社会復帰のリハビリにもなる

などなど、良いことづくめです。

とりあえずこういった所に通ってみるのも良いかもしれませんね。

これからは自営業でも目指してみる手も

あなたのように、無職やニートの方で「これからどうしよう」と悩んでいる方も多いかもしれませんが…。

もしかしたらそういった方は、

  • 「また社畜をやるのもなぁ」
  • 「どうせブラック企業しかないよ」
  • 「仕事始めたら仕事だけの人生になりそうだし…」

こういった悩みをお持ちの方も多いかもしれません。

 

労働環境のいい西洋の国などであれば、会社員でも年間一ヶ月とか二ヶ月のバカンスなどがあったりしますが…。

わが国にはそんなハイカラなものはありませんし、基本的に働き始めたら定年まで死ぬまで働くことになる会社が多いです。

なので無職やニートで「これからどうしよう」とは言いましても、なかなか重い腰が上がらないんですね。

一向に我が国の労働環境は改善する兆しすら見えませんからね…。

 

 

でしたら、ネットで稼いで自営業を目指すというのも手段の1つです。

幸い今はネットの発達により、ネットで稼ぐ方法も確立されてきていますし。

こんなページを見ている方は独身の方が多いと思いますが、さすがに家族を養うほどの収入を稼ぐのは割と大変ですが、

独身の方が節約して1人生きていく分ぐらいであれば余裕で稼げます。

足りなければちょこちょこバイトをしてもいいですし。

 

まぁこれからは更にこういったネットで稼ぐ方法が普及していくでしょうから、こういった道に進んだ方が将来性があるかもしれません。

こちらで色々なネットで稼ぐ方法などを紹介していますので参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

仕事が多い今のうちに、仕事を見つけておく手も

あなたのように無職やニートをしていると、「これからどうしよう」なんて漠然とした悩みを持ちがちですが…。

仕事を探す気があるのであれば、今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

 

これからは更に少子高齢化で労働人口が減っていくので、この人手不足トレンドは変わらないと思います。

最近はベトナムはフィリピンなども経済発展してきており、猛烈な円安も相まって日本に出稼ぎに来るメリットがなくなりつつありますからね…。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

面倒な就職活動が嫌なら、とりあえず派遣でもやってみるのも手

あなたのように無職やニートをしていると、「これからどうしよう」なんて言う悩みも出てきてしまいますが…。

長く無職やニートをしていると、そろそろ働くことが恋しくなってきた人も多いのではないでしょうか?

しかしそうは言いましても、無職やニートの状態から働き始めるには面倒な就職活動をしないといけません。

これが嫌で無職やニートで、「これからどうしようか悩んでるけど、重い腰が上がらない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

でしたらとりあえず、派遣の仕事でもやってみるというのも手段の一つです。

派遣会社に登録すれば、派遣の担当者があなたに合った仕事をどんどん紹介してくれますからね。

無職やニートで多少ブランクがあったとしても、派遣の担当者が適当に経歴をコーディネートしてねじ込んでくれます。

特にIT派遣などは、「未経験の仕事でも経験数年以上のベテランにされて派遣された!」なんていうケースも普通にありますし。

倫理的にどうかと思いますが、無職やニートでブランクがある方や仕事を探すのが面倒な方にとっては、勝手に仕事を紹介してくれますので楽です。

 

工場派遣あたりは時給も比較的高めですし、残業代もしっかり出て夜勤も割増しで貰えるので稼げます。

金属加工業などは業種別最低賃金が適用されるので、一般的な最低賃金よりも高めなのです。

特に期間工などは満了金や赴任手当なども貰えますので、積極的に検討してみると良いかもしれません。

⇒寮費も光熱費も無料!赴任手当や満了金あり求人探すなら【工場求人ナビ】

とりあえず旅にでも出るという手も

やはり無職やニートですと、余る時間を持て余していて「これからどうしよう」なんていう漠然とした悩みも持ってしまいがちですが…。

やはりお金が無くなったら、また働き始めることになってしまいますからね。

案外この「これからどうしよう」なんて悩んでいる無職やニート期間については、貴重な可能性もあります。

 

なのでその有り余る時間を生かして、とりあえず旅に出てみるというのも手段の一つです。

あまりお金はないかもしれませんが、別に旅に出るぐらいだったらお金はそれほど必要ありませんからね。

徒歩で日本一周する人もいるぐらいですし、ママチャリで日本一周する人もいるぐらいです。

比較的暖かい季節でしたら、野宿することも可能ですし。

ネットカフェや24時間営業のスーパー銭湯などに泊まれば2000円以下で泊まることも可能です。

食費なんて、適当に激安スーパーか何かで惣菜などでも買って食べとけばいいですからね。

 

無職やニートで時間を持て余していて、「これからどうしよう」なんて悩んでいるのであれば、今のうちに旅にでも出ておくのもいいかもしれません。

こういったことって定年後は色んなところに旅に行きたいと考えている人が多いんですが、人間はいつ死ぬかは分かりませんからね。

今のうちに行ってみた方が良いでしょう。

年を取ったら足も弱ってきて病気がちになり、旅なんておいそれと行けなくなりますからね。

幸い、今は選ばなければ無職ニートでも採用されやすいので…

あなたのように、無職やニートをしていると「仕事が見つからないんじゃないか」なんていう気もしてきます。

  • 「ブランクがあるし採用なんてされないよ」
  • 「俺みたいなニートを雇ってくれる会社なんてないよ」
  • 「ブランク空いちゃったけどこれからどうしようかな」

こんな漠然とした悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

少子高齢化による労働人口の減少で、本当に人が集まらない会社が増えてきていますからね。

まぁ流石にバカ正直に「無職やニートしてました」なんてブランクを正直に告白したら書類で落ちる可能性が高いですが…。

まぁ適当にバイトでもしてたことにすれば、最近はかなり受かりやすいです。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

やはり無職やニートをしていると、時間が有り余っています。

そういった状態に陥ってしまうと「これからどうしよう」とか「これからの人生どう生きたらいいんだ」なんて言う答えのない問題を抱いてしまいがちですが…。

そんな風に悩んでいても一ミリもメリットはありませんし、早めに仕事を探しておいた方がいいです。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

テキストのコピーはできません。