引きこもりから就職するのにハローワークは使える?引きこもりから就職する方法

 

  • 引きこもりだけど就職したい!
  • とりあえずハローワークに行こうかな…

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世多いかもしれません。

 

やはり仕事を探すとなるとまず頭に浮かぶのはハローワークですからね。

ひきこもりの方が就職を目指すというのは、とてもいいことだと思いますが…。

ただガチの引きこもりの方がいきなりハローワークに行っても結構厳しい可能性もあります。

 

この記事では、引きこもりがハローワークを使って就職する時の注意点についてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

引きこもりの就職となるとハローワークはあまり相談に乗ってくれない可能性が…

あなたのように引きこもりの方で就職を目指す方というのも最近は多いと思います。

特に最近は仕事がたくさんある傾向にありますからね。

いくらひきこもりの方とは言っても社会復帰がしやすくなってきているんです。

今は少々空白期間があった人でもなにかしら仕事は見つかる傾向にありますからね。

特に人手不足の会社が増えてきていますので、企業側も選り好みしていられなくなってきているんですが。

 

ただ引きこもりの方がハローワークを使うというのは、賛否両論かもしれません。

ひきこもりの方となるといきなりフルタイムで正社員で働くのもなかなか厳しい方が多いかもしれませんし。

社会でやっていく上で不安がある方も多いのではないでしょうか?

 

基本的にハローワークというのは、仕事の応募を受け付けたりして仕事を探す場所ですからね。

  • どんな仕事をしたらいいのか?
  • 働く上で不安がある…
  • ひきこもりでもやっていけるかな?

こういった漠然としたら悩みにはなかなか乗ってくれないんです。

そもそもハローワークは求職者向けの相談機関でひきこもり向けの相談機関ではありませんからね。

まぁあまり重度の引きこもりの方ではないのであれば、ハローワークもいいと思いますが…。

結構長らく引きこもっていて社会不安障害などを併発している方ですと、もう少しふさわしい機関に相談した方がいいかもしれません。

 

とりあえず若者サポートステーションあたりに相談に行くのも手段の1つ

あなたのように引きこもりの方で就職を考えてハローワークを利用する方も多いですが…。

やはりすぐ働くのも難しい方も多いのではないでしょうか?

長く引きこもっていた方ですと、

  • 体力も落ちているでしょうし。
  • コミュニケーション能力も落ちているでしょうし。
  • 外で長時間過ごせない方も多いでしょうし。

とりあえず何からやっていったらいいのかわからない方も多いかもしれません。

 

ひきこもりの方となると、ハローワークよりは若者サポートステーションなどの機関に相談に行った方がいいかもしれません。

こちらはニートやひきこもりなど、働くことに悩みを抱える若者全般の悩みにのってもらえます。

1時間ぐらいは相談に乗ってくれる傾向にありますね。

 

  • どんな仕事をしたらいいのか?
  • ひきこもりで働くのに不安がある!
  • というか働くのが怖い!

こういった漠然とした悩みを持っている場合は、ハローワークでは相談に乗ってくれませんからね。

「そんなこと言わずに早く働きましょう!」なんて言われるに決まっています。

ひきこもりの方の場合は、そういった人の対応に慣れたこちらのような相談機関に行ってみるのもいいかもしれません。

⇒全国のサポステ | サポートステーションネット(外部サイト)

 

ハローワークを使うのは、ある程度やりたい仕事が明確になってからの方がいいかも

あなたのように引きこもりの方が就職をしようと考えてハローワークを利用するのもよくあるパターンですが…。

ハローワークを利用する場合は、ある程度やりたい仕事などが明確になってからの方がいいかもしれません。

上でも述べたようにハローワークが基本的に仕事を紹介する機関ですからね。

相談業務も仕事に含まれてはいますが、あまり長時間の相談には乗ってくれませんし。

ある程度応募したい仕事が決まっていてそれで応募する時に使うのであればいいですが、どんな仕事をしたらいいのか?なんていう漠然とした悩みには相談に乗ってくれません。

 

なので、ある程度やりたい仕事が明確になってからハローワークを使うようにしましょう。

そうしないとハローワークの担当者も困ってしまいますからね。

 

職業訓練などを受けるなら、引きこもりでハローワークを使うのもあり

ひきこもりの方の就職でハローワークは使うのであれば、職業訓練などを受けるときに使うのも良いかもしれません。

幸い国が職業訓練校と言うものを用意してくれていますからね。

というか引きこもりの方がいきなり就職活動を初めて正社員で働き出すというのは、結構ハードルが高いと思います。

とりあえず社会復帰のリハビリのために職業訓練校などに通ってみるのもいいかもしれません。

そうすれば規則正しい生活リズムが身に付いたり体力が身についたりして、段階を追って引きこもりから就職を目指していくことができますし。

 

突然それまで引きこもっていた方が仕事を探し始めて就職しても、今は人手不足なので採用はされるかもしれませんが、長続きしない可能性もありますし。

職業訓練校に通えば条件を満たせば、月10万円の職業訓練受講金がもらえますし。

入学金や授業料はほぼタダで資格やスキルが身につく可能性があります。

まぁ引きこもりの方がいきなりハローワークに行って就職を目指すよりは、とりあえずこういった所に通った方が私はいいと思いますけどね。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省(外部サイト)

 

ハローワークの求人はブラック企業も多いので、よく調べてから応募するべき

あなたのようなひきこもりの方が就職を目指すというのは、とてもいいことだと思いますが…。

しかし一つ注意しなければいけないのは、ハローワークにはブラック企業の求人があまりにも多いということです。

特に最近はそう言ったブラックな会社と言うのは人が集まらなくなっており、人手不足に陥っている傾向にあります。

正社員で募集をかけてもなかなか応募が来ない会社が多いですし。

 

帝国データバンクの21018年の調査によれば約半数の企業が正社員が足りないと回答していますし。

そんな中人が来ないのは死活問題なので、あまり高い給料出せないブラック企業は求人票に嘘を書いてでも人を集めようとする傾向にあります。

ひきこもりの方ですと、空白期間も空いていて書類の段階で結構落とされる傾向にありますからね。

そういったブラック企業に入社してしまう可能性も高くなってきているんです。

 

なので、そういったブラック企業に当たってしまわないように受ける企業についてはよく調べて行った方がいいかもしれません。

幸い最近はネットの発達によって企業の口コミも簡単に見られるようになってきていますし。

元社員や現在働いている社員の口コミなども見ることができますからね。

そう言った転職口コミサイトを使って企業の口コミを見ていくと良いでしょう。

ろくでもない会社に入ってしまうと、もうせっかく引きこもりの方が一念発起して就職しても長続きしませんからね。

働くことがトラウマになってしまいまた引きこもりに逆戻りしてしまう可能性もありますし。

→10万件の企業口コミで失敗しない転職!【キャリコネ】

 

引きこもりでお金もないなら、とりあえずお金を稼ぐことから始めるべきかも

あなたのように引きこもりの方が就職を目指すというのは、とてもいいことだと思いますが…。

やはりいきなりハローワークで仕事を探し始めても結構きついかもしれません。

長続きしないかもしれませんし。

 

というか引きこもりの方ですと、お金がない方も多いのではないでしょうか?

就職活動にはお金もかかってきますからね。

  • 交通費
  • スーツ代
  • スーツのクリーニング代
  • 履歴書代
  • 証明写真代

などなど。

仕事を探すにも色々とお金がかかってくるんです。

 

なので、とりあえずはお金を稼ぐことから始めてみるのも手段の1つです。

幸い最近はネットの発達によって、引きこもりの方でもネットで手軽にお金が稼げるようになってきていますからね。

まぁとりあえず数万円ぐらい稼ぐことはそれほど難しいことではありませんし。

そのぐらいあれば、引きこもりの方の就職活動を支度金ぐらいにはなります。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

今ならばひきこもりでも就職はしていきやすいので

あなたのように引きこもりの方が、ハローワークで就職を目指したい!と考えるのはとても素晴らしいことだと思います。

ただそういったことを言い出すと世間では、

  • 引きこもりが正社員で就職するなんて無理!
  • せいぜいフリーターぐらいしかないぞ!
  • せいぜいブラック企業で頑張るんだな!

こんなこと言われる傾向にありますが…。

ネットは本当にネガティブな意見が多いので、ひきこもりの就職の意欲をそいでこようとする傾向にあります。

 

まあそうは言いましても今は本当に人手不足の会社が多く有効求人倍率も高止まりしていますからね。

ブラックな会社ばかりではなく比較的良い会社にも行きやすくなってきているんです。

まぁ引きこもりの方の場合はよくブラック企業かどうかを吟味して行った方がいいと思いますけど…。

せっかく就職の意欲が出てきたのにそこでブラックな会社に入ってしまったら、長続きせずに働くことがトラウマになってしまう可能性もありますし。

まぁ今は転職の口コミなどが手軽に見れますので、そう言ったサイトでよくチェックしていくと良いでしょう。

→10万件の企業口コミで失敗しない転職!【キャリコネ】

 

まとめ

あなたのように引きこもりの方で就職しようと考える方も珍しくないと思いますが…。

ハローワークをいきなり使って仕事を探し出すのはちょっとよく考えた方がいいかもしれません。

やはりハローワークはブラック企業が多い傾向にありますし。

体力も気力も落ちている引きこもりの方が、突然そんな会社で働き始めても長続きしないかもしれません。

 

まあそうはいっても今は仕事は多いので、ひきこもりの方でも就職はしやすくなってきていますけど。

今は本当に人手不足に陥っている会社が多いですからね。

引きこもりから就職していきたいのであれば、今のうちに動いておくといいかもしれません。

 

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

そういった悩みをお持ちの無職の方は、今のご時世多いです。

 

特に無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

 

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方は、自分の転職市場価値を診断するところから始めてみるのがお勧めです!

幸い最近は、転職希望者と企業側の求人データ、過去の転職者のデータから、転職市場価値を診断できる転職アプリが出てきています。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

MIIDAS

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

ひきこもり
mushokuをフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。