コミュ障だから働けない!コミュ障でも就職して社会復帰する人生逆転策はこれだ!

StockSnap / Pixabay

 

  • コミュ障だから働けない!
  • 面接すら受かる気がしない!

そういった悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないかもしれません。

 

最近はニートの方も急増していますので、コミュ障だから働けないと就職を諦めている人は多いのかもしれません。

総務省が2020年に発表した「労働力調査」によりますと、15~44歳の無業者(ニート)人口は108万人となっており、2010年の99万人から大幅に増加しています。

コミュ障の方ですと、面接はおろかハローワークの担当者と話すことすらハードルが高そうです。

「社会復帰なんて無理!」と諦めている方も多いかもしれません。

 

この記事では、コミュ障だから働けない時の対処法を解説します。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

コミュ障だから働けないと諦めてしまう人は少なくない

最近はあなたのように、コミュ障だから働けないと悩んでしまう人は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されます。

最近はデジタルデバイスやネットの普及により、対面のコミュニケーションが苦手な人が増えているという説もあるようです。

コミュ障でも、面接さえ取り繕えば受かることは可能

コミュ障だと、就職を諦めてしまいがちですが…。

正直仕事探しなんて書類選考が受かれば、あとは短時間の面接さえ取り繕うことができれば普通に受かります。

コミュ障の人でも初対面は得意だったり、表面上のコミュニケーションだけは得意なタイプの人もいますから、そういったタイプの人であれば働くことは可能です。

 

そもそも最近は少子高齢化によって、若者人口が激減しています。

2020年には日本人の平均年齢も48歳を超えてしまいましたので、20代30代あたりなら相対的に若い部類になり、若いというだけで受かります。

最近は「正社員で募集をかけても応募が無い!」なんてケースも多いため、応募する=ほぼ100%内定…なんてケースも少なくありません。

それほどまでに日本の少子高齢化は深刻ということであり、コミュ障でもいないよりマシなのです。

しかし受かってから長続きしない可能性が…

むしろコミュ障の方だと、受かってからのほうが心配かもしれません。

ぶっちゃけ今のご時世、若いというだけで受かるのですが、続くかどうかは別問題です。

コミュ障の方って自意識過剰だったり、なんでもネガティブな方向に考える癖がありますからね…。

ちょっとしたことで変な取り越し苦労をしてしまい、精神的に疲れ果ててすぐに仕事を辞めてしまう可能性もあります。

 

まぁ逆に「ここを辞めたらコミュ障の自分は雇ってもらえない…」なんて自分を追い込んだりすることが幸いして、長続きするケースもありますが…。

まぁ一度働いてみないと何とも言えません。

派遣などの非正規は辞めて、正社員など直接雇用で腰を据えて働く

コミュ障の人ですと、派遣で職場を転々としている方もいますが…。

むしろコミュ障の方ほど、腰を据えて一カ所の職場で働いた方がいいと思います。

長く働いていれば、あなたのことも周りの同僚に理解してもらえます。

まあいい意味で諦めて貰えるんですよ。

  • 「あいつはああいう奴だから」
  • 「あいつは無口だけど、やるときはやる奴だから」
  • 「根は悪い奴じゃないから」

みたいに、時間をかけてあなたのことを理解して貰えるんです。

 

ですが派遣ですと、派遣先が変わればまた1から人間関係がスタートしてしまいます。

コミュ障ですと、「慣れてくれば話せるけど、初対面は苦手」という方も多いのではないでしょうか?

コミュ障でも昔から知っている友人や家族であれば普通に話せる人がほとんどだと思いますし、やはり慣れが一番重要です。

音読でコミュニケーション能力を鍛えるのも手段の一つ

コミュ障というのが、単にしゃべれないという意味なら、音読で改善するかもしれません。

読むものは何でもいいですが、できるだけ早口で読んでみてください。

5分でもいいから毎日やってみましょう。

無職ニートで暇だけはあるなら、毎日何時間でもやって構いません。

 

これやると喋ることに慣れますし、思いついたことがスラスラ言えるようになります。

脳の前頭葉も活性化されますので、自己コントロール力がついたり、ストレスに強くなったりします。

 

私これで口下手なのを治したことがありますし、音読で面接の練習したらかなり内定貰えました。

コミュ障で悩むなら、まずこれをやってみるといいでしょう。

単に雑談力がないなら、色々な話題を仕入れておく

コミュ障というのが、単に雑談力がないだけ、という人もいるでしょう。

そういう人は、とりあえず色々な話題を仕入れておきましょう。

できれば幅広い趣味を持っておくと、様々な人たちと繋がることができます。

共通の話題=人とつながれるツール、みたいな感じです。

これやると色々な人と話せます。

 

社会人ですと学生の時に比べて、孤独を抱えてる人も多いです。

あなたもそうかもしれませんが、社会人で働いてる方も同じです。

なので趣味が同じ、関心が同じ相手は貴重ですから、丁重に扱ってくれる傾向にあります。

 

ホストやホステスなど水商売の方々は、様々なお客さんと話せるようになるために様々な話題を仕入れていますからね。

まあそこまでやらなくても、ある程度関心持ってる人が多い話題ならなんでもいいとは思いますが。

たとえば田舎なら、パチンコ人口が多いので、パチンコやっとくだけで結構な割合の人と盛り上がることができます。

諦めて在宅ワークで働くというのも手

或いは、コミュ障というのも本人の気質の問題です。

なかなか治そうと思っても難しいかもしれません。

 

でしたらもう諦めて、在宅ワークなどで働き出すというのも手段の一つです。

幸い、最近はネットの発達で手軽に在宅ワークができるようになってきていますし。

こういったやり方でお金を稼げば、自信もついてくると思います。

お金を稼げば色々出掛けることもできますし、自然と「人とつながりたい」みたいな欲求も出てくるかもしれません。

 

在宅ワークなどはこちらで紹介していますので、参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

コミュ障の方というのは、今時珍しくもないとは思います。

ですがコミュ障を自覚してる人でも働いてる人は多いですし、言い訳にはならないと思います。

もともと日本人なんて、シャイでコミュ障な気がしますし…。

 

ただまあ上で述べたような改善方法などもありますし、在宅ワークなども増えてきています。

コミュ障の方でも昔よりは働きやすくなってきていますので、一日でも若いうちに動いておくと良いでしょう。

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

 

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方にお勧めのサービスはこちら!

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

無職の仕事探し現状を変える方法
mushokuをフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。