ロスジェネ無職が生き残る9つの方法!自己責任の格差社会を生き残るにはこれしかない!

 

  • 氷河期世代だけど無職!
  • これから先どうやって生きたらいいのか分からない!

そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

ロスジェネと言われる就職氷河期世代が最近問題になってきていますからね。

政府がこのロスジェネ世代に対して「人生設計第1世代」なんて言って、ネット上で物議を醸していましたし。

ロスジェネでも運良く就職出来たり、その後リカバリー出来た人であればいいですが…。

あまりいい仕事にも就けず、無職やフリーターなどで食いついながざるを得なかった方も珍しくありません。

そんな状況ですと将来の保証もなく、これから先どうやって生きていったらいいのだろう?と途方に暮れている方が多いと思いますが…。

この記事ではロスジェネ無職が生き残るための方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ14の方法!

ロスジェネ無職が生き残るには?

ロスジェネ世代の無職となると、これから先どうやって生きていったらいいのか途方に暮れている方が多いと思います。

この世代は人数も多いので、受験戦争も大変で就職活動も大変でしたからね…。

バブル崩壊の大不況で就職できず、フリーター無職になってしまった方も多いのではないでしょうか?

ただまだまだ人生長いですし、なんとか生き残っていく必要があります。

ロスジェネ世代の無職が生き残るための方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

生活費を極限まで下げ、生活の損益分岐点を下げる

ロスジェネ世代の無職が生き残るためには、とにかく生活費を極限まで下げましょう。

生活にあまりお金がかからなくなれば、さほどお金がなくても生きていきやすくなります。

ましてや無職となるとお金がない方も多いでしょうし。

そろそろ貯金もなくなりそうな方が多いのではないでしょうか?

生活料下げるつもりはなくても下げざるを得ないという状況に陥っている方が多いと思います。

 

まあ幸いロスジェネ無職でも、あなたさえやる気を出せば、今は人手不足のご時世なので何かしらの仕事は見つかる可能性があります。

生活費を下げておけば、最悪バイト程度でもしながら貯金もして保険もかけながら生きていきやすくなります。

可能なら実家で子供部屋おじさんをやって家賃を浮かす

ロスジェネ世代の無職であれば、可能であれば実家に帰って、子ども部屋おじさんでもやった方が生きていきやすくなると思います。

その方が家賃が浮きますし、家族と固まって住むことで生活費が圧縮されて少ないお金でも暮らしやすくなります。

まぁ無職という時点で既に実家で暮らしている方も多いと思いますが…。

ロスジェネ無職なのに無理に一人暮らしをしている方の場合は、実家に帰ることも検討した方が良いかもしれません。

 

どうせ親が亡くなれば実家の相続が発生しますし、固定資産税も払う羽目になりますからね…。

空き家のまま放置しておくと固定資産税の特例が外されて増額された額を支払う羽目になる可能性もあります。

不動産は管理事務もありますから、相続放棄をしても管理義務は残ってしまいます。

まぁ頼れる実家がある方限定の手段ですが…。

職業訓練を受けて社会復帰を目指す

長らく無職をしている方の場合、だらけた生活になってしまっている方も多いと思います。

そういった方の場合は職業訓練でも受けて、社会復帰のためのリハビリをした方が良いかもしれません。

幸い職業訓練校は入学金や授業料はほぼタダで、テキスト代1万円台前後ぐらいを払えばいい訓練校が多いです。

 

失業保険を受けている方の場合、訓練期間中は失業保険を延長してもらうことができます。

雇用保険をかけていなかった方でも条件を満たせば、月10万円の職業訓練受講給付金も貰えます。

新たな分野の資格やスキルも身につく可能性がありますね。

まぁ「職業訓練なんて行っても無駄」なんていうことを言う人もいますが、長く無職をしている人ですと、毎日学校に通って生活リズムを正すだけでもかなり社会復帰しやすくなると思います。

再就職を諦めるならせめて社会保険に入れる職場を探す

ロスジェネ世代の無職ですと、仕事が見つからずに再就職を諦めてしまってる方も多いかもしれません。

ただロスジェネ世代ですと、もう四十代ぐらいの方が多いでしょうし、もう老後も見え始めてきている年齢の方が多いと思います。

もし再就職を諦める場合は、せめて社会保険に入れる職場を探した方がいいと思います。

最近は法律が改正されたことで、バイトやパートなどの非正規雇用の方でも条件を満たせば、社会保険に入りやすくなりましたし。

 

社会保険に入っていれば老後厚生年金ももらえますし、怪我や病気で働けなくなった時も傷病手当金が出たり、失業保険が出たりします。

最近は人手不足の影響で、非正規雇用でもボーナスが寸志程度もらえたり退職金も少額ながらかけてもらえる仕事も割と増えてきています。

健康寿命を延ばすため生活習慣を正す

ロスジェネ世代の無職が生きていくためには、健康な体を維持することが必要だと思います。

ここで慢性的に病気を抱えてしまったら医療費がかかってしまいますからね。

健康寿命を延ばすために生活習慣を正すことを徹底した方が良いかもしれません。

 

運動不足であれば、定期的に運動習慣を作ることも必要ですし。

生活習慣食習慣が偏っているのであれば、何を食べるかはよく考えた方がいいです。

食べ過ぎであれば、それを改善することも必要だと思います。

健康に配慮していくことで健康寿命を延ばし、あまりお金がかからないようにしていく必要があると思います。

ネットで稼ぐ方法を模索する

ロスジェネ世代の無職ですと、引きこもりがちになってしまい外に今更働きに出るのも難しいという状況に陥っている方も珍しくありません。

そういった方の場合、ネットで稼ぐ方法を模索するというのも手段の一つです。

幸い最近はネットの発達によって、ネットでも割と手軽にお金が稼ぎやすくなってきていますし。

まぁ最悪でも副業ぐらいにはなりますので、最悪バイトでも見つけながら副業してまぁまぁ稼いで生きていくこともできます。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ14の方法!

親が健在ならそろそろ親の健康対策もしておく

ロスジェネ世代の無職の方でもまだまだ親が現在の方も多いと思います。

ただもうロスジェネとなると40代ぐらいの方が多いですし、親の年齢ももう70代80代ぐらいになっている方も多いのではないでしょうか?

そのぐらいの年齢になると要介護になるリスクも出てきてしまいますからね。

 

そろそろ親の健康対策やボケ対策なども考えて行った方がいいと思います。

まぁ実家に住んでいる方なのであれば、タンパク質などを積極的に摂るようにして筋肉の衰えを食い止めたりすることも必要ですし。

定期的に連れ回したりして刺激を与えたり、足腰を弱らせないために工夫して行った方がいいと思います。

特に最近は高齢者が増えていることもあり、なかなか施設にも入所させにくくなってきていますからね…。

寝たきりにさせずにぴんぴんころりで逝ってもらえるように工夫していかないと、あなたが何とかするハメになる可能性もあります。

無職なんてなると、在宅介護なんてなったら地獄ですからね…。

実家の相続に備えて実家の片付けを始める

ロスジェネ世代の無職ですと、そろそろ親が亡くなることも想定して考えて行った方がいいと思います。

既に亡くなっているのであればいいですが、これからなくなるのであれば、実家はどうするんだという問題が出てきますし。

まぁロスジェネ無職ですと、実家に住んでいる方も多いと思いますが…。

相続に備えて実家の片付けを始めて行った方がいいと思います。

 

相続の放棄をするにしても、管理責任も相変わらず発生し続けますし。

特に親が高齢ですと、ごみ捨てすらできずにゴミ屋敷化してしまうケースが多いですからね。

そうなると当然ながらクレームもきます。

不動産は管理義務がありますので、あなたが後々なんとかする羽目になってしまいますからね。

実家が散らかっていたり物が増えてきてる場合は、早めに無職で暇があるうちに手を打っておいた方がいいと思います。

転職エージェントに相談してみる

ロスジェネで無職の状態はあまりいい状態ではありませんが、幸い最近は人手不足の影響で割と仕事も見つかりやすくなってきています。

今ならばあなたさえ動き出せば、何とか再就職しやすい環境であるのは事実ではあります。

ただ1人で仕事を探しても極めてきますし、なかなか動き出せない状況に陥っている方が多いのではないでしょうか?

 

とりあえず転職エージェントにでも相談してみるというのも手段の一つです。

やはりプロに相談した方がいいアドバイスがもらえると思いますし。

転職エージェントが使っている非公開求人の方が良い会社の求人が多く、一般的なルートで仕事を探すよりも待遇の良い会社に生きやすい傾向にあります。

仕事を今のうちに動いておくのが良いかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

生活費を下げ仕事を探すのが最適解!仕事多いうちの社会復帰を

ロスジェネ世代の無職が生き残るためには、とにかく何かしら仕事を見つけることですね。

仮に正社員で再就職するのが難しかったとしても、この人手不足のご時世で非正規雇用の仕事ぐらいであれば、割と見つかりやすくなってきていますし。

それでいて生活費を極限まで下げて生活の損益分岐点を下げていけばかなり生きやすくなります。

特に独身の方ですと、1人暮らしでも月10万円以下で生活している方は珍しくありませんし。

節約ガチ勢ですと、家賃含めて月5万円以下で暮らしている方もいらっしゃいます。

その位の生活水準で暮らせれば最悪バイトでもすれば余裕で生活していくことができます。

 

まぁ今は有効求人倍率も高いですし、仕事も多い傾向にあります。

今ならば比較的マシな会社で再就職をしやすい傾向にありますので、今のうちに動いておいた方がいいと思います。

 

無職でもスマホで数万円~10万円程度なら稼げます!

 

無職となると収入もなくなってしまうため、「お金がなくてヤバい!」という状況になりがちです。

失業保険も大した金額ではありませんし、貰える期間も短いですからね…。

 

ですが最近はネットの発達によって手軽にお金が稼ぎやすくなってきているため、スマホでもお小遣いを稼ぎやすくなってきています!

外にバイトに行くよりは、手軽に片手間で稼げるのは嬉しいですね。

特にポイントサイトを使えば、無料会員登録や銀行口座開設などの案件をこなすことで、一時的に数万円~10万円程度なら稼げます。

Tポイントや楽天ポイントなどに交換して使うのであれば、失業保険受給中でも収入にあたらない可能性が高いです。

不安であれば、失業保険受給中はポイントを貯めておき、受給が終了してから現金やポイントに交換すれば良いでしょう。

 

「無職でもネットで手軽に稼いで、生活を楽にしたい!」という方にお勧めのポイントサイトはこちら!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

■ポイントタウン

あの大手企業GMOが運営する、最強ポイントサイト。

他社ポイントサイトに比べて還元率が高く、案件数も業界最大級に多いのがメリットです。

この業界はポイントを貯めても換金できない詐欺ポイントサイトが多いですが、大手企業のGMOが運営しているため、確実に換金できるので安心です

私も何度も換金していますし、安心して利用できます。

 

FX口座作成やクレジットカード作成などの案件をいくつかやるだけでも数万円~10万円前後は稼げます。

稼げないネット内職が多い中、やれば誰でも稼げますので、無職でお金に困っているなら気楽に始めると良いでしょう。

→10万円のお小遣いゲット!最強ポイントサイトGMOの【ポイントタウン】

 

就職氷河期世代
この記事を書いた人
TK神戸@元無職

30代自営業。無職、大企業正社員、派遣、フリーターなどなど一通り経験しました。バイトも含めれば経験20社以上、無職で貯金ゼロ状態も経験。
無職でもお金を稼ぐ方法や制度を知っていれば生き残れる可能性が上がります。無職状態でも希望を持てるメディアを目指しています。

TK神戸@元無職をフォローする
TK神戸@元無職をフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。