無職で老後が不安な時の8つの対処法!これで老後の対策をしよう

 

  • 無職だし老後が不安!
  • 年金も貰えるかわからないし…

そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

特に無職となると収入もありませんし、年金も免除申請していたり未納にしている方も珍しくありません。

貯金を取り崩している方ですと、「老後果たして生きていけるのだろうか?」と不安になってる方も多いのではないでしょうか?

ただあなたが何歳なのか分かりませんが、まだまだ人生長いです。

これから先年金の支給開始年齢も後ろ倒しされていくことが予想されていますからね…。

 

無職で老後が不安な時の対処法について解説しますので、参考にしてみてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

無職で老後が不安な方は珍しくない

最近はあなたのように、無職で老後が不安な方は珍しくありません。

ネットやSNSを見てみても、

一生ニート独身

老後不安

 

ニートとかミッシングワーカーとかSNEPだかとか老老介護とか老後不安とか

全部安楽死を手軽にさせてくれれば解決するじゃん

 

10年ぐらいはニートできるけもおじいちゃん老後不安:;(∩´﹏`∩);:

 

すねかじりニートで老後不安

だが最近の無敵の人の増加ぶりを見ていると、刑務所に行けばいいんだと希望が出てきた

ありがとうジョーカーたち😊

こんな意見が散見されますね。

無職ニートとなると年金も払っていない人が多いでしょうから、老後が不安になるのは当たり前でしょう。

無職で老後が不安!どうしたらいい?

正社員でそこそこの会社で働いている人でも老後が不安なのに、無職となると尚更だと思います。

働いていないので収入もありませんし、世間体も悪いですからね…。

失業保険を貰っている方でもそう長い期間もらえるわけではありませんし、貯金を取り崩して生活している方も多いのではないでしょうか?

そんな状況で老後が不安になるなという方が無理です。

無職で老後が不安な時の対処法について解説しますので、参考にしてみてください。

生活費を下げて生き残りやすくする

無職で老後が不安な方は、とにかく生活費用を下げて生き残りやすくしましょう。

仮に毎月5万円程度で生活できるようになれば、どうなろうが生きていきやすくなります。

バイト程度でも余裕で生活できますからね。

 

節約ガチ勢ですと、超激安アパートに住んで1人暮らしなのに月5万円以下で暮らしているような方も結構いらっしゃるようですね…。

そのぐらいであれば国民年金だけでも普通に生活できますし、ちょっとバイトすれば余裕で生活しやすい傾向にあります。

結局はこうやって節約していくしかないのではないでしょうか?

特に今無職なわけですし、貯金を取り崩しているのであればなおさらです。

お金がある人であればお金をたくさん使う資格もありますが、無職で貯金もあんまりないのであれば、お金を使う資格はありません。

早く仕事を探して無職を脱出する

あとは無職だから老後が不安になってしまうというのはあると思います。

働いていないので収入もありませんし、世間体も悪いですからね。

年金も免除申請していたり未納にしている方が多いでしょうし、老後不安になるなという方が無理です。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

今ならば無職でブランクが長い方でもかなり就職しやすくなってきていますので、早く仕事を探して無職を脱出して行った方がいいと思います。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

正社員を諦める場合、せめて社会保険に入れる職場を探す

無職で老後が不安に陥っている方の場合、ブランクが空いていたり「もう再就職できないだろうな」と諦めてしまってる方が多いのではないでしょうか?

特に中高年以上の年齢だったりブランクが空いてしまってる方ですと、再就職が難しくなるため正社員になるのは諦めてしまいがちな傾向にありますが…。

まぁ諦めるなら諦めるでそれは仕方ないと思いますが、非正規雇用の仕事を探すにしてもせめて社会保険に入れる職場を探しましょう。

 

未だに「非正規雇用は社会保険に入れない」と勘違いしている方が多いですが、最近は法律も変わったことで非正規雇用でも社会保険にかなり入りやすくなってきたんです。

2016年に法律が改正され、従業員数501人以上の事業所で、雇用期間一年以上で週20時間以上、月給88000円以上稼いでいる学生以外の方は、社会保険加入義務ができました。

更に2022年10月からは従業員数101人以上で雇用期間二ヶ月以上の短期労働者にも拡大され、2024年10月からは更に従業員数51人以上の事業所にも拡大されていきます。

2025年からは従業員数制限を撤廃して零細企業にも加入させようという話が出ており、今後は働いていれば誰でも加入できるようになっていくでしょう。

社会保険に入っていれば老後厚生年金をもらえますし、怪我や病気で働けなくなった場合も最長1年6ヶ月傷病手当金が出たり、ちゃんと失業保険も出たりします。

最近は社会保険の財源もきつくなってきたこともあり、国も社会保険に加入させるように企業にかなり指導してくれている傾向にありますので、かなり入りやすくなってきています。

健康に気を使い生涯現役を目指す

無職で老後不安な方は、「老後生きていけるのか?」と不安になっている方が多いのではないでしょうか?

そういった方であれば、健康に気を使って生涯現役を目指す方向で考えた方が良いかもしれません。

適当な食生活や運動をし生活をしていると、不健康で生活習慣病になってしまったり、中高年ぐらいで持病を患ったり、健康害して認知症になりやすくなったりしてしまう可能性が高いです。

健康に気を使って生涯現役を目指せば死ぬまで働けますし、年金がもらえなくてもなんとか生きていきやすい傾向にありますね。

 

まあ結局できることといえば食生活に気を付けたり、定期的に運動するぐらいしかありませんが…。

無職となるとお金もなく、安い炭水化物だけで食事を済ませてしまっている方も多いのではないでしょうか?

それだと血糖血も爆上がりで糖尿病などの生活習慣病になるリスクも上がってしまいます。

もっと野菜やタンパク質などもちゃんとを取るようにして、バランスを考えた食生活をしていた方がいいと思います。

それで適度に運動をしていけば健康維持しやすい傾向にありますね。

ネットでお金を稼ぎリスクヘッジする

無職で老後が不安な方は、死ぬまで働けるのか?などの経済的な不安を抱えている方が多いと思いますが…。

最近はネットでも割とお手軽にお金が稼ぎやすくなっています。

ネットでお金を稼いでリスクヘッジしていく方向で考えた方が良いかもしれません。

 

まぁ頑張ればこれを本業にも出来るかもしれませんが、収入の柱は多いに越したことはありませんからね。

ネットで稼げるようになってあとはバイトでも探せば、収入の柱が二本になりますし。

それで貯金をしてその分を投資に回したりして配当収入を得られるようになれば、収入の柱が3本になります。

 

年収が高い人に憧れたりはするかもしれませんが結局収入の多角化を目指して行った方が安定しやすいですし、老後の不安も払拭される傾向にあります。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考に信じてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

職業訓練を受けて無職脱出を目指す

無職で老後不安な方は、今現在無職だから不安になっている方も多いと思います。

働いていないと収入もなく必然的に不安になってきてしまいますからね。

ただブランクが長い方ですと、だらけた生活習慣が身について体力もなくなってしまい、社会復帰が難しい傾向にあります。

 

そういった社会復帰のリハビリが必要な方に関しては、職業訓練校にでも通うというのも手段の一つです。

幸い入学金や授業料はほぼタダで、テキスト代1万円ぐらいは自己負担すれば通える訓練校が多いです。

失業保険をもらっている方であれば、訓練期間中は延長してもらうことができますし。

そうではない方に関しても条件を満たせば、月10万円の職業訓練受講給付金も貰えます。

とりあえずこういった所に通っていけば就職のサポートもしてくれますし、新たな分野の資格やスキルが身について仕事が探しやすくなるかもしれません。

それで就職できれば老後の不安も払拭されやすい傾向にあります。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

老後も死ぬまで働けそうな職種を選んでおく

無職の方ですと、これから先仕事を探すと思いますが…。

できれば老後も死ぬまで働けそうな職種を選んでおくと良いかもしれません。

特に人手不足に陥っている仕事ほど、希望すればすぐに働きやすい傾向にあります。

そういった仕事であれば、生涯現役で老後も定年後再雇用で死ぬまで働きやすい傾向にありますね。

 

特に介護職員とかタクシードライバーとか運送業などは、深刻な人手不足に陥っていますし。

タクシードライバーなんて六十代以上の未経験の新人とかいるぐらいですからね。

そういった仕事であれば、老後も働いて給料を確保していきやすくなると思います。

⇒介護資格を0円で取得!未経験からの高時給介護求人なら【かいご畑】

転職エージェントに相談してみる

無職で老後が不安な方が1人で悩んでいてもあまり意味がないと思います。

特に無職なんて収入もないのでネガティブになりがちですし。

家で1人で悶々としていても、思いつくのはネガティブなことばかりで正直時間の無駄だと思います。

 

いっそのこと転職エージェントにでも相談してみるというのも手段の一つです。

転職のプロに相談した方が、これからの求人についてとか日本経済のことも絡めてアドバイスがもらえる可能性がありますし。

エージェントが扱っている非公開求人の方が、一般的なルートで仕事を探すよりもいい会社の求人が多い傾向にあります。

我々求職者側は無料で利用できますし、履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習などもしてくれる傾向にあります。

 

漠然と無職で老後が不安と思っているのであれば、早く仕事探した方がいいです。

こういった所に相談してみるのも良いかもしれません。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

今は仕事多い!早く無職脱出して老後に備えよう

やはり無職で老後が不安な方は、働いておらず収入がないからということが大きいと思います。

貯金を取り崩して生活なんてしていたら不安になるなというほうが難しいですし。

老後まで生きられるのかと不安になってきてしまいますからね。

 

まあとにかく仕事を探して毎月の安定した収入を得られるようになれば不安も払拭されるのではないでしょうか?

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

失業率も低迷していてライバルとなる求職者数も減ってきているため、比較的良い会社にも行きやすくなってきていますからね。

早く仕事を探して無職を脱出し老後に備えられるようにしていきましょう。

そうすれば不安も自然と払拭されていきます。

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

 

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方にお勧めのサービスはこちら!

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

どうすればいいかわからない方は
mushokuをフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。