無職で友達もいない!孤独な無職生活を乗り切る8つのポイント

Pexels / Pixabay

 

  • 無職で友達もいない!
  • 毎日孤独でアタマがおかしくなりそう!
  • 喋る能力が低下してきている気がする…

とお悩みの、無職で友達もいないので孤独な毎日を送っている方のためのページです。

 

会社という居場所を失ってしまうと、あなたのように孤独になってしまう人が多いです。

仕事だけに邁進していた人が、定年後孤独になるなんてのはよくあるケースですからね…。

私も以前無職だった時期がありますが、世間体が悪いので人にも会いたくなくなりますし、孤独な生活を送っていましたね…。

 

しかし、そんな感じでは話を聞いてもらう相手すらいませんし、精神的にきついと思います。

なんとかするための方法をまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

独身無職だと、孤立する可能性が極めて高い

Noppakaw / Pixabay

 

あなたは 独身なのか既婚なのかわかりませんが…。

独身の場合、家族以外と交流もなく孤立してしまう人が極めて多いようです。

実家暮らしならばまだマシですが、一人暮らし無職独身の場合は、本当に誰とも話す機会がなかったりします。

 

今は若いからまだいいかもしれませんが、これから家族もいなくなると本当に孤独です。

ただ結婚して子供がいても、子供が成人したら家を出ていくケースが多いですからね。

今騒がれている高齢者の孤独死も、そのほとんどは既婚子持ちの人たちのようです。

なので最後一人になる可能性が高いのは仕方ないのかもしれませんが…。

 

しかし友達がいないと、一緒に出かける相手すらいないです。

孤独は肥満や喫煙よりも死亡リスクが高いようなので、何らかの対策をとっておいたほうがいいかもしれません。

就職相談に乗ってくれる機関に行く

 このまま仕事探し中の悩みを聞いてくれる友達もなく、一人で仕事を探すのは厳しいかもしれません。

会社などの他人と触れ合う日常なら気を張って行動できますが、全くの孤独では厳しいです。

でしたら、就職の相談に乗ってくれる機関に相談に行くというのも手段の一つです。

40歳くらいまでの比較的若い方でしたら、「サポステ」という相談機関が利用できます。

⇒全国のサポステ | サポートステーションネット(外部サイト)

 

友達という感じではありませんが、仕事探しや働くことの不安を聞いて貰えます。

希望すれば、利用者同士の交流会や、セミナーなどであなたと同じような人たちと交流できるみたいですが。

基本は失業者や、ニートやひきこもりのような方のための相談機関です。

まあかなり対象が緩い感じなので、あなたのように漠然と働くことに不安を持っている人でも利用できます。

ハローワークではあまり長時間相談に乗って貰うことが難しいので、こういったところに相談するとよいでしょう。

職業訓練校に通う

geralt / Pixabay

 

失業中で家族以外の人とほとんど会わない…なんていうのは別にあなただけではありません。

職業訓練校に通えば、あなたのような失業者仲間がたくさんいます。

私も通ってたことがありますが、その時に出会った人たちとはまだたまに連絡取り合ってます。

中には学生時代いじめられていて学校にトラウマを持っているような人もいると思いますが、みんな成人した大人なので大丈夫だと思います。

 

 icon-exclamation-circle 

とにかく一人で仕事を探しているとモチベーションを維持するのも難しいです。

サボっても誰にも何も言われないから、サボろうとすればどこまでもサボることができます。

仕事をしていると忙しいので「一人でゆっくりしたい」と思いがちですが、いざそういう生活になると確実にダラけて、嫌になってきます。

やはり、他人の目が合って気を張っていないと、しっかりするのはなかなか難しいのではないでしょうか?

 

まあ色々な職業訓練コースがありますので、閉塞感を感じているのであれば挑戦してみるのもいいと思います。

税金が投入されているため、入学金や授業料はほぼタダで、テキスト代負担みたいな訓練校が多いです。

むしろ条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金が貰える可能性もあるため、積極的に利用してくといいかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

サウナに行く

オススメの手っ取り早い孤独感の解消法としては、サウナがいいと思います。

スーパー銭湯の中にもありますし、サウナ専門の店もあります。

裸で知らない人と汗をかくわけですが、常連になると顔なじみの知り合いができるケースも多いです。

 

 icon-exclamation-circle 

昼間は、定年を迎えた高齢者のサロン的な感じになってますけどね…。

まあ、この超高齢社会ですから、平日昼間はどこに出かけてもそんなもんです。

 

お勧めとしては、サウナと水風呂を交互に行き来する「交互浴」という入り方です。

これをすると自律神経は整い、体のコリはほぐれ、体が芯から温まるので自然と思考が前向きになってきます。

無職となると考えがネガティブになりがちですが、私が以前無職中に仕事探してた時は、2日に1回サウナに通ってメンタルを保ってました。

脳に酸素が行くので、物凄く幸せな気分になれます。

安いスーパー銭湯ですと平日600円くらいで入れるところもありますので、一度行ってみると気晴らしになると思います。

Twitterをやる

Mizter_x94 / Pixabay

 

ネットで孤独感を解消するのも手段の一つです。

フェイスブックよりは、Twitterのほうが気楽でいいかもしれませんね。

フェイスブックとなると実名ですし、昔の友人などが友達申請してきてしまう傾向にあります。

そこで会うのもいいですが、「無職です!平日昼間からブラブラしてます!」なんて言えないでしょう…。

フェイスブックを使うなら、仕事が見つかってからにしましょう。

 

ツイッターだと、ハンドルネームでできるので気楽です(実名でやってもいいけど)。

しかも無職やうつ病で休職中みたいな人も珍しくは無いので、別に平日昼間からツイートしてても大丈夫です。

気楽でゆるいので、ネットでゆるい繋がりを作りやすいです。

フリーランスの集まりに行く

仕事はしてますが、無職に結構近い立ち位置の人達で、フリーランスと言われてる人たちがいます。

在宅でパソコンで仕事してる自営業の人たちですね。

 

ツイッターとか、ネットのオフ会などが募集されてたり、業界団体のセミナーなどで募集されていたりします。

まあフリーランスって言っても、バイトレベルしか稼いでいない人もいれば、月100万以上稼いでるレベルの人もいて様々ですが。

とりあえず何らかの自営業的な感じで稼いでれば、フリーランスとか自営業とか名乗るのは本人の勝手です。

 

こちらでネットで稼ぐ方法など色々紹介していますので、参考にしてください。

【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

まあクラウドソーシングのライターあたりでいくらか稼げるようになれば、そういったフリーランスの集まりに顔を出してもいいと思うんですが。

全然稼げてないのに来る人もいますからね。

ネットのオフ会に参加する

Alexas_Fotos / Pixabay

 

ネットで知り合った人たちとオフ会したり、掲示板で募集されてる大規模オフ会に参加するのも手段の一つです。

5ちゃんねるの大規模オフ会なんかは、以前何回か参加したことありますけど。

人数が多いほうが気楽です。

 

オフ会というと昔はSNSのmixiでも盛んでしたが、未だに一部のコミュニティではオフ会行われてるようです。

最近はツイッターで告知されてることが多いようですね。

 

ただ、これもどんな人たちとつるむか?で変わってきますね。

アニメオタククラスタの人たちは、よくコミケのシーズンになるとやっているようですが。

そういったイベントの時が一番多いでしょうね。

さっさと仕事を探す

或いは、さっさと仕事を探して再就職すれば、孤独を感じずに済みます。

「同僚が友達みたいなもの」って社会人はかなり多いと思います。

 

というか、わが国は基本的に労働時間が長いですし、大部分を会社で過ごすことになります。

だからこそ、あなたように無職になってしまうと居場所がなくなってしまい、友達もいなくなる傾向にあります。

職場で馴染めず友達ができなかったら、ずっとそのままです…。

 

まあ、できるだけ給料が安くてもいいから、人間関係がいい職場を探したほうがいいかもしれませんね。

そのほうが、トータルでの職場満足度は良くなると思いますし。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

まとめ

無職で友達もいない人というのは、全く珍しくありません。

というか、無職では堂々と友達と会うことも憚られるでしょうし、無職になってから友達が減ってしまう人も多いです。

 

ですが、孤独は肥満や喫煙よりも死亡リスクが高いと言われています。

人間は本来社会的な動物ですから、孤独はストレスなのです。

一人が好きな人でさえ、けっこう強がって言ってたりしますからね…。

 

社会から孤立しがちな、無職の自殺率が一番高いですから。

今のうちに、何らかの対策をとっておいたほうがいいでしょう。

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

そういった悩みをお持ちの無職の方は、今のご時世多いです。

 

特に無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

 

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方は、自分の転職市場価値を診断するところから始めてみるのがお勧めです!

幸い最近は、転職希望者と企業側の求人データ、過去の転職者のデータから、転職市場価値を診断できる転職アプリが出てきています。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

MIIDAS

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

現状を変える方法
mushokuをフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。