【ダラけすぎ】ニートで寝ても寝ても眠い!覚醒してやる気を出す6つの逆転策

 

  • ニートで寝ても寝ても眠い!
  • 一日中寝てることが多い!

最近はそういった方も珍しくないかもしれません。

 

最近はあなたのようなニートの方も増加してきていますし。

毎日ニートの方となるとひきこもっている方も多いでしょう。

そうなると自律神経が乱れたりして体内時計乱れてしまいますし。

あなたのように寝ても寝ても眠いような状況になってしまうんですが…。

 

しかし、そんな生活を続けていったら病気になってしまいかねませんからね。

そんな状況から改善する為の対処法についてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

ニートで寝ても寝ても眠いのは、生活の乱れで自律神経が乱れているからかも

あなたのようにニートで寝ても寝ても眠いという方は珍しくないのですが…。

やはりそういった方は

  • 生活習慣が乱れていたり
  • 食生活が乱れていたり
  • 昼夜逆転の生活に陥っていたり

する方も多いのではないでしょうか?

 

そんな乱れた生活をしていたら寝ても寝ても眠い状態になってしまうのは当たり前です。

自律神経なども乱れてしまいますし。

気づいていないうちにあなたの体の中ではかなり不調が進行している可能性もあります。

まだ重い症状などが出ていないとは思いますが…。

そのままの状態が放置していたら病気になりかねません。

そういった不調は病気の前兆だったりしますからね。

 

寝ても寝ても眠いのは食生活がめちゃくちゃだからかも

貴方様にニートの方で寝ても寝ても眠い状態に陥っている方は珍しくないのですが…。

そういった方は食生活が乱れているケースが多いのではないでしょうか?

やはり我々は自分の食べたもので出来ている訳ですし。

食生活がめちゃくちゃですと、当然気分や体の中までめちゃくちゃになってきます。

  • 自律神経が乱れたり
  • 体内時計が乱れたり
  • 血管や臓器にダメージができたり

そういった状態になってしまうと、体内が乱れて寝ても寝ても眠い状態になってしまうのは当たり前です。

 

特にニートの方となるとお金もあまりない方が多いでしょう。

米やカップラーメンなどの安い炭水化物でお腹を満たしている方も多いのではないでしょうか?

生活習慣ですと、そういった食生活を繰り返していると糖質の摂り過ぎで糖尿病などのリスクも上がりますし。

寝ても寝ても眠い状況になりがちなんです。

 

そういった状況から改善するにはもっと肉や野菜などを意識して撮っていく必要があります。

たかが食べ物というかもしれませんが、こういったことで体にものすごい影響を与えるんですよ。

寝ても寝ても眠いのであれば、こういった食生活の習慣を変えることを疑った方がいいと思います。

 

ニートは緊張感が無く交換神経が働かず眠いことも

あなたのようにニートの方ですと、生活に緊張感というものがありません。

  • 人にも会いませんし。
  • 朝早く起きて出かけることもありませんし。
  • 何をする必要もありませんし。
  • いつ寝ても自由ですし。

全く緊張感がないんです。

そういった状況ですと、自律神経の交感神経が働きません。

交感神経は興奮などを司る神経です。

眠いいくら寝ても眠いというのは、寝る時にリラックスを司る副交感神経が一日中優位に働いている状態だと思います。

ずっと家にこもっているニートや引きこもりの方はそういった状態になりがちです。

 

そういった状況を改善するにはとにかく外に出て運動することが一番ですね。

日光に当たれば体内時計も整いますし。

自律神経も整って交換神経も働き出します。

つまりは寝ても寝ても眠い状況から改善されるんですね。

 

寝ても寝ても眠いならとりあえずコーヒーでも飲むという手もあるが

ニートの方ですと、やはり緊張感もなく寝ても寝ても眠い状況になりがちですが…。

そんなに眠いのであれば、とりあえずコーヒーでも飲むという手もあります。

コーヒーを飲めばカフェインの作用で覚醒作用がありますし。

眠いという状況が改善されるかもしれません。

 

ただこれは対症療法に過ぎないですし。

カフェインの摂りすぎは頭痛などを誘発したりして良くないことも多いです。

ただ寝ても寝ても眠い状況ですと、行動するやる気もなく外にも出られない方も多いかもしれません。

とにかく外に出るきっかけとして1時的にやる気を出すためにはコーヒーを飲みまくってみるのも良いかもしれません。

ただ砂糖やシロップなどを入れすぎると糖質過剰になって糖尿病のリスクなどが上がってしまいますからね。

できればブラックで飲むようにしましょう。

その方が女も冷めやすいと思います。

 

ニートは運動不足寝ても寝ても眠いのはまずいので外で運動すべき

やはりニートの方ですと、運動不足に陥ってる方が多いです。

毎朝早く会社にも行く必要がありませんし。

外に出る必要もありませんし。

家にこもってる方が多いと思います。

ですがそんな状況では自律神経や体内時計が乱れて寝ても寝ても眠い状況になってしまうのは当たり前です。

さすがにそんな状況はまずいですし。

そんな状態を放置していると、病気になる可能性もあります。

 

なので、運動不足を解消する為にとにかく外に出た方がいいと思います。

外に散歩に行く程度でもいいので運動を始めたらいいと思います。

それでもだいぶ寝ても寝ても眠い状態からは改善される可能性が高いですし。

やはり我々人間も所詮動物なので、毎日動かないとさまざまな不調が出てくるようになって来ているんですよ。

 

外に出ていくお金すらないならお金を稼ぐ方法はいろいろあるので

あなたのようにニートで寝ても寝ても眠い方は珍しくないと思いますが…。

やはりその状況放置するのはまずいですし。

外に出ていく必要があると思います。

外に出て日光に浴びて運動すれば体内時計も整って眠い状況は改善されると思いますし。

ただやはりニートの金ですと、お金があまりない方も多いと思います。

お金がないと外に行くお金すらない服すらないという状況になってしまう方もいらっしゃいますからね。

 

その場合はとりあえずお金を稼ぐのもいいかもしれません。

幸い最近はネットの普及によってネットでも手軽にお金が稼げるようになってきていますからね。

まぁ生活していくぐらい稼ぐのは結構大変ですが数万円程度であれば、割と誰でも稼ぐ事ができます。

そうやって外に入れたり生活を改善するための軍資金として活用していくといいかもしれません。

こちらで色々な稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

まとめ

あなたのようにニートの方ですと、寝ても寝ても眠い状況になりがちです。

やはりニートのことです。

お金がありませんし。

外に出ていく用事もありませんからね。

結果的に引きこもりがちになり寝ても寝ても眠いという状況になりがちなんです。

 

ですが、そんな状況を放置しておくとやはりあまり良くないと思います。

病気になると思いますし。

もしかしたらもうなっている方もいるかもしれませんが…。

 

幸い今は仕事はたくさんありますので、あなたさえやる気を出せば、仕事を探して社会復帰していくことは充分に可能です。

そのままの生活を続けていても、未来はありませんので、今のうちに動いておくと良いでしょう。

 

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

そういった悩みをお持ちの無職の方は、今のご時世多いです。

 

特に無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

 

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方は、自分の転職市場価値を診断するところから始めてみるのがお勧めです!

幸い最近は、転職希望者と企業側の求人データ、過去の転職者のデータから、転職市場価値を診断できる転職アプリが出てきています。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

MIIDAS

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

ひきこもり
mushokuをフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。