労働に向いてない人が生き残る8つの人生戦略!もっと楽に生きるにはこれをやろう

 

  • 俺は労働に向いていない…
  • なんとか働かずに生きていきたい…

そんな悩みをお持ちの方も今のご時世多いと思います。

 

労働に向いてないというか、もしかしたら雇われて働くことに向いていないという感じなのかもしれません。

昔はみんな農家でしたが、今は会社で雇われて働かないといけなくなってきていますからね。

人間関係が苦手な方ほど、労働が向いてない!なんてことにもなりがちなんです。

ですが労働しないとお金を稼ぐことができませんし、生活していくことができません。

 

この記事では、労働が向いてない人でも生き残るための方法についてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

労働に向いていないと感じる人は少なくない

最近はあなたのように、労働に向いていないと感じる人は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

金がなければ金使わなきゃええやんとしか思わんから性格が致命的に労働に向いてない

 

疲れた、帰りたい。

圧倒的に私、労働に向いてない。

 

慣れない仕事すると一気に疲れるから多分労働に向いてない

 

出勤したくねえ〜体が労働に向いてない

 

日曜の夜がこんなにユウウツだったのはいつぶりか
やっぱり労働に向いてない
まともに労働したことないけどわかる

こんな意見が散見されますね。

最近はギリギリの人員で業務を回そうとする会社が多いですから、なおさらドロップアウトしてしまいがちなのかもしれません。

昔は長時間労働でももっと人が多かったようですし、案外ダラダラ働いていたようですからね…。

労働に向いてない!生き残るにはどうしたら?

労働に向いていないとは言いましても、最低限労働をしてお金を稼がないことには生活していくことができません。

最近は生活保護なども受けにくくなってきていますからね…。

今は会社で雇われて働かないとなかなかお金も稼ぎにくいので、労働が向いていないと生きていくのもかなり大変になってしまいます。

なんとか労働に向いていない人が生き残るための方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

生活費を極限まで下げて生きやすくする

労働に向いていない方は、労働を最小限に生きていくことを考えた方が良いと思います。

いくら労働に向いていないとは言いましても、全く働かないというわけにはいきません。

いくら節約しても、最低限お金は必要になってきますので、いくらかは労働をする必要が出てきますからね…。

 

ですが、極力労働から距離を置き、労働を最小限にすることは可能だと思います。

それには、生活費を極限まで下げることです。

人によって生活費なんて全く変わってきますし、節約すれば生活費を大幅に削減することは可能です。

毎月必要な生活費が減れば、なにもあくせく毎日休まず労働に勤しまなくても、生きていきやすくなります。

とにかく無駄な出費を省く、一円でも無駄遣いしない!という風に節約を心がけましょう。

労働に向いていない人は、そうやって労働から距離を置く方向で考えた方が生きやすくなると思います。

働いたり働かなかったりしやすい職業を選ぶ

労働に向いてない人は、一つの仕事で長続きしない傾向にあります。

職を転々としてしまい、最後は中高年になって仕事が見つかりにくくなり、苦しい人生になってしまう可能性があります。

職を転々としている人なんて、かなり受かりにくくなっていきますからね…。

 

労働に向いていない人ほど、転職しやすい仕事を選ぶべきです。

そうすれば職を転々としていたり、ブランクができてしまったとしても、すぐにまた働きやすい傾向にあります。

働いたり働かなかったりがやりやすい傾向にあるんですね。

介護職はいつでも転職できるのでおすすめ

基本的には、人手不足に陥っており、有効求人倍率が高い仕事を選ぶべきです。

代表的なのは介護職とか看護師とかの、医療福祉系の仕事ですね…。

看護師は学校に行かないとダメなのできついですが、介護職なら未経験からでも始められます。

こちらのサービスは派遣ですが、介護の資格が0円で取得できるサービスがあるのでおすすめです。

⇒介護資格を0円で取得!未経験からの高時給介護求人なら【かいご畑】


 

私の周りにも何人か介護職員がいますが、人手不足過ぎていつでも同業転職ができるため、しょっちゅう職場を転々としている人も多いです。

特に仕事の多い東京の介護職員不足は深刻なため、介護派遣の時給が高騰してきています。

こちらの介護マンガによると、介護派遣夜勤をかけもちして年収800万円以上稼ぐ人もいるようですw

派遣介護士「最強説」は本当か? | 介護職10年目じぶん働き方改革はじめました!(5) | We介護 (ten-navi.com)

労働に向いてない人は、こういった引く手数多な仕事を選ぶと生きやすくなるでしょう。

金を貯めこみ労働から距離を置くことを目指す

労働に向いてない人ほど、人生の前半戦で頑張ってお金を貯めこむべきです。

貯金があれば生き残れますし、仕事を辞めて労働から距離を置いたとしても、生きていけます。

最近はこういった生き方はセミリタイアとして普及してきていますね。

 

「給料高くないとそんなの無理!」って人もいますが、ネット見てると手取り15万くらいでも、節約や副業したりして数千万の貯金をしてセミリタイアしてる方はいますね…。

節約なんて徹底してやれば、一人暮らしでも月7万くらいで暮らしてる方も結構いらっしゃいますし。

労働に向いていない人でも今はまだ若いから良いかもしれませんが、これが歳をとってしまうと更にきつくなってきます。

若いうちに頑張って、金を貯めこんだほうが生きやすくなります。

非正規雇用でも生きられるようにしておく

労働に向いてない人ですと、正社員の仕事はあまり向いていないかもしれません。

正社員のほうが長時間労働な傾向にありますし、人を使う立場を求められ責任も発生する傾向にありますからね…。

労働に向いてない人ほど、非正規雇用でも生きられるようにしておいたほうが良いかもしれません。

 

最近は非正規雇用の仕事なんてたくさんありますからね。

非正規の仕事なんて今は定年後の高齢者でも見つかっている傾向にあります。

「フリーターは中高年になったらバイトすら見つからない」なんて迷信を未だに信じてる人もいますが、これから更に人手不足になるので仕事二なんてまず困らないですよ。

給料は低い傾向にありますが、正社員に比べて逃げやすく楽な傾向にあるのは確かです。

最近は非正規でも社会保険くらいは入りやすくなった

最近は法律が変わったこともあり、非正規雇用でも社会保険くらいは加入しやすくなりました。

これまでも正社員の三分の二以上働く方については社会保険加入義務があったのですが、それが更に拡充された感じです。

2016年から法律が変わり、従業員数501人以上の企業で、概ね月給88000円以上働いている方であれば、非正規雇用でも社会保険加入義務があります。

2022年からは更に従業員数101人以上、雇用期間2か月以上の短期労働者にすら加入義務が拡大され、2024年には更に従業員数51人以上の事業所にも拡大されます。

 

労働に向いてない人だと非正規雇用でしか働けない人も珍しくありません。

その場合将来のことが心配になってしまう傾向にありますが、社会保険に入れてくれる会社を選べばある程度問題は払拭されます。

社会保険に入っていれば厚生年金にも入れますし、怪我や病気で働けなくなったり失業した場合でも、補償がありますからね。

結婚は無理してしない

労働に向いていない人ですと、結婚は無理してしない方が良いかもしれませんね…。

女性であれば良いかもしれませんが、男性となると大黒柱的な甲斐性が求められます。

労働に向いてない人ですと収入も低い傾向にあり職を転々としたりする可能性もあり、かなりきつい生活に陥ってしまうことが予想されます。

子供がいたらいくら労働に向いてないとはいえ、仕事なんておいそれと辞められませんからね…。

 

まぁ子供を作らずに結婚するだけなら、共働きになって生活もむしろ良くなる可能性もありますが。

そもそも労働に向いてない人ですと、相手の女性から選ばれない可能性が高いですからね…。

あまり無理してやらないほうが良いかもしれません…。

ネットでお金を稼げるようにする

労働に向いてない人は、雇われて稼ぐ以外の道を模索しておいたほうが良いかもしれません。

雇われて稼ぐ道しかないと、人間関係が苦手な人は馴染めずに生きづらくなってしまいますからね…。

選択肢は広い方が良いのです。

 

幸い最近はネットでも手軽にお金が稼げる道もある傾向にあります。

労働に向いてない人は、こういった手段で稼ぐ方法を模索してみるのも良いかもしれません。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

一旦労働から距離を置きたいなら、失業保険で暮らしてみる

労働に向いていない方でも、なんとか今働いている方も多いかもしれません。

お金がないと生活できませんので、労働に向いていなかろうが無理して働いている方が多いと思います。

ただこんなページを見ているということは、もう心底労働に嫌気がさしてしまっているのかもしれませんが…。

 

でしたら、いっそのこと仕事を一旦辞めてしまい、失業保険で暮らしてみるというのも手段の一つです。

幸い雇用保険をかけている方であれば、仕事を辞めても失業保険が貰えますし。

職業訓練を受ければ失業保険が延長される

お勧めなのは職業訓練校に通うことですね。

職業訓練を受ければ自己都合退職でもすぐに失業保険が出ますし、訓練期間中は延長して失業保険が貰えます。

雇用保険をかけていなかった方でも、条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金が貰えます。

労働に向いてない、一旦労働から距離を置きたい…という方はとりあえずこういった手段で休んでみるのも良いかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

労働環境の良い会社を探しておく

労働に向いていない人ほど、労働環境の良いホワイト企業を探しておくべきです。

労働環境の良い会社ほど、

  • 給料も良い。
  • 人間関係も良い。
  • 助けて貰いやすい。
  • 休みも取りやすい。
  • 働きやすい。

などのメリットがあります。

労働に向いてない人でも、生きやすい傾向にあるんですね。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も多い傾向にあります。

今のうちに労働環境の良い会社を探すべく、動いておくと良いかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

少ないお金で暮らすか、良い会社を探すしかない

労働に向いてない人は、早めにこれからどうやって生きるか?決め手おいた方が良いと思います。

人生の前半頑張って貯金を作り、少ないお金で暮らすか。

労働環境の良い、働きやすい会社を探すか。

どちらもできるだけ若い方が有利です。

 

まぁ普通に生きたいのであれば、労働環境の良い会社を探す方向で考えた方が良いと思います。

給料も労働環境も良い会社となると難しいですが、多少給料が低くても労働環境が良い会社、となると結構あります。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

テキストのコピーはできません。