長期無職ニートで社会復帰は可能?直ちに仕事を見つける人生逆転策はこれだ

geralt / Pixabay

  • 長期無職ニートだから仕事が見つからない!
  • もう社会復帰は無理なのか…?

とお悩みの、長期無職ニートで社会復帰が絶望的に感じている方のためのページです。

 

最近はニートやひきこもりの方が急増しているため、あなたのような悩みをお持ちの方は少なくありません。

内閣府の調査によると、2021年のニート総数は75万人、ひきこもりは2018年時点で約115万人で、そのうち中高年ひきこもりは61万人となっています。

やはり長期無職ニートの方となると、仕事を見つける難易度はかなり高いです。

ちょっと空白期間があっただけで、バンバン書類で落ちたりしますからね…。

 

しかしそこで諦めていては、社会復帰なんて夢のまた夢でしょう。

この記事では、長期無職ニートでも仕事を見つける人生逆転策を解説します。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

長期ニートの方は少なくない

最近はあなたのように、長期ニートをしている人は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されます。

長期ニートだと生活習慣も乱れているでしょうから、社会復帰には時間がかかるかもしれません。

長期無職ニートでも社会復帰するための対処法!これをやれば問題なし

最近はニートの方も多いので、あなたのような悩みをお持ちの方は少なくありませんが…。

流石にずっとニートをしているわけにもいきませんし、遅かれ早かれ働かざるを得なくなってしまいます。

長期ニートでも社会復帰するための対処法を解説しますので、参考にしてください。

まず生活習慣を整えるところから始める

長期ニートの場合は、まず生活習慣を整えるところから始めるべきです。

長引く長期ニート生活で、昼夜逆転生活に陥っている方も少なくありませんからね…。

無職ニートで昼夜逆転生活!生活リズムを治し社会復帰する人生逆転策はこれだ
無職ニートで昼夜逆転生活の人は少なくありません。生活リズムを治し社会復帰する人生逆転策を教えます。

 

まずは夜0時までには寝て、朝8時くらいまでには起きるようにしましょう。

それすらできなければ、社会復帰なんて夢のまた夢です。

というか仮に今採用されたとしても、早寝早起きができなければ遅刻してしまいますからね。

まずはこういったところから始めたほうが良いでしょう。

体力をつけるべき

長期ニートの方は長引くひきこもり生活によって、体力も落ちているケースが多いです。

なのでまずは体力を取り戻すところから始めたほうが良いでしょう。

どんな仕事でも体力は必要ですし、長期ニートの方が就ける仕事となると必然的に体力仕事が多くなります。

 

といってもいきなり激しい運動をしても体を壊すだけです。

まずは散歩程度から始めて、徐々に慣らしていったほうが良いでしょう。

客観的な他人の意見を取り入れた方がいいかも

長期無職ニートの方が、いきなり一人で仕事を探しだずというのはなかなか厳しいです。

学生時代からずっと不登校でそのままニート…みたいなパターンですと、仕事探しもしたことがない!という方も少なくないでしょうし。

とりあえずジョブカフェやサポステなどのキャリアコンサルタントと相談するといいでしょう。

⇒全国のサポステ | サポートステーションネット

ジョブカフェにおける支援 全国のジョブカフェ |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 

これらの相談機関だと、結構腰を据えて長時間相談に乗ってくれます。

「どんな仕事が向いているか分からない」みたいな漠然とした相談にも乗ってくれます。

ハローワークやエージェントなどは、仕事を紹介するのが仕事なので、あまり長時間は相談に乗って貰えません。

こういったところに相談したほうが良いでしょう。

面接の練習はちゃんとやったほうがいい

ジョブカフェやサポステなどであれば、履歴書の添削や面接の練習をやってもらうことができます。

長期ニートだと面接が得意な人なんてまずいないと思いますから、絶対にやってもらったほうが良いです。

やっぱり外から見た印象とか、なかなか自分では気づけなかったりしますので、他人に言ってもらわないと改善できません。

これ本人はほぼ完璧にできているつもりでも、客観的に見ると全く駄目だったりします。

アドバイスなども貰えますので、気楽に利用したほうが良いでしょう。

まとめ

あなたのように長期ニートの方は少なくありませんが…。

やはりそんな生活はずっと続けていくのは難しいと思います。

実家で親に経済的に依存しているにしても、親が亡くなったらどうするんだって問題がありますし。

 

しかし幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

あなたさえやる気を出せば仕事は何かしら見つかると思いますので、一日でも若いうちに動いておくと良いでしょう。

テキストのコピーはできません。