引きこもりがすべきことは?社会復帰のためにやっていくべきこと

 

  • 引きこもりがすべきことって何がある?
  • 社会復帰のために今からでも動いていきたい!

そういった悩みをお持ちの引きこもりの方は、今のご時世珍しくないかもしれません。

 

最近はニートや引きこもりの方も増えてきていますからね。

ただずっとその生活ができるかというとなかなか難しいと思います。

今は親に生活を頼っている方が多いと思いますが…。

親も要介護になったりなくなっていったりしますし。

少しずつでも引きこもりの方は社会復帰のためにすべきことをしていかないと、これから先生きていくことができませんからね…。

 

この記事では引きこもりが社会復帰のためにすべきことをまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

引きこもりがすべきことは社会復帰のために動き出していくこと

やはり引きこもりの方となると将来が不安な方が多いと思います。

引きこもりとなると「楽しやがって」とか言われたりもしますが…。

そんなに楽なもんではないと思いますし。

毎日将来が不安で、社会に申し訳なさを感じて暗い気持ちで過ごしている方が多いのではないでしょうか?

 

やはり引きこもりの方がすべきこととしては社会復帰のために動き出していくことが一番だと思います。

それ以外のことは不要ですし。

たまには息抜きで遊んだりすることも必要ですが、まずひきこもりというネガティブな状態から脱出するために動いていくべきです。

ずっとそんなひきこもり生活が続けられるとは決して思えませんからね。

 

結局は親が亡くなったりしたら遅かれ早かれ社会復帰のために動いていく必要があります。

親が死んだら自分も死ぬ!なんて威勢の良いことを言っている人も多いですが、よほど覚悟がある人じゃないといざとなっても逝けないと思いますし。

結局生きている以上人生は続いていきますからね。

勇気を出して死ぬよりも生きていく方が楽だと思いますので、今のうちに何とか社会復帰のために動いていくべきだと思います。

 

引きこもりは社会復帰のために少しずつ運動していくべき

あなたのように引きこもりの方は今のご時勢多いと思いますが…。

社会復帰のためにすべきこととしましてはとにかく体力をつけることだと思います。

やはり体力がなければ企業側にとって使い物になりませんし。

すべきことしては体力をつけて働けるようにすることです。

人間の体力や筋力が衰えるのは本当にあっという間ですし。

長くひこもり生活をしているのであれば、筋力もかなり衰えている方が多いのではないでしょうか?

 

なので、社会復帰のために少しずつでもいいから運動していくべきです。

引きこもりながらでも部屋の中でも運動することは可能ですからね。

筋トレをすることもできますし。

まあ有酸素運動でしたら、硬い箱や踏み台を用意してそれに乗って降りて送り返す昇降運動をしてもいいですし。

これだけでもかなり運動になりますし。

体力を取り戻すことができると思います。

 

特にひきこもりの方ですと、長引くひきこもり生活によって自律神経が乱れていたりしてうつ病なども併発している人が多いと思います。

これからどうしようなんて毎日絶望しているのであれば、そうなっている可能性は高いと思いますが…。

こんな感じで運動するだけでもかなり気分が晴れます。

30分のウォーキングは抗うつ剤1本に匹敵する!という説を唱える医者もいるぐらいですし。

とりあえず精神状態の悪い引きこもりから社会復帰するためにすべきこととしては、運動することが一番です。

 

ひきこもりはお金がない!ネットで稼いで社会復帰の支度金を稼ぐのもあり

あなたのように引きこもりの方となるとやはりお金がない傾向にあります。

というかお金があるのであれば、もっと積極的に外に出ていくこともできますからね。

お金がないと外に出ていくこともなかなか厳しいんです。

外に出るとお金を使ってしまいますし。

交通費すらありませんからね。

 

ですが今はとても恵まれた時代で、ネットでもお金が稼げる時代ですからね。

引きこもりの方でお金がなく何もできない方はネットで稼いで社会復帰の支度金を稼いでいくのがいいかもしれません。

幸い今はネットの発達によってネットで稼ぐ方法も充実してきていますし。

今は色々とネットで稼ぐ方法がありますよ。

今はひきこもりでもネットで稼いで社長になれる時代ですからね。

 

こちらでネットで稼ぐ方法を色々と紹介していますので、参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

引きこもりは少しずつ家以外の場所で過ごせるようにしていくべき

あなたのように引きこもりの方がすべきことというのは、とにかく一刻も早く引きこもり状態の解消に動くべきです。

ひきこもりの方となると働いていませんがそれ自体は致命的な問題ではありません。

一番致命的な問題は、引きこもっていて家以外の居場所でなかなか過ごせないことです。

家以外の場所で過ごすことができなければ当然会社で過ごすこともできませんので、働いていくこともできませんからね。

 

なので、引きこもりの方が社会復帰のためにすべきこととしては家以外の場所で少しずつ過ごせるようにしていくべきです。

まぁとりあえず昼間少しでも散歩に出ていくことぐらいから始めるべきですが…。

近くの図書館などに行って1日過ごしてみるといいでしょう。

うつ病の方の社会復帰でも図書館が良いというのは、よく行なわれることですし。

そうやって朝早く起きて特定の場所に通うことができれば生活習慣も整えますし。

そこに行くことで体力もつきますからね。

 

引きこもりの方が社会復帰のためにすべきことはそう言った世間の生活リズムに合わせることです。

まあいきなりやるのは難しいかもしれませんが…。

とりあえずは少しずつでも外に出ていって、少しずつでもいいから家以外の場所で過ごせる時間を増やしていくことです。

 

引きこもりは食生活が乱れがち!食生活の改善もすべき

あなたのように引きこもりの方も今のご時世多いと思いますが…。

やはり引きこもりの方というになると食生活が乱れがちですよね。

ひきこもりの方となると高い確率でうつ病などの精神疾患に陥っている方も多いと思いますが…。

最近の研究によると、食生活の乱れが原因でうつ病のような症状が出ると言うケースも報告されてきています。

というか我が国の精神医療は結構適当ですから、ある程度落ち込みがちだったり条件を満たせば、簡単に鬱病診断されたりしますからね。

食生活の乱れが原因でもうつ病のような症状は出ますので、間違って鬱病診断が出ている人も多いと言われています。

 

特に炭水化物の摂りすぎだったり小麦アレルギーだったりすると、うつ病のような症状が出る方も珍しくないようです。

やはりお金がない状態ですと、安い炭水化物だけでお金を満たしがちですからね。

米や小麦製品などは、安く買えますし。

カップラーメンなども安いですからね。

ただそういった食品はほとんど炭水化物だけで、タンパク質も食物繊維も取れませんし。

栄養不足になってしまいやる気がなくなって、結果的にあなたのような引きこもりがちになってしまう人が多いと言われています。

 

なので、もっと積極的に野菜や肉などのタンパク質なども取っていくようにして食生活を改善していくべきですね。

引きこもりがすべきこととしてはそういった食生活の改善も挙げられます。

やはり我々人間も食べたもので出来ていますので、食べるものを変えれば性格などは、変わってきますし。

まぁ結構食費がかかってきますので、お金がない引きこもりの方です。

なかなか難しいと思いますが…。

上で述べたようにネットでお金を稼いでいく方法もありますので、もっとお金を稼いでいくといいかもしれません。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

外に出れるようになったら単発バイト程度でもいいので働いてみるべき

あなたのように引きこもりの方で社会復帰のために何をしたらいいのか悩んでいる方も多いですが…。

とりあえずは外に出たり少しでもお金を稼いでいくことを考えるべきです。

そして外に出れるようになったら、単発バイト程度でもいいので1日でもいいから働いてみるべきです。

そうすれば社会復帰のきっかけになりますし。

1日でも働ければ今度は3日働けるかもしれませんし、1週間働けるかもしれません。

 

最近は特に人手不足の影響で、そういった単発バイトなどのフレキシブルな働き方も増えてきていますからね。

一昔前は都会などでしかありませんでしたが最近は地方も人手不足に陥っており単発バイトなどの働き方も増えてきているんです。

まぁいきなり引きこもりの方がやっていくのは難しいかもしれませんが…。

少し外に出れるようになったらこういった働き方も検討してみるといいかもしれません。

⇒日雇いバイトが探せるおすすめ求人サイトランキング

 

幸いひきこもりでも外に出れるようになれば、仕事は見つかる傾向にあるので

あなたのように引きこもりの方で何をしていったらいいのかわからない状態に陥っている方も多いですが…。

今は空前の人手不足で仕事はたくさんありますからね。

幸い今は有効求人倍率も高く転職もかなりしやすくなってきていますし。

今は正社員の有効求人倍率も1.5倍をこえていますし。

仕事はいくらでもあるのです。

帝国データバンクのは2018年の調査によれば、約半数の企業が正社員が足りていないと回答しています。

 

ひきこもりの方でも、外に出て体力をつけたりしていけば何とか社会復帰していくことは可能だと思います。

最近私の実家の近所の40代まで引きこもっていたような人でも最近パートで働き始めましたし。

今はそのぐらい人手不足になっていますので、ひきこもりがすべきこととしてはまず外に出て体力をつけること。

それから少しでもいいから働いたりして社会復帰のために動いていくこと、それだけです。

 

まぁとりあえず外に出ていくにしてもお金も必要になってきたりしますので、とりあえずはネットなどで稼いでみるのもいいと思いますけど。

あなた次第で今よりも人生を良くしていくことは充分に可能ですので、今のうちに動いておくと良いでしょう。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

 

まとめ

あなたのように引きこもりの方でどうしたらいいのか悩んでしまう方も今のご時世珍しくないと思いますが…。

やはり引きこもりの方がすべきことは社会復帰のために少しでもいいから動いていくことです。

やはりその状態がずっと続くとは思えませんし。

ひきこもりの方となると親に生活を頼っている方が多いと思いますし。

親に何かあった場合生活できなくなってしまいますからね。

引きこもりの方がすべきこととしてはとりあえず少しでもいいから外に出始めて社会復帰のために動いていくべきです。

 

まぁ幸い今ならば仕事はたくさんありますので、あなたがやる気さえ出せば、引きこもりの方でも仕事は何かしら見つかる可能性が高いです。

仕事が多い今のうちに動いていくといいでしょう。

 

無職でもスマホで数万円~10万円程度なら稼げます!

 

無職となると収入もなくなってしまうため、「お金がなくてヤバい!」という状況になりがちです。

失業保険も大した金額ではありませんし、貰える期間も短いですからね…。

ですが最近はネットの発達によって手軽にお金が稼ぎやすくなってきているため、スマホでもお小遣いを稼ぎやすくなってきています!

外にバイトに行くよりは、手軽に片手間で稼げるのは嬉しいですね。

 

特にポイントサイトを使えば、無料会員登録や口座開設などの案件をこなすことで、一時的に数万円~10万円程度なら稼げます。

ポイントサイトは、無料会員登録や口座作成などの広告案件をこなすことで、企業側もポイントサイト側も儲かり、あなたも稼げるという三方良しの仕組みです。

Tポイントや楽天ポイントなどに交換して使うのであれば、失業保険受給中でも収入にあたらない可能性が高いです。

不安であれば、失業保険受給中はポイントを貯めておき、受給が終了してから現金やポイントに交換すれば良いでしょう。

 

「無職でもネットで手軽に稼いで、生活を楽にしたい!」という方にお勧めのポイントサイトはこちら!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

■モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

業界トップクラスの最強ポイントサイト。

他社ポイントサイトに比べて還元率が高く、案件数も業界最大級に多いのがメリットです。

この業界はポイントを貯めても換金できない詐欺ポイントサイトが多いですが、東証一部上場企業のセレスが運営しているため、確実に換金できるので安心です

私も何度も換金していますし、安心して利用できます。

 

FX口座作成やクレジットカード作成などの高額案件をいくつかやるだけでも数万円~10万円前後は稼げます。

稼げないネット内職が多い中、やれば誰でも稼げますので、無職でお金に困っているなら気楽に始めると良いでしょう。

gmailなどのパソコンのメールアドレスでも登録できますが、スマホなどのキャリアメールアドレスで登録するとスマホ向けの稼げる案件もできるようになるのでお勧めです。

⇒月5万円の副収入ゲット!最強ポイントサイト【モッピー】

ひきこもり
この記事を書いた人
TK神戸@元無職

30代自営業。無職、大企業正社員、派遣、フリーターなどなど一通り経験しました。バイトも含めれば経験20社以上、無職で貯金ゼロ状態も経験。
無職でもお金を稼ぐ方法や制度を知っていれば生き残れる可能性が上がります。無職状態でも希望を持てるメディアを目指しています。

TK神戸@元無職をフォローする
TK神戸@元無職をフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。