半年働いてない!無職ニート期間が半年以上で焦っている時の対処法はこれだ!

 

  • もう半年働いてない!
  • さすがに無職ニート期間半年はやばいかな…

最近はそういった悩みをお持ちの方も珍しくはないかもしれません。

 

最近はニートの方が急増しているため、あなたのような悩みを持つ方は少なくありません。

総務省が2020年に発表した「労働力調査」によりますと、15~44歳の無業者(ニート)人口は108万人となっており、2010年の99万人から大幅に増加しています。

無職ニート期間が1ヶ月~数ヶ月程度であればいいですが、半年となるとさすがに空白期間としては大きくなってきます。

その後のキャリアにも影響してくる可能性もありますし、半年間の空白というのは付いて回ってしまう可能性がありますからね…。

半年もダラダラした生活を送っていると「もう二度と社会復帰できないのではないか?」と危機感を感じる人も少なくありません。

 

この記事では、半年働いていない時の対処法について解説します。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

半年働いておらず焦ってしまう方は少なくない

最近はあなたのように、半年働いておらず今後が不安になってしまう人は少なくありません。

実際ネットやSNSなどを見てみても、

ほぼ寝たきりヤル気ナッシング
ニート🤣やったので
1日8,000歩歩くを目標に体力づつくり頑張る
仕事しないとね( ´-ω-)半年働いてない😓

 

今だらけるのも好きだけど、仕事あったらなんだかんだ出勤してるからなぁ…
半年働いてないけど、私はニート向いてない人間だと思う

 

急遽ニート主婦卒業することになった。半年働いてないけど動けるのか怖い…

 

半年働いてないからちょっと金減ってきたな
あと1年は余裕だけどそろそろ脱ニート視野

 

自分で言うのもなんですが私めちゃめちゃニートの才能あります。
半年働いてない時ありましたがまだまだいける!!!!て思ったもん🤨

こんな意見が散見されますからね。

 

特にブラック企業で長時間働かされていたような人ほど、反動で無職ニート期間が伸びてしまうケースも少なくありません。

「もう二度と働きたくない!」なんて考えてしまう人も多いようですね…。

ただ、流石に半年も働いてないと空白期間のリスクが…

あなたのように無職ニートで半年働いていない方というのも珍しくはないと思うのですが…。

やはりさすがに半年も働いていないと空白期間のリスクが出てきてしまいます。

一ヶ月とか三ヶ月だったら「仕事探してました」ということでいくらでも説明はできるんですが、さすがに半年となると長すぎます。

特に最近なんて人手不足の会社が多いですし、選り好みしなければ仕事は見つかる傾向にありますからね。

 

流石に半年も空白期間があると、

  • こいつだらけてニートしてたんじゃないのか?
  • こいつは不真面目な社員なんじゃないか?
  • また辞めるんじゃないか?

などと勘繰られてしまう傾向にあります。

そうなると当然ですが、仕事探しにおいては不利に作用します。

まあそうは言いましても今は人手不足の会社も多いですし、誰も来ないような不人気や業界であればほぼ誰でもウェルカム状態だったりします。

半年働いていないあなたのような方でも、仕事は見つかりやすい傾向にあるんです。

空白期間は適当にバイトでもしてたことにするのも手

まぁ私ならば、半年程度の空白期間なら適当にバイトでもしてたことにしますかね…。

前職の勤務期間を水増しする方法もありますが、これはまぁ自己責任ですね。

職歴を編集する方法についてはこちらで解説していますので、参考にしてください。

⇒職歴詐称のバレない方法はある?無職ニートの空白期間に対処するには?

いつまで無職ニートするか?期限を決めるべき

あなたのように無職ニートで半年働いていない方というのも珍しくはないと思いますが…。

  • いつまで無職ニートをするのか?
  • いつまでに仕事を見つけるのか?

期限を決めた方がいいと思います。

でないとずるずると無職ニート生活が長引いてしまい、これが一年働いてない二年働いてないになってしまう可能性もあります。

家族がいる方であれば周りの目などのプレッシャーもありますが、独身で一人暮らしとかですと誰も注意してくれませんからね。

なまじお金もあったりすると、無職ニート期間が長引いてしまう傾向にあります。

 

やはりリミットを決めないと、人間はどこまでも怠ける傾向にありますので期限は決めた方がいいと思います。

あと三ヶ月までと決めたのであればもう仕事を探し始める始め始めないといけないと思いますし。

あと半年は無職ニートを続けるのであれば、もう少しは無職ニート生活を満喫できるかもしれませんし。

ただその場合も何か知ら再就職に有利になるような、空白期間の説明になるエピソードを作るための活動などもしておいた方が良いと思います。

だらけないために、職業訓練でも受けるのも手

あなたのように半年も働いていない方というのも珍しくありません。

私も無職ニート生活を満喫しようと思って、半年以上無職ニート生活をしていたことがありますし。

まぁ途中で働かない生活に飽きて働き始めましたが…。

 

ですがやはり半年も働いていないと、

  • 昼夜逆転生活になっていたり
  • 体力が落ちていたり
  • コミュニケーション能力が落ちていたり
  • 社会人としての能力が劣化していたり

する可能性が高いです。

 

なので生活レベルを戻してこれからのは社会復帰のために動いていく為にも、職業訓練でも受けてみるのも良いかもしれません。

というか私も半年以上の無職ニート生活をしていた後に、職業訓練に通い始めて社会復帰しました。

職業訓練ならば入学金や受講料もほぼタダで通えますし、条件を満たせば失業給付が訓練期間中は延長してもらえます。

再就職に有利になるような資格やスキルが身につく可能性もあります。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

 

一番は昼夜逆転の生活が正されるというのが一番がメリットですね。

半年も働いていないと毎朝早く起きる必要がありませんので、かなりだらけた生活をしている方も多いのではないでしょうか?

まだ半年だからいいですが、そんな生活を一年も続けていたら更に体力やコミュニケーション能力も落ちてきてしまい、だらけた生活が身についてしまいます。

でしたら、いっそのことこういった所に通っておいた方が将来につながるかもしれませんし、社会復帰も早まると思います。

たまには働こう!単発バイトでもしてみる手も

あなたのように半年働いていない方というのが珍しくはないと思いますが…。

やはり全く働かないとは人間はダメになってきてしまうと思います。

ずっと家にこもってダラダラしていてもつまらないと思いますし。

 

なのでたまには働いてみたらどうでしょうか?

幸い今は人手不足の会社が多く、単発バイトや短期バイトなどもたくさん募集されていますし。

特に最近は正社員ですら募集をかけても人が来ない会社が多く、バイトなんて尚更集まりませんからね。

なので1日だけの短期バイトのような働き方も多い傾向にあるんです。

⇒面接無し履歴書不要!すぐにスキマ時間に働ける単発バイトアプリ【シェアフル】

今のうちに、行きたい場所に旅行に行っておくのも手

あなたのように半年働いていないかとというのも珍しくはないと思いますが…。

そろそろお金に余裕がなくなってきた方も多いのではないでしょうか?

失業保険はもしかしたら貰っているかもしれませんが、働いていた頃の給料に比べれば金額が少ないですからね。

仕事を辞めたら、国民健康保険料や住民税などもごっそり引かれているかもしれませんし、結局お金がなくなったら遅かれ早かれ働き始める羽目になります。

つまりは今の半年働いていない無職ニート期間というのは案外貴重な可能性が高いんですね。

 

なので、今のうちにもっと行きたい場所に旅行に行っておくのも手段の1つです。

また正社員として社会復帰して働き始めたらなかなかそんな時間なんて取れなくなってしまいますからね。

実は案外今の無職ニート期間が貴重な可能性も高いわけです。

もしかしたらそのままずっと働く可能性もあります。

長期の旅行なんてなかなか行けなくなりますので、今のうちに行っておいた方が良いでしょう。

今のうちなら、良い会社にも行きやすいので…

あなたのように無職ニート期間が半年に及び、半年働いていないという方も珍しくないと思いますが…。

やはりそろそろ期間的に厳しくなってくると思いますし、そろそろ仕事を探した方がいいと思います。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

 

半年も働いていないとそろそろ空白期間がきつくなってくるでしょうが、今であればそこそこいい会社にも行きやすくなってきているんです。

まぁさすがに半年も無職ニートを堪能したのであれば、もう充分でしょう。

仕事が多い今のうちに無職ニートを脱出した方が良いかもしれません。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

最近はあなたのように、半年働いていないという方も珍しくはないと思うのですが…。

さすがに半年空白期間が空くと、そろそろ仕事探しにも不利に働き始める傾向にあります。

まぁ別にその間適当にバイトしていたことにしても構わないとは思うのですが、嘘はバレたりもしますし。

そろそろ本当に動き始めた方がいいかもしれません。

 

特に今ならば仕事はたくさんありますからね。

今ならば比較的労働環境のいい会社にも入社しやすくなってきているのです。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

 

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方にお勧めのサービスはこちら!

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

無職の仕事探し現状を変える方法
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。