非正規雇用は職歴にならない!? ボロボロな職歴に絶望した時の5つのヒント

 

geralt / Pixabay

 

  • アルバイトや派遣は職歴にならないの!?
  • バイトしかしてこなかったし、もう就職できないのか…
  • 非正規雇用の職しかない!人生終わった…

 

とお悩みの、「正規雇用は職歴にならないのか?」と、自分の職歴に絶望している方のためのページです。

 

こういうことは、よく言われますよね。

だから「フリーター期間は作らないほうがいい」みたいに言われたりします。

フリーター期間があると、露骨に差別してくるような面接官も多いですからね…。

 

ですが、果たして本当に非正規雇用の職歴は、職歴として認められないのでしょうか?

何とかするための方法をまとめてみました。

 

最近は非正規雇用が4割もいますので…

 一昔前であれば、「非正規雇用は職歴にならない!」という意見が大多数でしたが…。

その頃は、非正規雇用なんて珍しかったですからね。

アルバイトやパートなんて、学生や主婦がやるものでしたから。

 

 icon-exclamation-circle 

ですが近年は、企業側にも余裕がなく、正社員で雇う余裕がある企業も減ってきました。

その結果、今や非正規雇用で働く人は、全労働者の4割もいます。

 

これが1割とか、2割ぐらいであれば、「非正規雇用の職歴は、認められない」ともいえるかもしれませんが…。

さすがにこれだけ増えてきたら、そうは言えないと思います。

 

まあべつに企業側がそうやって差別するのは勝手ですが、今は日本人もどんどん高齢化してきて、平均年齢はもはや45歳ですからね。

労働人口も減少してきていて人が集まらない会社が多いのに、そんな殿様商売できる余裕はあるんでしょうか?

多分ないでしょう。

 

職歴として認めるかは企業側が決めること

 そもそも、非正規雇用の職歴を認めるかどうかは、受ける企業側が判断することです。

なので、堂々と履歴書に書きましょう。

 

というか履歴書に書かなかった場合、履歴書に大きな空白期間ができてしまうのではないでしょうか?

そっちのほうが、だいぶ不利だと思いますけどね。

 

 icon-exclamation-circle 

あるいは、非正規雇用だと書きたくないのであれば、履歴書には単に「〇〇株式会社入社」みたいに書いておくというのもいいかもしれません。

正社員とかあまりこだわらない会社も多いですし、聞かれたら答えればいいです。

 

そういって書いたからといって、職歴詐称になるわけではありませんので。

きちんと確認しなかった企業側が悪いのです。

 

企業側だって、堂々と求人票に嘘書いてますからね…。

お互い様ですよ。

 

社会保険に入っていた職場は、正社員と偽るという手も

 あるいは、こういう方法もあります。

最近はアルバイトやパート、派遣社員のような非正規雇用の方でも、社会保険に入れる職場が増えてきています。

特に、2016年10月から法律が変わりましたので、そこそこ大きい会社に勤めている方であれば、社会保険に加入する義務ができましたから。

 

いまだに

  • 「非正規雇用のフリーターは、老後何の保証もない」
  • 「非正規雇用者は、ケガや病気になったら収入がなくなる」

こんな時代遅れのことを未だに言ってくる人がいますが、今時アルバイトでも社会保険ぐらい入れますからね。

そうすれば老後の保証が手厚い厚生年金にも入れますし、

ケガや病気の時にも傷病手当金がもらえますから、正社員と同じ保証が受けられるんですよ。

 

 icon-exclamation-circle 

そもそも、我が国で職歴をたどる公的な記録というのは、社会保険くらいしかありません。

なので、社会保険に加入していた職場であれば、その期間「正社員として働いていた」といっても、ばれない可能性が高いです。

年金の手帳には、雇用形態は書いてありませんからね。

 

そもそも、法律的には正社員とアルバイトに明確な違いなどありません。

企業側が勝手に差別してるだけですからね。

なので、そういうふうに見栄え良くちょっと履歴を変えて仕事を探すというのも手段の1つです。

 

大胆な職歴詐称行うという手段もあるが…

 あるいはそんなレベルじゃなく、もっと大胆な職歴詐称行うという方法もあります。

  • 「これまでの職歴は全部正社員で働いていたことにする」
  • 「最近働いていた2社ぐらいは正社員で働いていたことにする」
  • 「架空の会社をでっち上げて、正社員で働いていたことにする」

等々。

 

前述したように、我が国では社会保険ぐらいしか職歴をたどれる公的な記録はありません。

それに最近は人手不足の会社も多いですから、あんまりうるさいこと言ってたら人を採用出来ない会社も多いですし。

中小零細企業では、そんなの調べもしない会社の高いです。

なので、「あまりに職歴ボロボロで書類も通過しない!」と悩んでいるのであれば、このぐらいやってしまうのもありかもしれません。

 

 icon-exclamation-circle 

まぁばれた場合に言い訳のしようがないので、自己責任で…という感じになりますが。

ですが、一生正社員になれず、下を向いて行かざるを得ない…そんな人生よりは、

多少リスクがあってもそうやって賭けに出たほうがいいと思うんですがどうでしょうか?

多かれ少なかれ、多少職歴を持ったり、見栄え良く変えたりってのは多くの人がやってますからね。

 

⇒【ブランク】長期無職、ニートの空白期間を解決する6つのポイント

 

最近は有効求人倍率が高く、比較的若ければ仕事なんて見つかる

 というか、最近は少子高齢化に伴う労働人口の減少で、働く人が減っています。

仕事自体はそれほど増えていないのですが、働く人が減っているため、有効求人倍率が高止まりしています。

 

一昔前は「30代になると、正社員の仕事なんて見つからない」ぐらいに言われていましたが、

最近は40代位の方でも、未経験の仕事に正社員採用されていたりしますからね。

 

 icon-exclamation-circle 

高齢化のせいで、日本人の平均年齢は45歳を超えましたからね。

それより若い人であれば、今はかなり仕事が見つかりやすいですよ。

 

「非正規雇用は職歴にならない」なんてことを気にしているあなたは、おそらく職歴もボロボロなのだと思いますが…。

そういった人でも、比較的若ければ、正社員の仕事なんていくらでも見つかるんです。

なので、恐れずに仕事を探した方がいいと思いますよ。

 

まとめ

とは言え、まだまだ企業側の意識が追いついていない面はありますから、面接官から

  • 「非正規雇用は職歴にならないんだよ!」
  • 「バイトは無職扱いだからね!」

こんな心ない言葉をかけられたにもするでしょう。

 

ですが他に目立った応募者がなければ、採用せざるを得ないでしょう。

最近はそうやって選り好みしている会社は、人が集まらずに淘汰されていく運命にありますからね。

なので、気にせず仕事探した方がいいと思います。

 

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

そういった悩みをお持ちの無職の方は、今のご時世多いです。

 

特に無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

 

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方は、自分の転職市場価値を診断するところから始めてみるのがお勧めです!

幸い最近は、転職希望者と企業側の求人データ、過去の転職者のデータから、転職市場価値を診断できる転職アプリが出てきています。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

MIIDAS

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

無職の仕事探し
mushokuをフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。