就職氷河期世代のニートが生き残るには?なんとか自己責任で対処するしかない

 

  • 就職氷河期世代のニートだけどこれからどうしよう…
  • 老後はかなり悲惨かな…

そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

特に最近は就職氷河期世代がネット上でやたらと話題にされる傾向にあります。

政府も人生再設計第1世代とか言って、なんとかこの世代を自立させようと躍起になっていますからね。

就職氷河期に当たってしまい新卒の就職発動で就職できなかったため、未だにニートやフリーターの方も多いです。

ひきこもりになってしまっている方も珍しくありません。

 

あなたはまさしくその就職氷河期の割を食ってしまったニートの方なのだと思いますが…。

生きている以上人生は続いていってしまいますので、まだまだ生きていかなくてはいけませんからね。

この記事では就職氷河期世代のニートが生き残るための方法についてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

就職氷河期世代のニートが生き残るには?

就職氷河期世代の方でも、何とか正社員で働けていたりお金がある方であれば良いですが…。

こんなページを見ている就職氷河期世代のニートの方はそうではないでしょう。

親と同居して養ってもらっている方も多いと思いますが…。

そろそろ年齢的にきつくなってきていると思いますし、親も高齢になりいつ亡くなるかわかりませんからね。

何とか生き残るための方法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

生活費を最低限まで下げる

就職氷河期世代のニートが生き残るためには、とにかく生活費は最低限まで下げましょう。

まぁ親に養ってもらっているタイプのニートの方ですと、そもそもお金がなく最低限の生活にせざるを得ないところがあると思いますが…。

浪費しているところなどがあるのであれば、極力やめてお金を使わない生活をした方がいいと思います。

 

まぁ実家が持ち家の方であれば、親が亡くなってもそのまま住めると思います。

よほど価値のある財産(3600万円以上)がなければまず相続税を支払う必要はありませんので、何とかそのまま実家に住めると思います。

生活費を下げておけば、大人1人生きていくぐらいであれば、月10万円以下とか5万円ぐらいで生活している方もいらっしゃいます。

実家ならば家賃も掛かりませんので、生活費を下げておけば生きやすくなります。

月数万円ぐらいでいいのであれば、ちょっとバイトすれば稼げますからね。

バイトで良いから少しずつ働く

就職氷河期世代のニートが生き残るためには、やはり少しでもいいから働いていく必要があると思います。

今はもしかしたら親の年金で暮らしていたりするのかもしれませんが、親が亡くなってしまえば収入が途絶えてしまいますし。

生活保護が刑務所か?というところまで追い詰められてしまいます。

 

まぁ少しでもいいのでバイトでいいから働き出した方がいいと思いますね。

最近は人手不足の影響で、一日だけの単発バイトとか短期バイトなども増えてきてる傾向にありますし。

1日だけなら嫌な人がいても二度と会わずに済みますからね。

最近は最低賃金が上がってきていることもあり、1日働けば割と1万円ぐらいは稼ぎやすい傾向にあります。

⇒日雇いバイトが探せるおすすめ求人サイトランキング

健康に気を遣い医療費がかからないようにする

就職氷河期世代のニートが生き残るためには、健康に気を使った方がいいですね。

ここで病気になってしまうとお金が必要になってしまいます。

今はニートでも、バイト程度でも働けばなんとか自分1人暮らしていくぐらいにお金は稼いでいけるとは思いますが…。

病気になると医療費がかかってきてしまい、ちょっと働いたぐらいでは生活できなくなってしまいます。

 

特に運動不足だったり生活習慣が乱れていると、糖尿病などの生活習慣病のリスクも上がってしまいます。

そうなると薬代がかかってきたり、食事をかなり見直す必要が出てきたりしてお金がかかってきてしまいます。

定期的に運動する習慣を作ったり、食生活に気をつけるなどして健康に気を使って行った方がいいでしょう。

健康ならば死ぬまで働けますし、ニートから脱出して社会復帰などもしやすい傾向にあります。

ネットで稼ぐ道を模索する

あとは幸い最近はネットの発達によって、割と気楽にネットでも稼ぎやすくなってきています。

就職氷河期世代のニートが自立していくためには、ネットで稼ぐ道を模索するというのも手段の一つです。

幸いニートであれば時間はたっぷりありますし。

勉強や作業する時間をたくさん取れればその分稼ぎやすくなります。

幸い今はネットでいくらでも稼ぐ方法などが無料で見ることができます。

時間さえあれば、様々な分野の知識を身につけることができます。

 

就職氷河期世代のニートの方ですと、なかなか外に働きに出るのも難しい方が多いと思いますからね。

こういった手段で稼いでいくのか現実的な道かもしれません。

こちらで色々と稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

DIYできる自宅のメンテナンスや修繕はしておく

就職氷河期世代の方は実家でニートをしている方が多いと思いますが、親が亡くなってしまうと実家の相続が発生します。

持ち家の場合の話ですが。

ただそろそろその実家も老朽化していると思いますし、貴方が死ぬまで住めるかどうかは結構怪しいかもしれません。

 

できるだけ若くて体力があるうちに、DIYでできる自宅のメンテナンスや修繕程度はしておいた方が良いかもしれません。

床や壁の張替えぐらいだったらDIYでもやりやすい傾向にありますし。

日本全国でワークショップなどが開催されていて学びやすい傾向にありますね(経験済み)。

大きめのホームセンターに行けば材料は一通り揃います。

業者に丸投げするとかなりお金がかかってくるので、こういった方法で自分で修繕やメンテナンスをしておくと良いかもしれません。

親の健康や生活習慣にも気を配り健康寿命を延ばす

就職氷河期世代のニートの方ですと、そろそろ親が高齢になってきている方も多いと思います。

最近は8050問題と言って、50代の中高年ひきこもりの親が80代に突入し、その後どうするんだということが社会問題になってきています。

そのまま親が健康なままポックリ逝くのであればまだマシかもしれませんが、要介護になってしまうと本当に共倒れになってしまいかねません。

 

なので、親の健康や生活習慣にも気を配っていった方がいいと思います。

そうすれば健康寿命を伸ばすことができる可能性があります。

寿命が長くなれば年金で生活もしやすくなります。

まあできることとしては、引きこもりがちになっている親であれば散歩に誘うとか、食事を見直して野菜やタンパク質を積極的に摂るようにするとかですかね。

特に高齢者ほど食が細くなり、タンパク質不足で筋肉が衰えて歩けなくなるなんていうケースが多いですからね。

職業訓練を受けて社会復帰を目指す

あとは就職氷河期世代とはいえ、何とか社会復帰する意欲があるのであれば、今であれば何とかなる可能性もあります。

今は有効求人倍率も高いですし人手不足の会社も多く、不人気な業界であれば、割と中高年以上の未経験の方でも正社員採用されやすくなってきていますし。

なので、職業訓練でも受けて社会復帰を目指すという手もあります。

 

幸い入学金や授業料はほぼタダですし。

しかも条件を満たせば、月10万円の職業訓練受講給付金も貰えます。

私も一時期ニートをしていた時に通ったことがありますが、それがきっかけになって社会復帰もしましたし。

クラスメートには30代の何年もニートしているような方もいましたが、普通にそのまま社会復帰して正社員になっていましたね。

当時は今よりも仕事がない時期でしたが、割とこういう感じで動き出せば、社会復帰もしやすい傾向にあります。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

可能なら仕事が多い都会に引っ越す

就職氷河期世代のニートが社会復帰して生き残っていくためには、仕事が多い場所に行った方が良いかもしれません。

東京などの都会であれば仕事が沢山ある傾向にありますし、有効求人倍率も全国的にかなり高い傾向にあります。

東京ですと、もう最低賃金も1000円に届きそうな位に上がってきていますし。

東京23区であれば、バイトの平均時給も1200円を超えています。

さすがに氷河期世代のニートでもバイトなどの非正規雇用ぐらいであれば見つかりますから、できるだけ賃金の高い場所で働いた方がいいです。

最近は法律も変わったので、バイトでも条件を満たせば社会保険ぐらいが入りやすくなりましたし。

 

東京でも多摩市などの郊外であれば、単身用ワンルーム物件が月2万円台からありますし。

家賃の安い郊外に住んで都心に通勤するのが一番コスパが高いと思います。

ただまぁ入居の初期費用などで敷金礼金などもかかってくる物件が多いので、最初は今住んでいるところの近くでバイトなどをしてお金を貯めた方が良いかもしれませんが…。

⇒3万円以下で探す多摩市の賃貸住宅[賃貸マンション・アパート]情報

今なら仕事多いので今のうちに動いておいた方が良いかも…

就職氷河期世代のニートとなると、「そろそろ年齢的にもう無理だよ」と諦めて仕事探しを諦めてしまいがちな傾向にあります。

空白期間が空いてしまうと、なかなか書類も通らなくなってきますからね…。

自己肯定感がなくなってしまい、「このままのたれ死ぬしかない」なんて諦めている方も多いのではないでしょうか?

 

ただまあ今ならば仕事も割と多い傾向にありますし。

人手不足の業界であれば、未経験でも40代50代でも正社員採用されている人は結構います。

まぁ正社員にこだわらなくても、バイトでも契約社員でも非正規雇用の仕事で社会復帰できれば、なんとか生きていけると思います。

今なら仕事が多い傾向にあるのは確かなので、今のうちに動いておくと良いかもしれません。

 

無職でもスマホで数万円~10万円程度なら稼げます!

 

無職となると収入もなくなってしまうため、「お金がなくてヤバい!」という状況になりがちです。

失業保険も大した金額ではありませんし、貰える期間も短いですからね…。

ですが最近はネットの発達によって手軽にお金が稼ぎやすくなってきているため、スマホでもお小遣いを稼ぎやすくなってきています!

外にバイトに行くよりは、手軽に片手間で稼げるのは嬉しいですね。

 

特にポイントサイトを使えば、無料会員登録や口座開設などの案件をこなすことで、一時的に数万円~10万円程度なら稼げます。

ポイントサイトは、無料会員登録や口座作成などの広告案件をこなすことで、企業側もポイントサイト側も儲かり、あなたも稼げるという三方良しの仕組みです。

Tポイントや楽天ポイントなどに交換して使うのであれば、失業保険受給中でも収入にあたらない可能性が高いです。

不安であれば、失業保険受給中はポイントを貯めておき、受給が終了してから現金やポイントに交換すれば良いでしょう。

 

「無職でもネットで手軽に稼いで、生活を楽にしたい!」という方にお勧めのポイントサイトはこちら!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

■モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

業界トップクラスの最強ポイントサイト。

他社ポイントサイトに比べて還元率が高く、案件数も業界最大級に多いのがメリットです。

この業界はポイントを貯めても換金できない詐欺ポイントサイトが多いですが、東証一部上場企業のセレスが運営しているため、確実に換金できるので安心です

私も何度も換金していますし、安心して利用できます。

 

FX口座作成やクレジットカード作成などの高額案件をいくつかやるだけでも数万円~10万円前後は稼げます。

稼げないネット内職が多い中、やれば誰でも稼げますので、無職でお金に困っているなら気楽に始めると良いでしょう。

gmailなどのパソコンのメールアドレスでも登録できますが、スマホなどのキャリアメールアドレスで登録するとスマホ向けの稼げる案件もできるようになるのでお勧めです。

⇒月5万円の副収入ゲット!最強ポイントサイト【モッピー】

就職氷河期世代
この記事を書いた人
TK神戸@元無職

30代自営業。無職、大企業正社員、派遣、フリーターなどなど一通り経験しました。バイトも含めれば経験20社以上、無職で貯金ゼロ状態も経験。
無職でもお金を稼ぐ方法や制度を知っていれば生き残れる可能性が上がります。無職状態でも希望を持てるメディアを目指しています。

TK神戸@元無職をフォローする
TK神戸@元無職をフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。