無職ニート期間が長引いて焦りが!経験者が空白期間による焦燥感を解消する人生逆転策を語る

 

  • 無職ニート期間が長引いてきて焦る!
  • そろそろ貯金もないしやばい!
  • ニート生活でだらけすぎて社会復帰できそうにない!

そんな悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくありません。

 

最近はニートやひきこもりの方が急増しているため、あなたのような悩みをお持ちの方は少なくありません。

内閣府の調査によると、2021年のニート総数は75万人、ひきこもりは2018年時点で約115万人で、そのうち中高年ひきこもりは61万人となっています。

最初の1ヶ月や2ヶ月はニート生活も開放感があって楽しいですが、徐々にあなたのように焦りが出てきます。

失業保険も限られた期間しか貰えませんし、貯金が減っていく恐怖は体験した人しか分からないでしょう。

ニート生活が長引いてくるとだらけてしまい「今更社会復帰なんて無理!」なんて絶望的な気分になってしまいます。

 

私もたびたびニート生活を経験していますので、説得力のある話ができると思います。

この記事では、無職ニート期間が長引いて焦っている時の人生逆転策を教えます。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

ニート期間が長引いて焦ってしまう人は少なくない

最近はあなたのように、ニート期間が長引いてしまい焦ってしまう人は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されます。

あまりに空白期間が空くと再就職に不利になってしまいますから、諦めてひきこもりになってしまう人も少なくありません。

無職ニート期間が長引いて焦っている時の対処法!これをやれば問題なし

私もたびたびニート生活を経験していますが、空白期間が空いてしまう焦りはよくわかります。

ネットで検索すると「ニートが長引くと詰む!」なんて言われていますからね…。

無職ニート期間が長引いて焦っている時の対処法を経験者が解説しますので、参考にしてください

焦りをなくすには仕事を見つけるしかない!

身も蓋もない当たり前のことを言いますが、無職ニート期間が延びている焦りをなんとかするには、仕事を見つけるしかありません。

ニート期間が長引いて焦りを感じているということは、あなたの精神は非常に正常に動作しています。

だって、毎日働かずに無職ニート期間が延びていったら、さすがにヤバイですからね。

あなたの生存本能が、焦りを告げているのではないでしょうか?

 

なので、一刻も早く次の仕事を見つけることです。

もう仕事を探すための活動はしているかもしれませんが…。

もっと本気を入れて腰を入れてやったほうがいいかもしれません。

「3ヶ月以内に次の仕事を見つける!」ぐらいに気合を入れて、面接を入れまくったほうがいいかもしれません。

「鉄は熱いうちに打て」といいますし、勢いがあるうちに短期決戦でやったほうがいいです。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

空白期間が長過ぎるなら、自己責任で多少見栄えを良くすることも検討

あるいはあなたのような人の場合、空白期間がかなり伸びてしまっているのかもしれません。

無職ニート期間が延びてしまったら、だれでも焦りますからね…。

  • 「空白期間があるともう正社員にはなれない」
  • 「ブランクがあると社会復帰はきつい」

こんなふうに言われていますからね。

 

ですが、多少のブランクであれば、見栄えを良くすることはできると思います。

まぁ厳密には職歴詐称と言われることもありますが、多少経歴を盛ったり、編集したりするのは、結構みんなやってますからね…。

まあ、バレる可能性がある部分とそうでない部分を見極めて、ほどほどにやる必要がありますが…。

こちらで空白期間対策について書いていますので、参考にしてください。

⇒職歴詐称のバレない方法はある?無職ニートの空白期間に対処するには?

これから現役世代の負担は更に増加!多少ズルをしてでもさっさと社会復帰し、みんなのために働いたほうが良いのでは…?

まぁ詐称と言うと悪いことであるのは事実ですが、ぶっちゃけ国や社会にとっても、あなたにはさっさと社会復帰してもらったほうがありがたいです。

これからは更に高齢者が増えて社会保障費も増えていきますから、国としてもあなたのような若者にはさっさと社会復帰してもらい、一円でも多くの税金と社会保険料を納めてもらいたいのが本音だと思います。

最近は深刻な人手不足に陥っている企業が多いですし、企業としても人には来てもらいたいのです。

しかしあまりに空白期間がある人材を採用してしまうと、すぐに辞められてしまったら採用担当が文句を言われる可能性が高いですからね…。

 

まぁあくまでも自己責任で、あまり大胆にならない範囲で見栄えを良くする程度にやって、採用される確率を上げて行ったほうが良いでしょう。

あなたが清廉潔白を通して採用されず働けなかったとしても、誰も得をしませんので…。

そして採用されたら企業に恩返しするつもりで、バレでもクビにならないように必死に頑張ればいいのです。

いっそ自営業目指すのも手段の1つ

あるいはいっそのこと、自営業を目指すというのも手段の1つです。

  • 「そんな能力はないよ」
  • 「金がないよ」
  • 「そんなコネもないし…」

そう思っている人も多いかもしれませんが…。

 

しかし最近はインターネットで手軽に稼ぐことができる時代です。

独身の人が1人食っていく分ぐらいであれば、頑張れば十分に稼ぐことができます。

特に仕事がない地方ですと、ろくな給料が稼げる会社がありませんから、自営業になったり、ネットで起業したりするのが盛んです。

ネットで稼ぐ自営業であれば、元手なんてほとんどかかりません。

失敗しても収入0円になるだけで、借金を背負うことは無いのです。

なので、気楽にチャレンジしてみるのも手段の1つですね。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

運動を始めて体力をつけ社会復帰のリハビリをする

無職ニート期間が長引いてしまうと、つい自堕落な生活になってしまいます。

そういった方ですと、昼夜逆転生活になってしまっている人も多いのではないでしょうか?

そして、ほとんど家から出ず、ずっと家でネットしている…という生活をしている人も多いと思います。

⇒無職ニートで昼夜逆転生活!?生活リズムを治し社会復帰する7つのヒント

 

ですがそんな生活をしていたら、ネガティブな考えになってきてしまうのも当然ですよ。

なので、ちょっと外に出て日光でも浴びながら、運動してきたらどうでしょうか?

そのほうが脳内伝達物質のセロトニンが出てポジティブな考えになりますし、今よりも前向きで建設的なアイデアが浮かんでくるはずです。

このページを家でダラダラしながら見ている人が多いと思いますが、そんな状態で今後のことを考えたところで、ネガティブなことばかり浮かんできて焦ってしまうのは当たり前ですよ。

一見遠回りなようですが、自分の状態をもっとポジティブで行動的な状態にしてから考えた方が、はるかに簡単に物事は進みます。

職業訓練を受けて社会復帰のリハビリをする

無職ニート期間が長引いて焦っている時の対処法として、職業訓練を受けて社会復帰のリハビリをすることも挙げられます。

やはり長くニートしていた人が突然働きだすというのは、ぶっちゃけ無理だと思います。

仮に正社員として採用されたとしても、毎朝起きて出社できるかどうかも不明ですし、体力が落ちていれば企業としても使い物になりません。

最近は人手不足の企業が多いため、ギリギリの人員で回さざるを得ない企業が多いですからね…。

 

なのでまずは社会復帰のリハビリが必要でしょう。

幸いあなたのようなニートや失業者のために、国が職業訓練校というものを設けてくれています。

条件を満たせば訓練期間中は失業保険が延長して貰えますし、雇用保険をかけていなかった方でも条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金が貰えます。

私も給付金を貰いながら職業訓練を受けて正社員採用された経験がありますし、ニートで社会復帰が不安ならまずこういったところに通ってみましょう。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

ジョブカフェやサポステに相談に行く

ニート期間が長引いてしまっている方は、1人で悩んでいても時間だけが過ぎていってしまうことが多いです。

1人で悩んでいてもネガティブになるだけで、良い考えは浮かんできませんからね…。

幸い国があなたのようなニートの方のために、ジョブカフェや若者サポートステーションという機関を設けてくれています。

私も以前ニートやフリーターを行ったり来たりしていた時にお世話になりましたが、週一回一時間だけ…みたいなところから相談に乗ってくれます。

⇒全国のサポステ | サポートステーションネット

ジョブカフェにおける支援 全国のジョブカフェ |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 

ニートが長引いている人だと「どんな仕事がしたいか分からない」という漠然とした悩みを持っている人が多いでしょう。

ハローワークや転職エージェントなどは仕事を探すための機関なので、そんな漠然とした、仕事を探す以前の問題に直面している人の相談にはなかなか乗ってくれません。

しかしジョブカフェやサポステならば、じっくりと相談に乗ってくれるため、ニートが長引いている人でも少しずつ社会復帰の道を歩める傾向にあります。

少しでもいいから働いてみる

あるいは、しばらく働いていないから、焦りがでてくるのだと思います。

  • 「そろそろ働かないとやばい!」
  • 「もう何年も働いていない!」
  • 「社会生活の能力が衰えていってしまう!」

こんな感じの危機感からくる焦りを抱いているのかもしれません。

 

でしたら、少しでもいいから働いてみるといいかもしれません。

  • 一日だけの単発バイト
  • 1週間だけの短期バイト
  • 1ヶ月だけのリゾートバイト

そんな感じの、単発や短期のアルバイトが、今はたくさん募集されていますからね。

幸い最近は履歴書や面接不要の単発バイトアプリも増えていますので、こういったものを使って少しだけ働いてみると良いでしょう。

⇒面接無し履歴書不要!すぐにスキマ時間に働ける単発バイトアプリ【シェアフル】

まとめ

無職ニート期間が長引いてしまうと、あなたのように焦ってしまうのも当たり前ですが…。

そこはやはり、家で悶々としていたところでどうなるものでもありません。

しかし長くニートをしていた人がいきなり動き出すのはやはり無理だと思いますので、職業訓練を受けたり、ジョブカフェやサポステなどに相談に行ってみたほうが良いかもしれません。

仮に今正社員採用されたとしても、体力やコミュニケーション能力が落ちた今のあなたでは、企業にとって使い物にならないと思いますし。

 

まぁ焦ってもブラック企業に入社するリスクが上がってしまうだけですし、そうなると働くことがトラウマになって働けなくなってしまうリスクすらあります。

幸いこれからは人口動態的に人手不足が更に加速していくことは確定していますので、仕事なんてなにかしらあるわけですから少しずつ動いていけば良いでしょう。

テキストのコピーはできません。