【やることない】ひきこもり生活に飽きた!今から動き出す7つの人生戦略

 

  • 引きこもり生活に飽きた!
  • ゲームやネットをするのにも飽きた!

最近はそういった悩みをお持ちの方も珍しくないかもしれません。

 

私も無職だった時にひきこもりがちな生活を送っていたことがありますが、最初はいいですが割と飽きますね。

代わり映えしない毎日ですし、「このままこんな生活が続いていくのか?」と考えると不安になってきます。

家にいると、せいぜいネットやゲームをやることぐらいしかありません。

毎日そんなことをやっていたらさすがに飽きてきますからね。

 

ですが引きこもり生活に飽きたところで、その後どうしたらいいのか途方に暮れている方も多いかもしれません。

この記事では、ひきこもり生活に飽きてしまった時の対処法についてまとめてみました。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒10万円のお小遣いゲット!最強ポイントサイトGMOの【ポイントタウン】

代わり映えしないひきこもり生活に飽きてしまう方も多い

最近はあなたのように、ひきこもり生活に飽きてしまう方というのも珍しくありません。

ひきこもり生活ですと部屋から出ない生活ですし、生活に彩りがなく代わり映えしませんからね。

そんな生活を何年も続けられる人というのは、多くはありません。

ニートや引きこもり生活には才能が必要ということは、よく言われることです。

 

実際ネットSNSなどを見てみても、

仕事辞めて引きこもろうと思って3ヶ月目だけどそろそろ飽きてきた。

やりたいゲームはあらかたやったし行きたいところにも行ったしネットにも飽きた。

あとは仕事でもするしかないのか?

 

引きこもり生活1年目だけどもう飽きたぞ…。

引きこもりというか海外旅行とかにも行ったけど、ホテルに引きこもってネットとかしてたねw

基本は家にこもってゲームとかネットとかだけどさすがに飽きる。

何年も引きこもれる人って本当にすごいと思うよ。

 

うつ病で潰されて3年引きこもってるがさすがに飽きてきた。

社会復帰は不安だけど、働かないというのもこんなにきついものなのかと痛感したよ。

ブラック企業で働いていた時はしばらくひこもりたいとかニートになりたいとか考えてたけどさ。

まぁ精神が上向いてきた証拠なのかな?

こんな意見が散見されますからね。

 

世の中には何年も、10年20年単位で引きこもっているような方もいらっしゃいますが…。

やはりそういった方というのは、何らかの精神疾患を発症してひきこもらざるを得ない状態になっていたり、ひきこもっている途中でうつ病などになってしまっている方も多いと思います。

やはり正常な精神では、引きこもり生活に飽きてしまうのは当然だと思います。

長期のひきこもり生活をするのは才能が必要だと思いますね…。

ひきこもり生活に飽きたなら社会復帰のために動き出すべきだが…

あなたのように、ひきこもり生活に飽きてしまう方というのは珍しくありません。

というか同じ場所にいたらさすがに飽きますからね。

ゲームやネットをするのにも限界がありますし、ゲームなんて大抵のものは似たようなもんですからね。

ネットは毎日新しい情報が更新されますが、毎日似たようなニュースや情報ばかりで飽きてきますし。

 

無理に働かないのもよくありませんから、そろそろ社会復帰のために動き出したらどうでしょうか?

ただ長期の引きこもり生活をしていた方は空白期間などのブランクが問題になる可能性がありますが…。

特に日本企業は、空白期間などにことさら厳しい傾向にありますし。

ある程度以上にブランクが空いてしまうと、書類の段階で落ちて採用されない傾向にありますからね。

 

まぁそうは言いましても、今は少子高齢化による労働人口の減少で、人手不足に陥っている会社が多いです。

まぁ適当にバイトでもしてたことにすればかなり受かりやすくなるとは思います。

⇒【ブランク】長期無職、ニートの空白期間を解決する6つのポイント

ひきこもり生活に飽きたならとにかく外に出よう

あなたのように、引きこもり生活に飽きてしまう方というのは珍しくありませんが…。

飽きたのであれば、もう潮時だと思います。

とにかく外に出た方がいいかもしれません。

 

しばらく引きこもっていた方の場合は、筋力も退化していたり体力も低下している方も多いかもしれませんが…。

外に出る時間を長くしていかないと、社会復帰することもおぼつきませんからね。

特に体力が落ちている方ですと、まず外に出て運動不足を解消し、体力をつけていくことから始めるべきかもしれません。

まずそこから始めないと、引きこもりに飽きたとはいえ社会復帰していくことは難しいですからね。

動かないひきこもり生活に飽きるのは当たり前!外に出て運動を

やはりひきこもりとなると、飽きてしまうのは当たり前だと言えます。

毎日代わり映えのしない生活ですし、誰にも会わない生活ですからね。

特に運動不足に陥ってしまうと、様々な弊害が出てきてしまうんです。

外に出て運動しないと日光にも当たらないので、セロトニンも分泌されずビタミンDも生成されませんからね。

つまり心身ともに様々な不調が出てきて、メンタルも不安定になってくるんです。

 

運動不足を解消するためにも、ひきこもりに飽きたのであれば、社会復帰のためにとりあえず外に出て運動するようにしましょう。

  • 散歩
  • ジョギング
  • サイクリング
  • スイミング

などなど。

何でも構いませんが、引きこもりに飽きたのであれば社会復帰のためにまず体力をつけることを考えるべきです。

 

幸い最近は生産年齢人口の減少により、人手不足に陥っている会社が多いです。

定年後の高齢者ですら活用せざるを得ない企業が増えてきていますからね。

いくら引きこもっていた人とはいえ、外に出て体力をつければ、今ならばどこかしらの企業に採用される可能性は高いです。

とにかく体力を取り戻さないことには、企業にとってあなたは使い物になりません。

とにかく外に出て運動すれば気分も晴れますし、社会復帰の意欲も湧いてくると思います。

ひきこもりに飽きても金がないと何もできない!ネットで稼いでみるのも手

あなたのように、引きこもり生活に飽きてしまう方というのも珍しくはありませんが…。

いくらひきこもりに飽きたとはいえ、お金がないとなにもできません。

お金がないと、

  • 仕事探しのために履歴書も買えない
  • 履歴書の証明写真も撮れない
  • スーツも買えない
  • 交通費もない

などなど、仕事探しのために動き出すこともできないんです。

 

もしお金がないことが原因で動き出せないのであれば、ネットで稼いでみるのも手段の1つです。

幸い最近は、ネットで手軽にお金を稼ぐ手段も増えてきていますからね。

今はネットで頑張ってお金を稼げたら、引きこもりでも社長になれる時代なんです。

今は何でもネットだけで完結しますからね。

こちらで色々なネットで稼ぐ方法を紹介していますので、参考にしてください。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒10万円のお小遣いゲット!最強ポイントサイトGMOの【ポイントタウン】

ひきこもり生活に飽きたなら外に出てサポステに相談に行く手も

長期の引きこもり生活を送っていると、

  • 体力が落ちていたり
  • コミュニケーション能力が落ちていたり
  • 対人恐怖症になっていたり
  • 社会不安障害などを併発していたり

などの症状が出てきて、社会復帰が不安な方も多いと思います。

というかそんな感じになっていなければ、もっと早く引きこもりを脱出していたと思います。

でしたら、誰かに相談に行くのが良いかもしれません。

 

幸いあなたのようなニートやひきこもりの方のために、国が若者サポートステーションという相談機関を設けてくれています。

こういった所に行けばキャリアコンサルタントがあなたのこれからについて相談に乗ってくれます。

週1回ぐらい、1時間ぐらい予約を取って相談できるシステムですが、引きこもり生活を送ってる方ですと、誰にも会いませんし。

外に出る用事もありませんので、こういった所に通いだせば、社会復帰のきっかけになると思います。

いくらひきこもりに飽きたとはいえ、1人で仕事を突然探し出すなんていうのは誰でも出来ることではありませんからね。

だったらこうやって他人を巻き込んで一緒に頑張っていく形にした方が社会復帰は早まるでしょう。

⇒全国のサポステ | サポートステーションネット

空白期間は適当にバイトでもしてたことにすれば仕事は見つかりやすいので…

最近はあなたのように引きこもりに飽きてしまう方というのも珍しくありませんが…。

やはり空白期間がネックになってきます。

ひきこもりに飽きて働きたくなったものの、空白期間がネックになって採用されないというのはよくあるパターンです。

 

ですが空白期間については、適当にバイトでもしていたことにすれば問題ないかもしれません。

よく「職歴詐称はバレる!」なんてことが言われますが、さすがに前職がバイトだと前職調査なんてほとんどしない傾向にありますね。

警備業や金融業、一部の大手企業などはうるさく調べることもありますが、人手不足の中小零細企業はそんなことしてる余裕なんてありません。

 

まぁあまり褒められた方法ではないのは確かですが、長期ブランクのあるひきこもりの方が働きたいと考えて行動を起こしても、正直に履歴書を書くと書類で落とされてしまい、まず採用されません。

私であれば、自己責任でちょっと履歴書の見栄えを良くして、採用される確率を上げますね…。

まぁその辺りのことについてはこちらの記事で解説していますので、興味がある方は参考にしてください。

→職歴詐称のバレない方法は?無職ニートの空白期間を詐称する方法

⇒【ブランク】長期無職、ニートの空白期間を解決する6つのポイント

まとめ

最近はあなたのように、引きこもり生活に飽きてしまう方も珍しくありません。

変わりばえのしない引きこもり生活に飽きてしまい、「そろそろ働きだそうかなぁ」と考える人も珍しくないのです。

ですがやはり空白期間がなどがネックになってきます。

長引くひきこもり生活で対人恐怖症になっていたり、体力が落ちていたり、社会不安障害を発症していたりする人も多いです。

まぁだからといって社会復帰できない訳ではないのですが、社会復帰のリハビリのためにとりあえず外に出て運動したりしていく必要があるかもしれません。

 

まぁ幸い今は人手不足の会社が多く、以前よりも採用されやすくじゃなってきています。

空白期間については、ちょっと対策をすればなんとかなると思います。

最近私の知り合いの40代ひきこもりの方も、社会復帰して働き始めましたし。

あなたさえやる気を出して動き出せば何とかなりますので、仕事が多い今のうちに動いていくといいでしょう。

 

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

 

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方にお勧めのサービスはこちら!

 

●ミイダス

あなたの転職市場価値を診断してくれるアプリ。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

MIIDAS

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●ポイントタウン

スマホで手軽にお小遣い稼ぎができるサイト。

無職だと外に働きに出るのも億劫になってしまいがちですから、まずは手軽にお金を稼いでみると良いかもしれません。

案件によって結構稼げますので、仕事探しの軍資金にすると良いでしょう。

⇒10万円のお小遣いゲット!最強ポイントサイトGMOの【ポイントタウン】

ひきこもり
mushokuをフォローする
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。