氷河期世代の無職でこれから不安!老後がやばい氷河期ニートはこれをやれ!

 

  • 氷河期世代で無職ニート!
  • 新卒の就職に失敗したから、キャリアがボロボロ…

そんな悩みをお持ちの氷河期世代の方は、今のご時世珍しくないと思います。

 

最近はニートや中高年ひきこもりの方が急増しているため、あなたのような悩みを持つ方は少なくありません。

内閣府の調査によると、2021年のニート総数は75万人、ひきこもりは2018年時点で約115万人で、そのうち中高年ひきこもりは61万人となっています。

新卒の頃に就職できないと、その後のキャリアがボロボロになってしまう人は多いです。

新卒で就職できずに、無職ニートやフリーターになってしまった方も多いですからね…。

仕事が見つかってもブラック企業だったりで長続きしないケースも多いです。

 

ですが、いくら就職氷河期世代とはいえ無職ニートですと生活していくことができませんからね。

この記事では、氷河期世代無職ニートで将来が不安な時の対処法について解説します。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

氷河期世代で無職ニートの方は案外多い…

最近はあなたのように、就職氷河期世代で無職ニートの方というのは珍しくもありません。

実際ネットやSNSなどを見てみても、

氷河期世代の我々が、近い将来、数の暴力で政治を牛耳って自分たちの子ども世代から搾り上げる構造を作るのか…?

 

さすが社会・経済の調整弁たる我ら氷河期世代!
死ぬまで働かされるか、働けなくなって死ぬかの将来は想定済みなので大丈夫。

 

40代から突出して自殺者数が増えてるのは、恐らく40代になると求人が急に無くなるからだろうな。就職氷河期世代でもある。経済苦と将来を悲観してしまう年代でもあるだけにサポートは必要だな。

 

就職氷河期世代ですけど、将来的には「お前らだけ年金ナシな」とか「お前らだけ生活保護申請禁止」とかやられるんだろうなと思ってます

 

「国の借金が」「将来にツケをまわすな」「税金の無駄遣い」で緊縮を敷いた結果、我々氷河期世代がどんな目に遭ってきたか、下の世代の方々は良く調べて欲しい。
このままなら同じことを繰り返しそうだ。

こんな意見が散見されますからね。

 

やはり氷河期世代となると、最初の新卒の頃につまずいて、その後の社会人としてのキャリアがろくでもないことになってしまっている人も多いです。

やがては社会を憎むようになり、社会に復讐したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

能動的に復讐しなくても、生活保護や治安の悪化という面で、社会全体がツケを払う羽目になるでしょうね…。

生活保護を受けられなければ、刑務所に行くだけの話です。

氷河期の無職ニートやフリーターは、甘えと言う人も…

最近はあなたのように、氷河期世代の無職ニートの方というのも珍しくないのですが…。

酷い事にそういった氷河期世代の無職ニートやフリーターの方に対して、甘えだという人もたくさんいます。

例えば

  • 氷河期世代で無職ニートは甘え!
  • 氷河期世代のフリーターは甘え!
  • 就職氷河期なんてもう何年前だよ、絶対に正社員になるチャンスあっただろ!
  • 就職氷河期は無能を消す自然淘汰だよw

こんなひどい意見が散見されたりしますね…。

こんなこと言ってる連中は、氷河期世代の無職ニートたちに家族もろとも刺し殺されても文句言えないと思いますけど…。

 

だいたいいい会社に行けるとか稼ぎが多いのって、多分に運の要素が左右しますからね。

就職氷河期の頃なんて、一流大学を出ても内定貰えない人もたくさん見ましたし。

逆に今はどんなバカ大学を出てもそこそこの会社に行けるようになってきていますからね。

単純に仕事を探す時の景気の状況によって、いい会社に行けるかどうかとか、その人の人生なんて決まってきてしまうんです。

ただ、まだ中途半端に人生長いので…

あなたのように、就職氷河期世代の無職ニートの方というのも珍しくはないと思うのですが…。

まだ人生長いですし、諦めるのはちょっと早すぎるのではないでしょうか?

 

就職に関してはかなりキツイ年齢ですが、そうは言いましてもまだまだ人生は続いていきますからね。

ずっと無職ニートでいるわけにもいきませんし、お金がなくなったら結局また働く羽目になります。

1日も早く若い方が、いい仕事にはつきやすいですからね。

就職氷河期世代で無職ニートですと社会を憎んで腐ってしまいがちですが、本当にチャンスなので今のうちに動いておくと良いでしょう。

今なら人手不足なので、氷河期世代無職ニートでも仕事探しのチャンス

あなたのように、就職氷河期世代で無職ニートの方というのも今時珍しくはないと思いますが…。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

 

まぁさすがにいい会社は正社員を目指すのは難しいと思いますが、人気がないブラック業界であれば、充分可能性はあります。

最近私の知り合いの氷河期世代のフリーターの方も正社員になっていましたし。

人手不足ではなく奴隷不足!とか言われたりもしますが、就職氷河期を生きてきた人であれば分かると思いますが、

そんな仕事でも正社員の仕事があるだけ遥かにマシです。

今のうちに仕事を見つけておいた方が良いかもしれません。

⇒30代以上の長期無職ニート者が、正社員の内定を得る7つのポイント

⇒職歴詐称のバレない方法はある?無職ニートの空白期間に対処するには?

とりあえず職業訓練でも受けてみる手も

そうは言いましても、就職氷河期世代で無職ニートの方ですと、長らく無職ニートをやっている方も多いかもしれません。

  • 前の仕事を辞めて数年無職ニートをしている
  • というかかなりしばらく無職ニートをしている
  • むしろ就職につまずいてからずっと無職ニートをしている

などなど。

そういった長く無職ニートをしている方ですと、体力やコミュニケーション能力生活リズムなども乱れています。

いくら就職氷河期世代で無職ニートだからといっても就職したいとは思っているでしょうが、そのままですと企業にとっては使い物にならない可能性も高いです。

 

なのでいっそ社会復帰のリハビリをした方が良いかもしれません。

職業訓練校などに通ってみたらどうでしょうか?

幸い授業料などはタダで通えますし、条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金も受給できる可能性があります。

就職に有利な資格やスキルなどを身につく可能性がありますからね。

まぁ就職に直結するコースはよく見極める必要がありますが、こういった所に通った方が良いかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

正社員がきついなら、氷河期はせめて社会保険ありの非正規を探すべき

あなたのように氷河期世代で無職ニートの方は珍しくないと思いますが…。

ずっと無職ニートだった方ですと、やはりいきなり正社員として働くのは難しい可能性もあります。

というか企業側がずっと無職ニートだった人は正社員で雇わない可能性も高いですし。

正社員で働いたことがない人は、責任や仕事のきつさなどでついていけない可能性もあります。

 

その場合はおとなしく諦めてパートや契約社員などの非正規雇用の仕事を探すというのも一つです。

最近は法律が変わって、そういった非正規雇用の人でも社会保険に入りやすくなってきました。

 

2016年に法律が改正され、従業員数501人以上の事業所で、雇用期間一年以上で週20時間以上、月給88000円以上稼いでいる学生以外の方は、社会保険加入義務ができました。

更に2022年10月からは従業員数101人以上で雇用期間二ヶ月以上の短期労働者にも拡大され、2024年10月からは更に従業員数51人以上の事業所にも拡大されていきます。

2025年からは従業員数制限を撤廃して零細企業にも加入させようという話が出ており、今後は働いていれば誰でも加入できるようになっていくでしょう。

社会保険加入のメリット

社会保険に入れば、

  • 国民年金より手厚い厚生年金に入れる
  • 怪我や病気の際の保証も手厚い健康保険に入れる
  • 仕事中の怪我は労災から保険が出る
  • 失業しても雇用保険から失業保険がもらえる
  • しかも掛け金は会社が半分折半で払ってくれる

などのメリットがあります。

これは正社員が受けられる保証と全く同じものです。

 

最近はフリーターなどの非正規雇用でもそういった社会保険に入りやすくなってきたので、保障が拡充されてきているんです。

とりあえず厚生年金に入っておけば、国民年金よりは老後も安心ですし、怪我や病気の際も安心です。

最近は人手不足で非正規雇用の人材など集まらない傾向にありますので、そういった風に待遇を良くしている傾向にあります。

就職氷河期世代で正社員を諦めるのであれば、せめてそういった社会保険がある職場で働くと良いでしょう。

氷河期世代で無職ニートだと、人生諦めてしまいがちだが…

あなたのように就職氷河期世代で無職ニートの方というのも珍しくはないと思うのですが…。

そういった方ほど人生を諦めてしまいがちです。

  • 就職氷河期世代だし、もうだめだ
  • 無職ニートだから仕事なんて見つからない
  • こんな年で一体どうしたらいいんだ
  • 老後は死ぬしかないな

などなど。

そういった風に人生諦めてしまう傾向にあるんです。

 

ですが、本当に自ら死を選ぶのであれば別ですが、そこまで出来る人は少ないですからね。

結局死ぬまで、まだまだ生きていく必要があります。

健康でしたらあと30年40年ぐらいは生きられる可能性がありますからね。

 

まぁ幸い今は仕事はたくさんあるので、氷河期世代の無職ニートでも仕事は見つかる可能性は高いです。

というか今は本当に人手不足に陥っている会社が多いので、ずっとひきこもっていたような人でも最近はフルタイムパートぐらいは見つかっていたりしますからね。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

仕事が多い今ならチャンスなので、今のうちに動いておいた方が良いでしょう。

⇒【ヤバイ】お金が全くない!マジで困った時にお金を稼ぐ16の方法!

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

あなたのように氷河期世代で無職ニートの方というのも、今のご時世珍しくはないのですが…。

そのまま無職ニートの状態で放置しておくのは良くないと思いますし、お金がなくなったらまた働く羽目になりますからね。

でしたら一日でも若い方がいい仕事にはつきやすいです。

 

幸い今は仕事はたくさんありますし、今ならば千載一遇のチャンスですからね。

最近は人手不足の業界であれば、氷河期世代の無職ニートの方でも割と採用されやすい傾向にあります。

業界によっては、50代で若手扱いで未経験で入社できたりもしますし。

そのぐらい最近は少子高齢化で人材が貴重になってきているので、いくら氷河期世代の無職ニートとはいえ今ならばチャンスです。

仕事が多い今のうちに、無職ニートを脱出して人生を上向かせておいた方が良いかもしれません。

人生を諦めたところでまだまだ人生は続いていきますからね…。

そろそろ仕事探したいけど、何からやればいいか分からない!

無職期間が長引いている人ほど、そういった状態に陥っている方が多いのではないでしょうか?

長らく働いていないと、動き出すのが億劫になってしまいますからね…。

 

ただそこで「そろそろ動き出さなきゃなぁ」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。

そうなるとどんどん無職期間が延びていってしまい、更に不利になってしまいます。

「そろそろ仕事探したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方にお勧めのサービスはこちら!

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

無職の仕事探し現状を変える方法
【無職と金】|無職でお金がなくキツい、ヤバい場合の解決策
テキストのコピーはできません。